不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

[お知らせ]更新停滞します

今年もあと残すところ2日となりました。奇しくも区切りの良いタイミングとなりましたが、重要なお知らせをさせていただきます。

当ブログでは最低1ヶ月に1~2度程度の更新を維持するよう努めてきましたが、今後、しばらく更新がまばらになります。

私も45歳となりました。去年父親を亡くし、来年には長女が小学校を卒業します。ある意味、人生の節目とも言うべき時期にさしかかり、一度自分のこれまでと今後を見つめ直して、新しい目標を打ち立てることにしました。

その目標は将棋とは直接関係ないのでここで明かすことは控えます。が、今後はその目標達成への活動が、日々の行動の優先事項となります。その代わりに将棋活動の優先度を大きく下げざるを得なくなりました。今後は、これまでほどには将棋に時間は割けなくなり、その状況は少なくとも年単位で継続するでしょう。

少なくとも、仕事のある平日はせいぜいネットで数局指す程度になるでしょう。まとまった勉強の時間は休日にしか取れなくなるでしょうし、その時間も間違いなく減ります。

将棋自体はやめるつよりはありませんが、優先順は大きく下がるので、本ブログの更新にかけている時間は正直取れないだろうと思います。何か大きな事があったら更新するくらいになるでしょう。

最近はリアルでも「ブログ読んでます」と声をかけていただくこともあって嬉しかったりしましたが、私には新しい目標と並行して将棋の活動にMAXで情熱を傾けられるほど器用さも体力もありません。

そんなわけで、こんな拙いブログを読んでくださっている皆さんには申し訳ありませんが、当ブログは元々低かった更新頻度をさらに大幅に落とします。

数ヶ月、最悪年単位で更新は無いかもしれません。

誠に勝手ではありますが、悪しからずご了承ください。

棋譜並べ家族

気がつくと11月が終わろうとしていることに気づきました。なるべく更新の無い月を作らないようにしていたので危ないところでした。

仕事はそれほど忙しいわけではないのですが、家に帰るとまず棋譜並べ、晩飯後に今度は娘達と棋譜並べ、それが終わると「もう将棋はいいや」な気分になってしまってなかなかブログに着手する気力が残りません。

長女の中飛車については、序盤の基本については概ね身についたのではないかと思います。

しかしこれ以上になると、中飛車門外漢の私にはそろそろ教えるのは難しい。なので、今は長女にも棋譜並べを導入しています。中飛車の勝ち棋譜を探して、二人で並べていくやり方ですね。1日1局、先後それぞれ1回で計2回。

まあ、私でもプロの棋譜なんて理解できやしないわけで、果たして棋譜並べが今の長女のレベルで効果が上がるのか疑問もあったのですが、私ではもう教えられない、かといって自分で棋書を読みこなせない、となるともう棋譜並べしか頼れる物が無いわけです。

長女の反応は棋譜次第といったところで、うまいこと盛り上がることもあれば、淡々と並べて特に感動も無く終わることも。まあ、それも仕方ないかなと。

最近は次女も参加して、私が横で見ながら二人で並べるということも増えてますね。

しばらくは、一日のこの流れを習慣として定着させようというところです。

佐々木治夫杯を振り返る

日曜日に、「第26回佐々木治夫杯将棋大会オールイン北海道」に参戦してきました。

今回は団体戦での参加でした。スイス式4回戦で、個人としては●●●○チームとしては○●○○でした。

今回はその4局の中から、2局ほど軽く振り返ってみます。

まずは、2回戦の将棋から。チームとしては1-4でボロ負けでした。私としてもちょっと悔いの残る将棋でしたね。

2019-10-28a.png

図面は記憶に頼っているので細部が違っているかもしれませんが、だいたいこんな感じだったはず。

見ての通り、四間飛車vs棒銀の急戦です。

「四間飛車を指しこなす本」にも出てきた形で、散々覚えたはずなんですが、いざ本番になると思い出せない鳥頭。

ここから、▲5五歩と突き捨てて、△同角▲5六金△2二角までは指しこな本にもあるとおり、ここで私は▲6五歩とやってしまいましたが、これが間違い。

2019-10-28b.png

ここは▲6七銀を引くのが正着でした。飛車交換ならこちらに分があるし、△7五銀から、▲6五金から飛車先を抑えて優勢になるというのが指しこな本で学んだ定跡のはずなのに、忘れてしまってました…

ホント、この記憶力の貧弱さ、なんとかしたい…

さて、続いて最終局。

2019-10-28c.png

相振り飛車です。先手の私は四間飛車から、6筋と8筋のダブル交換に成功して不満の無い流れ。ここで、私は狙いの一手を敢行します。

2019-10-28d.png

端から仕掛けました。後手は自然に△同歩と取ってきましたが、その瞬間に、角交換から急所の▲5六角を設置。

2019-10-28e.png

これで一本取りました。直接の狙いは、▲8三角成△同金▲同飛成の筋です。それを直接防ぐなら△8二銀くらいでしょうが、それなら▲8四歩△同歩▲9二歩が決まります。玉形差を考えるとまさか▲8四歩に△同飛とは取れないでしょう。

