不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

すこし重点領域を見直す

自分の課題は終盤力にあると認識していますが、ではもうちょっと具体的に、終盤のどのあたりにあるのかという話になると、ちょっとズレていたかもしれないと最近思い始めてます。

最終盤の詰むや詰まざるやのあたりなのか、あるいはそこから少し前の、どうやって囲いを崩して敵玉を追い詰めていくかといった終盤の入り口あたりなのか。

私は最近まで、自分の課題は後者だと思っていたのです。

なのて、手数計算とか中終盤にかけての形勢判断と方針立案、といったあたりにややウェイトを置いて勉強していたのですが…最近、どうも「それ以前の問題」だと気づきました。まだまだ、「詰むや詰まざるや」の領域の研鑽が全然足りていなかった、と感じています。

これまで、「羽生善治の終盤術」の1巻と2巻を主に勉強していました。

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21)
羽生 善治
4861370116

羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21)
羽生 善治
4861370124

これらは、詰むや詰まざるやの少し前の場面からの流れを学ぶ教材としてはうってつけだったのですが….

「これで詰めろになり先手の勝ち」「先手玉はまだ詰めろではない」と書かれていても、その事実が読み取れないのです。「これで詰めろ」という解答図を突きつけられても、それが詰めろだとわからないことが多い。実戦でも、あとでソフトに解析させてみると、どれだけ即詰みや必死を見逃していることか。

私が課題のひとつと認識していた「手数計算」。おわかりの通り、これは「詰めろ」がある程度正確に判別できないと、そもそも意味が無いのですよ。詰めろが判別できないと手数計算を誤る。誤った手数計算による方針は致命的な結果しか生みません。

終盤の入り口の訓練を続けていて、それを痛感しました。私にはまだ先に克服すべき課題があったようです。

詰み、寄りの感度をさらに上げる。

そのために、詰将棋はずっと続けていますが、必死問題や、以下のような本にもっと取り組むべきなのでしょう(どちらも持っていますが、終盤の入り口を重視していたこともあり、積ん読状態です)。

逃れ将棋
森 信雄
4408333069

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
金子 タカシ
4861370396

結局のところ、詰みの感度が上がれば手数計算も自然にできるようになるはずで、それがあって初めて終盤へ向けての方針がまともに立てられるようになるのでしょう。

私の「詰むや詰まざるや」の感覚はまだそこまで達してないということだと思います。

今取り組んでいる本が片付いたら、重点領域をシフトしていこうと思います。

大橋流か伊藤流か

先週の将棋フォーカスの特集は、お便りでの質問コーナーでしたが、その中に駒の並べ順に関する質問がありました。

駒の並べ順と言えば、大橋流と伊藤流という二通りが知られていますが、この記事を読んでいるあなたはどちらでしょう。

私は昔から伊藤流の愛用者です。

  • 大橋流は何のひねりもない左右対称の並べ方で、面白味が全くない
  • プロ・アマ問わず、世の中の将棋指しの大部分が大橋流を使うので、他人と同じことをしたくない
  • 走り駒が相手陣を直射しないようにという気遣いが、礼に始まり礼に終わる将棋の精神と符合している気がする

といったあたりが理由です。特に二番目が大きいかな。

オフラインで対局する相手は、例外なく大橋流か、テキトー流なんですよね。私以外に伊藤流を使う人にお目にかかったことがありません。

ちなみに子どもたちはというと長女はやはり大橋流。次女は長女によると、家では伊藤流だけど教室では大橋流とのことらしい。家で伊藤流なのは間違いなく私の影響でしょうね。

ライバルたちは、今…

長い伸び悩みの末、今月ようやく道場で二段昇段を果たした私ですが、そういえば、一年ちょっと前にこんなことを書いてました

子供教室にはT二段、K初段、A1級という私が勝手にライバル視している3人の子供がいます。

この勝手にライバル認定していた三人の子供たち、今はどうなったか。

T二段(当時)は、あれから驚異的な成長を遂げ、もはや雲の上の人になりました。いまや角落ちでも勝たせてくれません。今は確か四段だったはず。もうライバルだなどとは烏滸がましくてとても言えない。勝って泣かせてしまったあの頃が懐かしい。泣く子は強くなるなんていいますが、彼がその典型かも。

