不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

一年前と比べるとそれはもう…

先日次女と指した将棋が、次女の成長を感じることができるものでしたので、ご紹介してみます。

手合いは六枚落ちです。

2017-08-10a

いつもはここまで頑強に端を受けることはしないのですが、最近の次女は調子よさそうなので、試す意味でもちょっと強硬に受けてみました。この後、次女はいつもと同じように▲1四歩から突っかけて早くも行き詰まりかけるのですが…

2017-08-10b

いろいろあってこの局面。角道をこじ開けてのこの絶妙の成り捨て。正直ぶったまげました。適当に指す中での偶然などではなく、本人、きちんと狙いをもってここまで進めていたらしい。

2017-08-10c

銀取りを桂で受けたところにタタキの直撃キタ━(・∀・)━!!!!

私もうっかりしていた部分ありますけど、この手にはのけぞりましたよ…

ただ、ここは私も手順を駆使してなんとか銀と桂の脱出に成功。

2017-08-10d

銀頭を叩かれて思わず銀を引いた局面ですが、ここは△同銀成か△同龍だった。指した後にポカに気づきました。上手玉は▲3六金から△同銀▲同馬までの3手詰めですが…次女はこれを見逃しました。

感想戦で詰みを指摘しても自力ではわからず。試しに長女に見せたらひと目でした。このあたりは、長女の一日の長が出たか。

結局この後は次女の大ポカも飛び出して辛勝。129手の熱戦でした。

油断やポカはあったものの、一切緩めること無く指したつもりです。10枚落ちでもまともな将棋になってなかった一年前と比べると、隔世の感と言えるほどの進歩ですね。

なお、昨日は本人達の希望で長女vs次女の練習対局を実施。久々に長女が快勝し、戦績を1勝3敗としました。

頑張れ、娘達。

以下、棋譜です。

この投稿の続きを読む

広告

長女に火がついた?

棋力的に次女が長女をまくりつつあるんじゃないかという話を先日のエントリでしましたが、どうやらそれが第三者の目からも確かであることが示されたようです。

将棋センターに毎週娘たちと通っているわけですが、その前日にやった週一の練習対局では再び次女が快勝。戦績を3連勝としていました。やはり見ていると、次女は長女と比べて盤面全体が見えている感があります。長女陣の隙を捕えて咎めるのが、なかなかうまいのです。長女は常に戦場となっている1点しか見ていない。

で、昨日の将棋センターの帰り、たまたま講師の方とエレベーターで一緒になったので娘達交えて何気なく会話。

(講師)「次女ちゃん、最近強くなったかな?」
(次女)「お姉ちゃんにいっつも勝ってる!」
(私) 「たまに直接対局させてますけど、次女が勝つ方が多くなってますね」
(講師)「あー、やっぱりそうか。そんな気がしてたんだよね」

どうやら講師の目にも、次女が長女よりも一歩先んじた風に見えていたようです。

今月も次女の昇級は見送られてましたが、講師の方にも認識されましたし、もしかすると来月こそは…とひそかに期待してみます。

なお、上の会話は長女の目の前でされてます(笑)。長女はあまり感情を表に出すタイプではないのですが、その時ばかりは何か触れるものがあったようで、「帰ったらやろう!」と息巻いてました。結局その日は色々用があって帰宅が遅くなり、いつの間にか忘れ去られてしまいましたが…

それでも電車の中で詰将棋解いてたりとか、今までにない姿勢が出てきましたので、次女に追い越されたという事実が、多少なりとも長女に火をつけたようです。

お互いライバルとなって切磋琢磨する関係になってくれれば、上達も早くなると思うのですが。

逆転しはじめたかも

最近、週に1回程度、私vs長女、私vs次女、長女vs次女の3局セットを練習として指し、局後に感想戦でじっくり振り返るということをやってます。

私vs娘たちの場合は六枚落ち、長女vs次女の場合は平手で。残った一人はスマホを使って棋譜を取り、局後はそれをテレビに移して三人でガヤガヤ議論するような感じでやってます。スマホ画面をテレビに映してやるという形が今のところウケがいいようで、食いつきは上々です。大盤解説っぽくて、教えることも議論することもしやすいですしね。

で、ここ二週間ほど実施して思ったのは…長女と次女の棋力はそろそろ逆転し始めてるなということですね。長女と次女の直接対決は今のところ次女の2連勝です。

以前平手では全く勝てる気配が無かったことを考えれば格段の進歩です。何より長女はロクに考えずに手拍子で指す悪癖がなかなか抜けませんが、その点、次女は長女より慎重です。そのあたりが結果の差となって表れている気がします。

この傾向が続けは、そう遠からず差がつきそうです。長女にはもう少し慎重に局面を見ることを教えないと…

将棋教室での戦績を聞いていても、次女はそろそろ11級に上がってもよさそうな気がするのですけどね。まあこればかりは先生の判断なので。

次女に連敗食わされて、長女は負け惜しみが口から出てくるようになりました。これに奮起するか、あるいはモチベーションを落としてしまうか、重要な分岐点が訪れているのかもしれません。