後手は受けは無いとみたか△6四角と飛車にあててから△4六歩と攻め合いに出てきました。ここで狙い筋の▲8三角成の前に、▲9二歩と味付け。

2019-10-28f.png

△同香とつり上げてから▲8三角成△同金▲同飛成と進みました。後手は△8二歩と打ちましたが、そこで▲9二龍と香を取れるのが、▲9二歩の効果です。これをやってないと△8二歩に龍を引くしかなくなりますからね。

こうなると後は負けようのない形勢になりました。

2019-10-28g.png

のりたま将棋クラブの相振りの猛者達と研究したりスパーリングした成果が発揮された一連の手順だったと思います。

これで個人成績4タコを免れただけでなく、チームとしても3-2で、勝利に貢献することができました。

さて、余談を3つほど。

<チーム構成>

今回は札幌将棋センターのチームで出ましたが、チームメイトは、大将:中学生、副将:大学生、三将:高校生、四将:四十代(私)、五将:(多分)アラ還と、実に幅広い年齢層のチームでした(笑)。ちなみに棋力的には私が一番下です。五将のTさんは、個人成績全勝で賞をもらってました。さすがです。

<目の前に居るよ…>

最終戦の前、相手チームの雑談が聞こえてきました。

「まだ小学生だった頃の横山君(アマ名人の横山大樹氏のこと)と指して勝ったことあるだよね。札幌将棋センターでだったと思うけど」
「あそこ、まだ残ってるんだっけ?」
「移転したって聞いたけど…残ってるんじゃないの?」

そこから出場している奴らが目の前にいるんですけどね…ついでに言えば、私はあなたたちのチームのリーダーとそこで対局したこともありますよ。ボコボコにされましたけど(笑)

<どこかで見たような…>

3戦目。私の相手の方、なんかどこかで見覚えがある気がしてました。前にどこかの大会で当たった方だろうか…とか思ってたんですが、感想戦後、相手の方が不意のひと言。

「○○ちゃん(次女の名前)のお父さんですか?」

…ヤマダ電機将棋教室の講師さんでした(笑)。

せっかくなので、教室での二人の様子などを聞いたりしてみました。…次女よ、お前はすこし対局中のおしゃべりをなんとかしような…

[自戦譜]のりたま名人戦C級リーグ vs amanozo

今回の自戦譜はのりたま名人戦C級リーグの2回線、対amanozoさんです。

amanozoさんはレート1019で、C級のレート帯では上位の方に位置する方です。当然のごとく強敵なのですが、前回はごろもさんに敗れているので、連敗は避けたいところ。

将棋は四間飛車の対抗型となりました。

▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △6二銀 ▲6六歩 △4二玉
▲4八玉 △5二金右 ▲3八銀 △3二玉 ▲3九玉 △1四歩
▲1六歩 △8四歩 ▲7八銀 △5四歩 ▲2八玉 △8五歩
▲7七角 △4四角 ▲6七銀 △3三桂

2019-10-27a.png

居飛車はいわゆる「ミレニアム」ですね。私これ苦手なんですよ。対策しようにも意外と情報に乏しくて…。桂頭攻めがポイントになる、くらいの知識しか無い私は、いざという時桂頭を攻めるぞという構えだけは見せておくのですが…。

▲5八金左 △2二銀 ▲4六歩 △4二金寄 ▲5六銀 △2一玉
▲3六歩 △3一金 ▲4七金 △3二金寄 ▲3七桂 △5一銀
▲6五銀

2019-10-27b.png

四間飛車ではほとんど見かけない、6筋の歩越し銀。もちろん、狙いは5四の歩の掠め取り。飛車を回って受けたら、8筋から逆襲しようというもくろみなワケですが、そううまくはいかなかった。

△5二飛 ▲8六歩 △同 歩 ▲8八飛 △8二飛 ▲8六角
△4二銀

2019-10-27c.png

ここに来て私のもくろみは完全に失敗していることを悟ることになりました。

後手からは△6六角の飛び出しがありますが、かといって▲7七角と引いても飛車交換されると玉形の差で不利に陥る。かといってうまい受けも他に見当たらない。本譜は▲5六金と上がりましたが、どうにも苦し紛れの感は否めません。

▲5六金 △5三角 ▲7五歩 △同 角 ▲8七歩

2019-10-27d.png

こんな歩を打たされているようでは…という感じですね。この後は割と一方的にボコられる展開が続くことになります。

感想戦では、第2図の後、△5二飛に対して、8筋を突き捨てる前に▲8八飛ではないかという話になりました。確かにそうですね。今度は8筋に戻られても堂々と▲5四銀と取れますし、5筋に居座るなら今度こそ▲8六歩から逆襲できます。

△8六角 ▲同 歩 △5五歩 ▲同 金 △7九角 ▲8七飛
△6八角成 ▲3五歩 △7八馬 ▲7七飛

2019-10-27e.png

こちらも必死の抵抗ですが、無理がある感は否めません。本譜では、この飛車のぶつけに対して△同馬でしたが、△8九馬が勝るのではないかと感想戦で出てきました。

△同馬ならただの飛車角交換だが、△8九馬なら純粋な桂得。先手の飛車にはすぐに捌ける目処はないので、慌てて取る必要はなかっただろうと。とはいえ、本譜の手順でも、二枚飛車で攻められる未来が確定しているので、片美濃ではとても支えられる気がせず、絶望感を堪えながらの指し手が続きます。