K初段はあの記事を書いた直後くらいから、道場に来なくなりました。小耳にはさんだ話では、別の道場(私が以前通っていたところ)に移ったとかなんとか。大会とかでも見かけたことがないので、その後の消息は不明です。

A1級(当時)は、その後私より少し早く初段となってたと思います(私は当時3級で、2か月後に初段に飛びつき昇段)。その後は私と同じように伸び悩み、長らく初段停滞が続いていましたが、私と同じタイミングで二段に昇段したようです。今もほぼ互角の熱い勝負ができる好敵手です。子供教室の仲間たちに次々と先行されて忸怩たるものもあったでしょうけど、腐らず続けた努力が報われたのだと思います。彼の昇段は個人的にもちょっと嬉しかった。

T四段はもはやライバルと呼ぶには先へ行かれ過ぎましたが、A二段には先へ行かれないよう食らいつきたいですね。

子供教室出身者ではS初段やH初段といった、新しいライバルも出てきました。とくにH初段には最近分が悪いのでなんとかリベンジしたい…。S初段とは、最近なかなか時間が合わなくて指せてませんね….

大人の常連さんは、棋力はもちろん年齢的にも格上の人がほとんどなので、なかなかライバルという感じにはならないのですが、挙げるとすればN二段かなぁ…。

オフラインで指す将棋はこうした好敵手との戦いも楽しみですよね。

まあ、みんな私が一方的にライバル視しているだけですけどネw

重点強化はしているはずなんだが…

最近、将棋ウォーズで「かなり強め」の設定で10分切れ負けを指していて思うことは…

二段や三段相手でも、中盤までは結構いい具合に食い下がれたりするんですよ。終盤の入り口くらいまでは、むしろこちらが良いんじゃないかって形勢で来ることも少なくない。これはソフトに判定させてもそういう結果が出るので、私の形勢判断がおかしいというわけでもないと思う。でも、そこからなかなか勝ちきれないわけですよ。

これは将棋ウォーズばかりではないですね。道場でも、上位者の方と当たると、中盤まではそこそこ良くても終盤で逆転負け、みたいな将棋が多いように感じる。

そうなるとやはり終盤力で劣っていると解釈するしかないわけでして。

おっかしいなぁ…終盤力が課題であることはかなり前から認識はしていて、勉強計画も終盤力強化を軸として組み立てているんですがねぇ…。その終盤よりも中盤力の方が先に伸びてきている…と考えないと辻褄が合わないなぁ。

終盤なんて、序盤は中盤より理詰めで方針を組み立てられるはずで、そういうのはむしろ私の得意分野なんだがなぁ…理屈を立てるところがまだまだ未熟ということか?

次女にも強化策

長女は相変わらず強化計画の一環として、詰将棋の集中訓練を続けているのですが、次女もどうやら触発されたらしく、自分もやると言い出しました。

意欲があるのはいいことですが、次女の場合長女と同じようにはできない事情があります。

次女は幼稚園児。まず、棋譜の符号が理解できませんし、平仮名片仮名くらいは読めても、一般的な詰将棋本の解答・解説を読みこなせるような漢字力はないわけです。そこが長女との最大の違いで、まずはそこをなんとかしないといけない。

毎日ノルマを課して詰将棋を解いてもらうわけですが、いつも私がつきっきりで解かせるわけにも行きません。平日は、帰宅したときにはもう子供たちは寝ている時間ということも少なくないですから、一人で詰将棋本を読みこなすことができないと厳しいわけです。

で、「1手詰ハンドブック」をまずは解かせたいわけですが、これならとりあえず符号さえ読めれば何とかなるだろう…というわけで、まずは符号を理解する特訓から入ることに。