△同 馬 ▲同 桂 △8六飛 ▲3四歩 △8八飛成 ▲3三歩成
△同銀右 ▲4五桂打 △8九飛 ▲3三桂不成△同 金 ▲5八銀
△3六桂 ▲1七玉 △3四金 ▲5六角

2019-10-27f.png

鬼より怖い二枚飛車に攻められ、急所に桂まで打たれて早くも風前の灯火感。その中で放ったこの角打ちは私なりの渾身の勝負手でした。

本命は8九の飛車ではなく3四の金。なので、ここで3五金とか冷静によけられると、もう投了するしか無かっただろうと思います。▲8九角△同龍となると、△4九龍~△3九角みたいな筋もちらつき、後手玉には寄せのとっかかりも無く、どうにも勝ち目が見えません。

△5八龍 ▲3四角 △4九飛成 ▲同 銀 △2八龍 ▲2六玉
△2四金 ▲3五歩 △3四金 ▲同 歩 △2四銀 ▲3六玉
△6九角 ▲5八桂 △3五歩

2019-10-27g.png

こちらも必死の防戦。相手の駒不足に望みを託してなんとか首の皮一枚で堪えるような凌ぎが続きます。

△5八龍 ▲3四角 △4九飛成 ▲同 銀 △2八龍 ▲2六玉
△2四金 ▲3五歩 △3四金 ▲同 歩 △2四銀 ▲3六玉
△6九角 ▲5八桂 △3五歩 ▲4五玉 △3七龍 ▲5四玉

2019-10-27h.png

ここに至るまで、ソフトで調べれば後手にいくつかの緩手があったことがわかるのですが、やってる方はお互い必死です。なんとかしのいでしのいで、ようやく楽園が見えてきました。

△5七龍 ▲5六歩 △7七龍 ▲7一飛 △8六龍 ▲7二飛成
△8四龍 ▲6三玉 △6一歩 ▲5三角 △3四龍 ▲6一龍
△4一桂 ▲6二角成 △3二龍 ▲8一龍 △3六歩 ▲6四桂
△7一桂 ▲同 龍 △6二龍 ▲同 龍 △8七角成 ▲5二桂成
△3五角 ▲5一龍 △6二歩 ▲7二玉 △8六馬 ▲6四桂
△8五馬 ▲4二成桂 △6三馬 ▲8二玉 △8一歩 ▲9一玉
△5三角 ▲3四香 △4二角 ▲3一香成 △同 銀 ▲6一龍
△5一香 ▲4五金 △5三桂打 ▲3四金 △3二銀

2019-10-27i.png

こちらはついに入玉を果たし、攻守が入れ替わることになりましたが、amazonoさんの粘りもさすがに頑強。いつのまにか後手玉の牙城も分厚くなりました。

その後はこちらも狭いところへ追いやられたりしてなかなかスリリングでしたが、危ない駒を渡さないように注意しながら、少しずつ網を絞り、どうにかこうにか後手玉を捕まえることに成功。

▲1五歩 △6五桂 ▲7二歩 △6四角 ▲8一玉 △7四歩
▲8二歩 △5二馬 ▲7一飛 △6一馬 ▲同飛成 △8九飛
▲9二金 △4九飛成 ▲5一龍 △8九龍 ▲4二角 △同 角
▲同 龍 △3一銀 ▲6二龍 △8三銀 ▲8六香 △9二銀
▲同 玉 △5三角 ▲6一龍 △8六龍 ▲6三角 △6二金
▲同 龍 △同 角 ▲3三歩 △7三角 ▲3二歩成 △同 銀
▲9一銀 △8九飛 ▲7一銀 △8三龍 ▲8一玉 △6一歩
▲4二金 △3一香 ▲2三金 △5二歩 ▲2二金打
まで185手で先手の勝ち

2019-10-27j.png

実に185手の長丁場となりました。3局ぶっ続けで指したくらいの疲労感を感じてしまいました。

レート的に上位のamanozoさんから白星を取れたのは大変大きい。まだ昇格のチャンスも残っていますし、残りも気を引き締めて戦っていきたいところですね。

以下、棋譜です。

この投稿の続きを読む

[自戦譜]のりたま名人戦C級リーグ vs HagoromoTensyo

今回の自戦譜はのりたま名人戦C級リーグの2回線、対HagoromoTensyoさん(以下「はごろもさん」と略す)です。

C級は24のレーティング的にはだいたい500~1000くらいの棋力帯ですが、その中にあってはごろもさんのレートは1200超え。当然ながら、昇格候補の一番手なわけで、レート差にして500以上下の私は圧倒的な格下です。

逆にここで一発入れられれば、リーグ戦の展開が非常に優位に立てるのですが、はてさて…

▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △8四歩 ▲6六歩 △6二銀
▲4八玉 △5四歩 ▲3八玉 △5三銀 ▲7八銀 △5二金右
▲2八玉 △8五歩 ▲7七角 △4二玉 ▲3八銀 △3二銀
▲1六歩 △1四歩 ▲5八金左 △3一玉 ▲4六歩 △7四歩
▲3六歩 △9四歩 ▲9六歩 △7三桂

2019-10-14a.png

はごろもさんは先週A_wawawawaさんと指していて、その将棋を見ていました。その感想戦で、はごろもさんは四間飛車に対してはポンポン桂を愛用するという情報がもたらされていました。

ただでさえレート差があるのに、相手の得意戦法にまともに乗っかっては勝ち目は無い、というわけで基本的な方針は「ポンポン桂封じ」。具体的には、▲6七銀をギリギリまで保留するという方針ですね。

ポンポン桂にせよ早仕掛けにせよ、角交換を桂で取らせて飛車先突破を狙うというのが基本方針ですので、角交換をされても銀で取れるよう、銀上がりを極力待つわけですね。

とはいいつつも、元々自分の四間飛車は▲6七銀をあまり急がないので、それほど特別なことをしているというわけではないのですが。

▲4七金 △6四銀 ▲6七銀 △8四飛 ▲5六歩 △7五歩
▲6五歩

2019-10-14b.png

というわけではごろもさんはポンポン桂を諦め、飛車浮きで桂頭を守りつつのナナメ棒銀に方針を切り替えてきました。

△7五歩に▲6五歩と、いつもの反発から華々しい対抗型の戦いの火蓋が切って落とされました。

ただ、冷静に考えてみるとここは▲7八飛だよなぁ、とは後になって思いました。

このとき密かに注目していたのが、後手の飛車と玉の位置関係。なんか技がかかりそうに見えるじゃないですか。なので、少し作戦勝ちになったかな、などと思ってました。実際どうかは知りません。

△同 桂 ▲2二角成 △同 玉 ▲6六銀 △3三角 ▲5五歩
△8六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲5四歩 △8九飛成 ▲6五銀
△7七角成 ▲5八飛 △5五銀 ▲5三歩成

2019-10-14c.png

ここは成り捨ててから桂を打つか、先に桂を打つかで迷っていたのですが、後手から具体的に早い攻め筋が見えているわけでもないので、先に桂打ちの方が勝ったかもしれない。ちょっと急ぎすぎですね。

少なくともこの成り捨てから▲4五桂打という本譜の順は、ソフトの評価的は散々で、下手すりゃ敗着、というレベルだったっぽい。代わりに提示されているのは▲2六桂とか▲7三角で、それでやや後手よりの互角。本譜の手順は、単なる味消しだということなんでしょうね。

将棋YouTuberのアユムさんが、「級位者と有段者の将棋の最大の違いは、『タメ』を作れているかどうかだ」と言ってて、それを聞いて以来、極力タメは意識して指しているつもりなんですが、やっぱりまだ具体的な脅威が見えているわけでもないのに、なんとなく怖くなって攻め急ぐクセがなかなか抜けません。

△同 金 ▲4五桂 △4四金 ▲5三桂成 △6六桂 ▲5七飛
△6八馬 ▲5四成桂 △5六歩 ▲同 銀 △5七馬 ▲同 金
△5六銀 ▲同 金 △5八桂成 ▲同 金 △3九銀 ▲3七玉

2019-10-14d.png

正直この局面は、相手の持駒が飛車と歩だけでは続かんだろうし、変に間違えなければまだまだやれると思ってました。

が、実際ソフトの評価にかけてみると1500以上後手に傾いていて「後手勝勢」の評価。うーむ…大局観が悪いな、やっぱ。

△5四金 ▲1七桂 △3五歩 ▲3四桂 △1二玉 ▲2五桂
△3六歩 ▲2六玉 △3一金

2019-10-14e.png

正直なところ、対局直後は勘違いをしていて、この局面の直前まで、ソフトの評価はこちらが良いと思っていたのですが、今見ると逆に見ていました。

つまり、この局面の直前まではこちらが敗勢だったのですが、この△3一金が、負けていれば敗着とも言うべき悪手だったらしい。

普通に△2四歩と桂を切り取りに行って後手の勝ちだったと。

ただ、私は悪手に悪手を返してこのチャンスをフイにします。

▲1三角

2019-10-14f.png

時間に追われていたというのもありますが、十分に読み切れないまま決行した角打ち。結果的に事実上の敗着となりました。

ここでの正着は、▲4二角とのこと。

2019-10-14g.png

放置すれば▲3一角成でほぼ受けなしなので△同金でしょうが、▲1三銀△同桂▲同桂成△同玉▲3一角成△2四玉▲4二角成△3三銀▲2五金△1三玉▲3三馬で寄り。

2019-10-14h.png

▲4二角が見えなくても、▲1五歩くらいでも先手の勝ち筋だったらしい。

本譜の▲1三角は次に▲3一角成の狙いですが、無難に△同桂と取られ、もう一枚香車でもあれば…という状態だったのですが、無い袖は振れず。寄せは途切れ、後は無難に寄せられゲームセット。

△同 桂 ▲同桂成 △同 玉 ▲2五桂 △1二玉 ▲1三銀
△2一玉 ▲2二角 △4四角 ▲同角成 △同 金 ▲2二角
△3五角 ▲3六玉 △3四金 ▲1一角成 △同 玉 ▲3三香
△4四桂 ▲4七玉 △3六角 ▲5七玉 △5八角成 ▲同 玉
△5九飛
まで104手で後手の勝ち