そのために使ったのも、詰将棋。ただし、7~11手詰くらいの少し長めの奴。

もちろん、1手詰めも覚束ない次女に解けるわけはないのですが、目的は解かせることではなく…問題図面を盤に並べ、解答の符号を見ながらその通りに動かしてみること。そんな練習を30題分ほどさせました。

結果、何とか符号は理解できるようになったので、「1手詰ハンドブック」を、まずは1日20問のノルマでやらせてます。

まあ、毎回3問くらいは間違えますね。1手詰なら、まずは9割以上の精度は出せるようになってほしい。それがクリアできたら3手詰への移行を考えることになるかなと。

道場二段になりました

今月から突然二段を言い渡されました。

いわゆる、壁に貼りだしている昇段規定(直近で8連勝、12勝3敗とかそういうの)は満たしてないはずなので「へ?」ってのが第一印象。

まあ、ここではこれらの勝敗規定以外にも、道場内リーグ戦の成績も昇段要件に入っているようなので、どうもそちらで昇段したっぽい。そういえば、先月初めてリーグ戦で勝ち越したし。

3級→初段の飛びつき昇段からちょうどほぼ一年かかったことになりますね。早いか遅いか、年齢や将棋にかけられる時間その他もろもろの要素もあって、意見は分かれそうですが、私としてはちと不満。もう少し早く昇段するのが個人的な暗黙の目標でした。

努力はしているつもりでもなかなか上達が見えなくて、焦りもありましたが、去年暮れに勉強方法を変えた成果がようやく出てきたのかもしれません。将棋ウォーズでもまだ1級ですが、「かなり強め」に設定を変えてから20%台まで落ち込んでいた達成率はジワジワと回復し、77%まで来ています。当初はほとんど勝てる気がしなかった二段、三段相手にも、今は隙あらば一発入れてやれそう、くらいにはなった気がします。

ずっと手応えはあっても、それが客観的な結果として現れない状態に、正直かなりモヤモヤしていました。やはり結果に出てくるとうれしいものですね。

少しずつ狡さを見せ始めた

長女の強化計画、あまり進捗はよろしくありません。

というか、見かけの勉強量に結果が全然ついてきていないなぁ…と不審に思って、最近の長女の挙動を観察してみると、本人は明確には認めてないものの、どうやらインチキをしていたようです…

3手詰めハンドブックの1周目が終わり、2周目は少しは慣れてくるだろうと思って、本人と相談のうえ1日のノルマを30問から50問に増やしました。

とはいえ内心、このノルマは少々厳しいのではないかなと思っていたのです。

でも、長女は別に難なくこなしているように見える。

この分量のノルマがこなせるならば、かなり上達しているはず…そう思って、2周目の「卒業試験」で10問ほどピックアップして解かせてみると、これが1日50問をこなせる「事実」から期待されるほどには解けてない。

で、半分カマかけの意味で、次は1日100問でやってみるか? と言ったら長女はとくに反対もせずそれを受け入れるんですよ。ここらで「マトモに取り組んでないんじゃないか?」疑惑が私の中で持ちあがってました。

で、2日後にまた「卒業試験」をやるとやっぱり解けない。

本人申告を信じるなら、3手詰めハンドブックを1問1分の制限でだいたい30分で100問を解き、うち間違いは7問程度とのこと。このレベルの「実力」があるのに、10問をランダムにピックアップして、同じ条件で解かせたら半分も解けないというのは、明らかにおかしい。

ここで「不審」はほぼ「確信」に変わりました。

そこで、次の周も1日100問のノルマを課しました。で、ある日、どう見ても寝る前にノルマをこなしてないように見えたので、「詰将棋解いたのか?」と尋ねたら、「あ、50問しかやってなかった」と言うのです。

その日の長女の行動を見てましたが、その日、詰将棋に使ったかもしれない時間は、おそらく30分程度もなかったはずなのです。

「だったら寝る前にやっておけ」と、実質、私の監視下でやらせてみたら、残り50問解ききるのに何分かかったと思います?