そこそこうまく指していたつもりだったんですが、実際はそうでもなかったということでちょっと凹む将棋でしたね。

やっぱり中盤の攻め急ぎが状況を決定的に悪くした要因なようですね。

タメがまだまだ意識できてないですよね。

余談ですが、実ははごろもさんはリアルで私と指したことがあるんだそうです。私の方には認識が無いですが、はごろもさんは札幌近郊にお住まいで、私が行き付けている某将棋センターで「娘さんを二人連れている二段」と指したことがあると。あー、そりゃどう考えても私っすね(笑)

このブログも以前から読んでくれているとのことで、のりたま将棋クラブにもこのブログがきっかけで入られたとか。いやはや、これはのりたまさんにボーナスをいただかないといけませんね。とりあえず毛髪5000本くらいで手を打ちますか(笑)

以下、棋譜です。

この投稿の続きを読む

長女と中飛車

棒銀、四間飛車と渡り歩いてもなかなか棋力が伸びない娘達。元々そんなにモチベーションが高いわけでもないので、そんな状況に安寧としていたわけですが、少なくとも長女には勝ちたいという願望はあるようなので、それをなんとか喚起しつつ、twitterやこちらのコメントでも薦められた中飛車を覚えさせることにしました。

 

ただ長女は棋書を読みこなせないようなので、これもお勧めしていただいた上の商品を購入。上記の品は、戸部七段による解説動画が収録されたDVDが付いていて、それが目当てですね。動画部分は全部ファイルに落として娘のタブレットに転送し、いつでも視聴できるようにしておきました。

それだけだと積極的にやろうとしないのは目に見えているので、私が家に居るときは1日2局、練習対局をするようにしました。中飛車を身につけるのが目的なので長女はもちろん戦法固定で。あくまで習得が目的なので、明らかにおかしな手を指した場合は、考えさせて指し直しをさせるスタイルですね。

あとこれは、どこかのブログで見かけた指導方法ですが、対局終了後に、本人にその将棋のポイントの振り返りをさせる。学んだことを定着させるのにいい方法だと思ったので採用させてもらっています。

こうしたことを一ヶ月続けてみましたが、長女自身は中飛車に好感触を感じ始めたようです。将棋センターでの娘の対局を見る機会はあまりありませんが、わりと勝利数も増えているとのこと。

今の所属リーグのレベルだと、ある程度基本的な部分が身につけば、ある程度突き抜けることができるはずと思ってます。そこに至ることができればもう少し将棋が楽しくなるのではとおもっているのですが、どうだか。

え?次女ですか?次女は今は長女ほどにもモチベーションが無さそうなので放置してます。中途半端なモチベーションで長女と同じ事をさせて、その無気力っぷりに長女が巻き込まれても困りますし。

長女がある程度先行することで、次女のやる気を引っ張り上げてくれることに期待している状態ですね。

[自戦譜]のりたま名人戦C級リーグ vs A_wawawawa

第12期の開幕戦です。

前期は結局最終戦を落として降格が決まってしまいましたが、その時の相手がA_wawawawaさん。

なんでお前降格したのにまた同じ相手と同じリーグで開幕局指してるんだよって話ですが、今期は参加者が大きく増えてリーグ構成が変わったあおりですね。

こちらとしてはリベンジの機会が早々に訪れたわけです。だからというわけでもないのですが、今回は普段あまりやらない事前準備をして臨みました。

私は最近相振りでも四間飛車に戦法を固定していますが、それを知っているA_wawawawaさんがTwitterで、私との対局の戦型想定をしていたのですね。なんか戸部式石田流なる対四間飛車陣形みたいな図を載せて、こういう形に持って行きたいと。

過去何度か対局して、A_wawawawaさんは形にはまると強いタイプだという認識がありました。がっちり組み合うような将棋だと、相振り飛車の世界では向こうに一日の長もありますし、相手が準備している形に持ち込まれると、まず勝ちにくそうだと。

漫然と指すのでは無く、その形に持ち込まれるのを避けなければ。

なので、今回は「乱戦に持ち込もう」と対局前から決めていました。

たまたま、数日前に購入したこの本が、役に立ちましたね。

振り飛車党の中で結構話題になっているらしい本ですが、めずらしく相振り四間飛車に対する言及があったという理由だけで購入しました。その中にあった、一番激しい形に今回は持ち込んでみました。

それでは、本譜です。

▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 △3二飛 ▲2二角成 △同 飛
▲6五角 △5四角

2019-09-29a.png

四間飛車から角交換するとここまでは必然で、ここが一つの分岐。先手は▲8三角成か▲5四同角かです。▲8三角成が一番激しくなり、▲5四同角とすると先手だけが馬を作って、それを主張にした比較的穏やかな展開に。

多少迷いましたが、初志貫徹で一番激しい展開を選択。

▲8三角成 △2七角成 ▲5六馬 △5四馬 ▲3四馬 △4二銀

2019-09-29b.png

ここで上記の本の記載から離れました。上記の本では代わって△7六馬に、▲2八飛とふり戻すんですが、そのような展開にはならず。ここからは文字通り手探りです。

▲5六馬 △3三銀 ▲3八金 △7二金 ▲8八銀 △1四歩
▲7七銀 △1五歩

2019-09-29c.png

相振りに親しむようになると、狙いが見え見えの端攻めなんですが、これが意外と対処に困った。本譜は▲2七歩と馬筋を止めたんですが、今度は2筋を攻められて困ることに。

ソフトに訊くと、ここでは▲3六歩△同馬と馬を引き寄せてから▲3七金とはじいたり、▲2八銀と固めるのがいいらしい。なるほどね…ここは覚えるべきポイントか。

▲2七歩 △2四歩 ▲8八飛 △2五歩 ▲2八銀 △1六歩
▲8六歩 △3四歩

2019-09-29d.png

この△3四歩が感想戦でA_wawawawaさんが盛んに悔いていた手。確かにこれで相当助かったと私も思ってました。唯一の持ち歩を手放してくれたので堂々と▲1六歩と取れるようになりました。△2六歩▲同歩の時に△1八歩と打つ歩がありません。

感想戦では△1七歩成強攻だろうね、という話になりました。後でソフトで確認してみると、一例として△1七歩成▲同香△1六歩▲同香△同香▲1七歩△2六歩▲同歩△1八馬▲2七銀△2九馬▲1六歩と進み、やや後手寄りの互角ということらしい。

2019-09-29e.png

本譜の展開はソフトによるとやはり先手にかなり形勢が傾いているようです。

▲1六歩 △2六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲2七歩 △2四飛
▲8五歩 △2二飛 ▲8四歩 △8二歩 ▲9六歩 △4四銀
▲3四馬

2019-09-29f.png

この▲3四歩は感想戦では「欲張りすぎだった」という結論になってました。代わって、▲4六歩だろうと。馬の退路を確保するとともに、銀の動きを牽制しつつ9筋への馬筋を維持するというかなり味よく見える一手で、私もその場では納得してたのですが、ソフトはこの▲3四馬が最善であるとしています。

△3二金 ▲6六歩 △4五銀 ▲3五馬 △3三金 ▲6八玉
△3四金 ▲1七馬

2019-09-29g

こうなることは▲3四馬を決行したときから予想はしてましたが、実際こうなってみると予想以上に馬が使いづらくなってやりづらい。

ただ、ソフトが▲3四馬を最善とした理由は、途中△3三金に▲4六歩と銀にあて、△3四金なら▲4五馬で二枚替えに持ち込める、ということらしいですね。なるほど。

△2五金 ▲7八金 △1六香 ▲同 馬 △同 金 ▲同 香

2019-09-29h.png

▲3四馬と取り込んだときから、もしかするとこうなるかも、と想定していた局面になりました。

ここはお互いの見解が分かれていて、A_wawawawaさんは「馬を消して少し良くなったと思った」、私は「働きの悪い馬を二枚替えで処理できてありがたかった」。その時の一応の結論は、先手の馬はこの状態で放置するのが良いだろうというものでしたが、確かにソフトもそれを裏付ける数字を出してますね。この一連の交換で、評価値は先手に500ほど傾きました。

△4九角

2019-09-29i.png

ちょっとハッとさせられましたが、直前にに金を手に入れてたので▲4八金打で事なきを得ました。

ただ、この筋があるなら玉の位置は6八より5八が良かったかもしれません。

▲4八金打 △7六角成 ▲同 銀 △同 馬 ▲1一香成 △2六歩
▲7七歩 △5四馬 ▲2一成香 △同 飛 ▲2六歩 △5二玉
▲3二角 △2六飛 ▲2七歩 △2四飛 ▲1六桂

2019-09-29j.png

飛車を動かさないことには次の△3一歩くらいで角が逝ってしまうので、筋が悪いなぁとは思いつつも決行した桂打ちですが、▲4六歩で銀を追ってから▲3六桂という手があったようです。

▲4六歩に放置して△3一歩と角を取りに来れば▲2六香と飛車取りに打ち、△2五歩▲同香△同飛▲1四角成と逃れることができる。

ただまあ、この▲1六桂も遊ぶこと無くすぐに活用できたので良かったです。

△3四飛 ▲2三角成 △4四馬 ▲2四桂 △3一香 ▲3二香
△3三馬 ▲3四馬 △同 馬 ▲3一香成 △2四馬 ▲2二飛
△4二角 ▲3二成香

2019-09-29l.png

このあたりから勝勢と意識してました。8筋を詰めておいたのがここに来て大きく効いてます。

△5六桂 ▲5九玉 △4八桂成 ▲同 玉 △3一金 ▲同成香
△5六銀 ▲4六香 △3三馬 ▲1二飛成 △6六馬 ▲6八金打
△5四歩 ▲3二成香 △2二歩 ▲6七歩 △5九銀 ▲同 玉
△5七馬 ▲4二成香 △5三玉 ▲8六角 △6四歩 ▲4三香成
△6三玉 ▲6六桂 △7四歩 ▲2一龍 △4六歩 ▲5一龍
△6二銀 ▲5三成香 △7三玉 ▲6二成香 △同 金 ▲6四角

2019-09-29m.png

これで即詰み。詰将棋的な捨駒がきれいに決まって指した瞬間気分が高揚したのを覚えてます。中盤戦はただの置物になっていた8八の飛車までが最後に詰みに関わってくるという、自分的には過去にも数えるほどしか経験の無い、最高に美しいフィニッシュになった気がします。会心譜と言ってもいいかもしれないです。