なんと、90分ですよ!!

1問1分めいっぱい使って、解説読んだとしても90分はかかり過ぎなのですが、そこは集中力不足の長女のことなので驚きはしません。しかし、前半の50問を30分でこなし、間違いも「100問中7問」というレベルの人間が、残りの50問を90分とか、どう考えてもおかしいわけですよ。

当然、「卒業試験」もまるで進歩なし。

多分、前フリの「あ、50問しかやってなかった」も嘘でしょう。全くやってなかったのだと思います。

はい、当然説教モードのスイッチが入りました。

本人は明確にはインチキを認めませんし(問い詰めてもダンマリ)、状況証拠しかないので、かなり遠まわしな言い方にはなりましたが。

別に設定したノルマをこなせないのも、成果が出てこないのも別にいいんですよ。やることやってその結果なら、それはしかたないことだし、それをとやかく言うつもりは無いんです。

しかし、やってもいないことをやったと誤魔化し、しかもその場しのぎの嘘をつくその態度だけは、どうしても見過ごすわけにはいかなかった。

長女はたまにこういうところがあるんですよね…。

今までの3手詰めの履歴はいったんすべてリセットして、仕切り直しとしました。ノルマも再び1日30問に戻してます。

するとやはり30問の中でも5問とか6問とかミスってるんですよ。まあ、これが今の長女の本来の力なのでしょう。それならそれで良いのです。これから伸ばしていくだけです。

悪いのは実力が無いことじゃなく、嘘を並べて誤魔化すこと。それをきちんと理解してくれると良いのですが。

ゴマカシやインチキを覚えるのも、ある意味成長なのでしょうが、それはいずれ露見するし、後々自分に跳ね返ってくるんだよ、ということはちゃんと覚えておいてほしい。

こういう時に切れ負けルールはありがたい

最近胸糞悪くなるような話題しかなかった将棋界。ステチェンスカ女流3級が無事2級に昇級し、外国籍では初の正式な女流棋士となったという久々の明るいニュースに少しだけ癒された今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さて、少し更新の間が空いてしまいましたが、今回は実戦対局をする時間帯を変えたというお話を。

少し前まで、将棋ウォーズなどネット将棋で対局する場合、時間帯はもっぱら寝る前の深夜帯でした。

というのも、割と帰りが遅いことも多い仕事柄なのに加えて、家に帰れば小学生と幼稚園の娘たちがいるので、腰を据えてじっくり対局に集中…なんてわけにはなかなかいかない。ネット将棋を指すのは、夜に子供たちが寝静まった後とかにどうしてもなってしまうのです。

しかし、最近仕事がさらに忙しくなるにつれ、それも少しずつ無理が出てきました。

そもそも、私の仕事は「考えるお仕事」です。どういう仕様でソフトウェアを作るか、その仕様を満たすためにはどういう構造でプログラムを組めばよいのか、バグが判明すれば、原因をどう調べるか、どう直すのか、などと常に頭を回転させながら手を動かすのが、我々のお仕事。なので、仕事が終わって家に帰ると、思考力がかなり摩耗していたりすることもしばしば。

そして何より、忙しくなると帰宅時間も遅くなり、自然と就寝時刻も遅くなる。結果、寝不足が慢性化し、単純に、眠い。
思考力が疲弊し、さらに眠気まで。ある意味将棋を指すには最悪のコンディションです(笑)

なので最近は、会社で昼休みに弁当かっ込んだ後に将棋ウォーズで一局指すというのが日課になりました(笑)

昼休みならばまだまだ思考力も元気ですし、緊急の電話などでも来ない限りは誰にも邪魔されません。

切れ負けルールは正直好きではないですが、こういう時は逆にありがたい。確実に一定時間内にケリがつくので、「昼休み終わるのに決着つかない~(汗)」なんてことがありませんからね。