△同 玉 ▲5四龍 △7三玉 ▲7四龍
まで129手で先手の勝ち

2019-09-29n.png

振り飛車に転校してからはA_wawawawaさんには練習も含めて勝てていなかったので、ようやく初日が出て一安心と言ったところです。

昔は乱戦にアレルギーがあって、自分から乱戦に持ち込むなんて考えられなかったんですが、居飛車党時代に一時期狂ったように相横歩取りばかり指していた時期があり、それで乱戦に免疫ができたようです。今回はそれが活きましたか。

あと、この記事を書いてて思いましたが、乱戦将棋はきちんと振り返るととくに中終盤で勉強になることが多い。この記事の図面の多さを見れば一目瞭然でしょう。隠れている手筋を見逃すと瞬く間に形勢がひっくり返りますし、終盤はギリギリのたたき合いになることも多いので、速度計算と読みの正確さが求められます。

今後相振り四間は乱戦含みの角交換型を主力にしていこうかな。

以下、棋譜です。

この投稿の続きを読む

長女とじっくり話し合ってみた

8月31日、札幌コンベンションセンターで行われたテーブルマーク子供大会に娘達が参戦しました。

長女は6年生なので、今年が最後の参加となりますが結果は…

二人とも予選の初戦でいきなり敗退で早々と予選落ち決定。まあ、今の実力では順当でしかないのですが、正直長女に対しては、5年も参加していてここまでアッサリ負けるのもどうなのよ、とちょっとモヤモヤするものもあったりしたり。最後の参加だというのに、少しくらい事前準備するでもなく、いつも通りなんとなく参加してなんとなく負ける。それで別に悔しがるでもない。

大会の情報があれば参加したがる程度の意欲はあるのに、その一方で実力を伸ばすためのアクションは一切起こす気配が無い。上達には関心が無くて、友達と一緒にわいわい指したいだけなら別にそれでも全然構わないのですが、それならわざわざ外部の大会に参加する理由は無いはずなんです。

正直彼女たちは何がしたいのだろう、と不思議でしかたがない。

なので一通りイベントが終わった後、喫茶店で休息を取りつつ、ちょっとヒアリングしてみました。次女とはまだちょっと込み入った話は難しいので、主に長女とですが。糾弾したいわけではないので、そう思われないように慎重に言葉を選びつつ…

私「将棋をしていて楽しいことって何?」
長女「勝てると気持ちがいい」

なるほど、勝ちたいという願望は一応あるわけか。

私「その割には、勝てるようになるために何かをしているようには見えないんだけど?」
長女「詰パラアプリと将棋クエストはたまにやってるよ」

確かに長女は詰みを読む力は同程度の級位の平均よりはあるような気がする。序中盤が酷すぎて実戦でそれが活きる機会に乏しいのだけど。

長女「あと、四間飛車が正直よくわからないから最近は棒銀やることが多い
私「四間飛車がよくわからないと言ったけど、四間飛車は本を持っていたよね?」
長女「読めない漢字や意味のわからない単語が多くて、読み込めてない」

確かに、いわゆる子供向けに書かれた本では無いのは確かだけど、6年生ならそんなに難しくない本を選んでやったつもりだったが…まだ甘かったか。

私「ぶっちゃけ、強くなりたいという意志はあるの? ただ友達と楽しく指したいだけというならそれもアリだとは思うけど」
長女「強くなりたいは思ってるよ」

向上意欲は一応あると。

私「実感として、以前より多少でも強くなっているという感触はある?」
長女「今まで勝てなかった級位の相手に勝てるようになってきたりもするし、少しだけど感触はあるよ」

あまりにも亀の歩みな気がしなくもないが、本人なりに進歩はしていると。

私「上達に必要なものがあるとしたら?」
長女「棒銀でもいいから読める戦法書が欲しい」
私「子供が読めるようなもので、そのあたりのレベルの本って正直乏しいんだよな…。ぶっちゃけ、今通っている将棋教室はどう?」
長女「指してるばかりで、あまり先生に教わってるわけじゃないからなぁ…」

確かにあそこは教わるというよりは勉強したことを試す場になっている感はあった。教室と言いつつ、実際は子供同士の対局をひたすらにマッチングしている感じ。子供の数に比して指導者の数が圧倒的に不足気味なので仕方なくはあるのだけど。

私「最近行けてないけど、前に行っていたヤマダ電機将棋教室となら上達にはどっちがいいと思う?」
長女「ヤマダかな。あそこは確実に先生に教えてもらえるから」
私「時間が1時間と短いけど、それでも?」
長女「うん」

というわけで相談の上、今後当面はヤマダ電機将棋教室を優先し、それがない日はいつものセンターへ、という形にすることにしました。

私も上達の壁にぶち当たってしまい、しばらくはリーグ戦を休んだ方がいいかもと思っていたので、ちょうど良いのかもしれない。

私「ひとつだけ言っとくよ。教室を変えても、自分で何かを掴もうという姿勢で受けないと、上達なんてしないよ。教室で教えてもらえるから、それだけで強くなれると思っちゃ駄目」
長女「うん」

さて、この決断、吉と出るか凶と出るか。

いったいあの事件から何を学んだのか

ここ数日、身内の不幸があってあまり将棋界隈の情報には触れてなかったのですが、久々に娑婆?に戻ってみれば、なんか当ブログでも勝手にお世話になっている某将棋YouTuberさんにソフト指し疑惑が持ち上がってた。

私には彼がソフト指しを本当にやったかなど判断することはできませんが(やっていないと信じてますが、証明できない以上、それは私の願望の域を出ない)、事件の経緯を見るに、「将棋クラスタは三浦事件から結局何も学ばなかったんだな」と暗澹たる気持ちにさせられましたね。

三浦事件は、結局のところプロの棋力をもってしても、ソフト指しを判断することは難しいという事実を浮き彫りにしたはずです。一致率を元に三浦九段をソフト指しと判断して告発した棋士もいれば、別に不自然じゃないと証言する棋士もいたわけで。

そうえいば、その時も、「初段以上なら三浦九段の不正は明確に解る」とか意味不明なことを言っていたアマチュアがいましたね。プロでも意見が割れていたというのに。

また、これも三浦事件から明らかなとおり、基本的に疑いをかけられた側には潔白を証明する手段がありません。だからこそ、告発する側には慎重な対応が求められるはずなのですが。

今回の件であれば、問題の対局が将棋ウォーズ上で行われたものであることから、まず将棋ウォーズの運営に通告するのが筋というもの。

しかし、今回の告発者達は何やったかというと、いきなりYouTubeやらtwitterやらで不特定多数に対してばらまいたわけですよ。しかるべき通報先があるのにいきなり不特定多数に名指しでソフト指しよわばりしたわけです。

しかもその証拠とやらが一致率やら不自然さやら相変わらず主観的なものばかりで、これも三浦事件から何も進歩していない。正直、これでよく告発する気になったものだと思います。三浦事件の記憶があれば、そんなの証拠として認める人など少ないことは容易に想像できるでしょうに。

彼らを支持して当該YouTuberさんを糾弾する人たちがいる一方で、当然告発者達もそれなりに叩かれ、少なくともYouTubeで発信した人はアカウントごと逃亡したようです。

私は三浦事件に関しては渡辺明氏など、告発に回った側を処罰するべきではないという立場でした。細かい疑念はあるとしても、少なくとも、彼らは最初に将棋連盟に通告するという筋は通しています。その後、事態が複雑にこじれてしまったのは、将棋連盟の対応が幼稚すぎたためであって、渡辺氏らの責任とは言えない。

しかし今回の件に関しては、そのような筋を通すこと無く、潔白を証明する手段に乏しい案件をいきなりSNSで不特定多数にばらまいたという点で、全く共感できる余地がありません。なので、彼らがSNS上で炎上しようとも、「当然そのくらい覚悟の上で告発したんでしょ?」としか思いません。

正直、告発に関わったtwitterアカウントなどに関しても以前から色々思うところはあるのですが、それをここで並べても、それこそアンフェアな印象操作になってしまうのでやめておきます。

思えば三浦事件は少なくともファンに対して何ら総括されることなく、藤井聡太フィーバーのなか結局ウヤムヤにされてしまった感がありますが、それもまた今回の件に少なからずつながっているんじゃないかと思わずにはいられませんね。

四間飛車党に転向して

四間飛車使いへの転向を決意してから2ヶ月ほどが経過しました。

で、感想としては「転向して良かった」ですかね…。

元々、四間飛車の対急戦における「攻めさせてカウンター」という指し方は私に合っている気がします。そして居飛穴を相手にするときの、穴熊に組ませる前に攻めかかる指し方も、決まれば爽快無比で実に気持ちがイイ。

何より、居飛車に比べて対応すべき戦型の種類が少ないのはやはり何物にも代えがたいメリットですね。

これは単に勉強量が少なくて済むと言うより、勉強したことを試す機会に恵まれやすいという方が大きい。

何しろ、大別すると急戦か持久戦か相振りかの3つくらいしか無いわけで、急戦の勉強を試したいと思えば1/3ほどのの確率で成立する。これは居飛車では得がたいメリットです。

藤井先生の指しこなし本1,2のおかげで、急戦と対居飛穴はそれなりに自信を持って指せるようになりました。

  

目下の課題はやはり相振りですね。最初は世間の流れに沿って、向かい飛車や三間飛車で戦ってましたが、もう相振りも四間飛車一本で行こうかなと最近思い始めています。

もちろん、相振りで四間飛車は指しづらいと言われていることは理由も含めて認識してますし、実際採用してみると、窮屈な将棋になることも多いのですが、明白に不利になるというわけでもないので、相手の研究を外す効果も期待できるし、悪いことばかりでは無いかなと。

なにより、「別に相手が誰だろうとおれは四間飛車しか指さない」とか言ってみたい。あれ?このセリフは右四間飛車だったかな?まあいいや(笑)

あと、一年間続けて結局芳しい成果が得られず、その後年末のゴタゴタに紛れてフェードアウトしていた棋譜並べも再開しました。主に、四間飛車名局集を順番にならべつつ、合間にネットで相振りの棋譜も拾うって感じでやってます。とりあえずは、一日5回くらいを目処に毎日。

なんだかんだで、挫折しない程度にボチボチ頑張ってます。