昼休み中に一人感想戦までやってる余裕はさすがにないので、それは帰宅後です。感想戦程度なら、子供たちが起きている時間帯でもできますからね。

一方で休日は、朝起きて寝床から出る前に一局指す、という感じになってます(笑)。

石田流対策、ひとまず終了

石田流対策として以下の本を勉強していましたが、ようやく読了しました。

石田流破り 左美濃徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
八代 弥
4839950598

盤駒使って復習を繰り返しながらきちんと頭に刻み込むことを意識していたのと、他の棋書複数と並行していたこともあって随分と時間がかかってしまいました。

でも、そのおかげで、ほぼほぼこの本で網羅されている筋は頭に入ったと思ってます。

とはいえ、全部を読みこんだわけではありませんが。

本書では、「対石田流本組」「対▲3九玉型」「対▲7七角型」「飛車先保留型」の大きく4つに分かれています。

前3つは石田流側が選択するもの、最後の1つは居飛車側の選択なわけですが、▲3九玉型をやってくる人なんてお目にかかったことないですし、自分では飛車先保留型をわざわざ選ぶ理由が無いので、覚え込んだのは「対石田流本組」「対▲7七角型」の2つだけです。後の2つは、必要性が出てきてからでいいかなと。

以前は石田流を相手にする場合はとくに展望もなく舟囲いに組むだけだったり、玉が薄いのに目を瞑って、金銀二枚を繰り出す棒金で無理やり抑え込む的な指し方ばかりでしたが、左美濃にがっちり囲って、飛車銀と角の睨みで十分石田流をけん制できるというのは私的には新鮮でした。色々と興味深い手筋も学べましたし、今までなんとなくで指していた対石田流も、これからは自信をもって指せそうです。

次なる課題は中飛車対策です。テキストはこの本。

中飛車破り 一直線穴熊徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
髙見 泰地
B00GQUSMDU

いや、「超速」が中飛車対策の主流であることは知ってますが、みんなやってることやっても楽しくないですしね。私的には超速の陣形もなんか美しく思えなくて好きになれないのです。昔から中飛車対策として超速だけはどうしてもやる気にならないんですよね。

以前は中飛車対策は▲7八金型を愛用してました。これはこれで指していてなかなか楽しいんですけど、先手中飛車に対しては使えないのがネックでした。先後どちらでも使える中飛車対策は無いかと探していたら、この一直線穴熊に行きついたわけです。

すでにさらっと流し読みして、大まかなカタチは把握、既に実戦投入も始めてます。これからは詳細に読み込みながら記憶に定着させ、実戦経験とともに肉付けしていくことになります。

長女強化計画の進捗

数か月かけて長女を集中強化する計画。

まずは、長女の現状を把握するため、1手詰からやり直してみました。

一日50問程度のペースで、1問30秒の時間制限で「1手詰ハンドブック」を一周させてみたところ、やはりこのレベルはほぼ問題ないということが分かったので、そのまま3手詰へ移行。今度は1問60秒の制限で「3手詰ハンドブック」を一日30問ずつ解かせてみました。

こちらもまあ、7割くらいは解けているように見えるのですが、強化策が目標とするところを考えると、やはり半分以上の問題は「考えなくても視える」くらいにはなって欲しい。そのくらいまで磨き上げておいた方が、5手詰に移ってからも楽になるはず。ということで、二周目、今度は1日50問ペースで解かせています。

この本をクリアしたら次は「3手詰ハンドブックII」へと移り、その後は全体的な3手詰への習熟度を確認したうえで、5手詰に進むか、さらに3手詰を強化するかを決める予定です。

今まで教室以外での将棋の勉強はほとんどやってなかったような状態なので、いきなりノルマを課してやらせると、ひょっとしたら早々にリタイアするかなとも思っていましたが、今のところは文句も言わずやっています。進捗的にも今のところは順調と言っていいでしょう。

これで長らく停滞している棋力に、少しは風穴が開けばよいのですが…