親としてはやはり前者であって欲しい。

何かに一生懸命打ち込んで結果を出し、達成感を得るという経験をひとつでいいからしてほしいんですよね。今のところ長女にはそういう経験が乏しい(次女はまだこれからでしょうが)。

それは別に将棋でなくてもいいんですが、そのきっかけのひとつにでもなればいいと思って私は娘たちに将棋を教えています。

子供たちにもナタを入れる

なんか前回のエントリとタイトルの調子合わせたら微妙に物騒なテイストになってしまった気がしなくもない…

なかなか子供たち(とくに長女)が3手詰めを卒業できません。

ハンドブックを1日40問設定(次女は30問)で、1周した時点で、ランダムに10問選んで出題し、8問正解(制限時間1分)できれば卒業としているのですが、長女はかれこれ7周はしているのにまだクリアできずにいます。毎回、かなり惜しいところまで来るようにはなっているのですが。

見てると、一回は出来ているはずの問題が、テストのときは出来ない、ということが結構多い。まあ、これは私でも、2周目になると前に解けたはずの問題が解けないなんてことはままあるのですが。

なので、子供たちの詰将棋練習も少し見直すことにしました。

一日40問&制限時間1分という設定は変えませんが、間違いが0になるまでおなじ範囲を繰り返し解かせることにしました。第1問から第40問まで解かせて、1問でも間違えたら翌日も同じ範囲、って要領ですね。で、間違いが0になってから、次の第41~80問へ進むと。これで、少し覚え込ませるための密度を上げて行こうと。

で、それだけだと毎日同じ問題で退屈でしょうから、記録を取らせることにしました。

こんなシートを用意して、やった日と成否、1分タイマーの残り時間を記録させる。これによって、自分の進歩が見えるようになると、ちょっとはモチベーションも上がるんじゃないかと。

(黒塗りの部分には長女の名前が入ってます(^-^;)

再び大ナタを入れます

スランプ対策として6月は将棋ウォーズをほぼお休みしてましたが、30日からまたボチボチ再開しました。

今のところは1日1局。意図的に対局数を抑えているのもありますが、やることが多すぎてこの程度しかできないという方が大きい。

二段相手に2連勝スタートでまずまずです。今日はやはり二段が相手で負けてしまいましたが、酷いミスやポカが出たわけではなく、純粋な力負けなのでよしとしておきます。

あと、勉強方法に再び大ナタを入れることにしました。昨年末くらいにも一度大ナタを入れましたが、半年以上が経過して、思ったような成果が出ていないので。

前回の大ナタの時はインプットを重視した設計にしましたが、今後はアウトプットとフィードバックを重視し、インプットをやや絞り気味にします。

実戦&(一人)感想戦重視へのシフトですね。と言っても、対局数を増やすというよりは、感想戦の質を上げる方向で。そのために、今は棋譜解析くらいにしか使ってない激指先生に、もう少し活躍の場を増やしてもらおうと思ってます。具体的には、課題局面からの模擬対局に導入予定。

インプットは、手筋に関しては以下の3冊に絞り込み、それ以外の本は思い切って切り捨てることにします(ただし詰将棋は別)。その代わりこの3冊については全問徹底的に暗記するレベルまでやる。

寄せの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
金子 タカシ
4861370272

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
金子 タカシ
4861370396

「次の一手」で覚える将棋基本手筋コレクション432 (将棋連盟文庫)
将棋世界
4839960070

やや最終盤重視に寄せつつ、それ以外の序・中・終盤の手筋については3冊目で最低限を抑えておき、アウトプット&フィードバックで磨き上げて行こうというチョイスですね。

定跡に関しては対策が必要な戦型を必要に応じてやるイメージ。それも、できれば実戦&感想戦の派生として組み込みたいところです。

目標の目安としては、ひとまず今年中の将棋ウォーズ二段昇段としておきましょう。

インプット アウトプット フィードバック

何かを身に着ける過程において、「インプット」「アウトプット」「フィードバック」というキーワードがあります。

勉強はインプット、そして勉強したことを実際に使ってみるのがアウトプット、アウトプットの結果を振り返ってインプットの再確認および矯正をするのがフィードバックです。

私は一時期、コミュニケーション心理学系のセミナーをいろいろ受けていたり、そっち方面の書籍を片っ端から読んでいたりしました。で、講師や著者の人が繰り返し強調するのがアウトプット&フィードバックの重要性。

インプット、つまり勉強しただけでは身に付いたとはいえない。まずは学んだことを使ってみる(アウトプット)。うまくいかなかったら、原因を明らかにしてフィードバックする。これの繰り返しで身についていくのだと。

実践できるかどうかは別にしても、このこと自体に異論を唱える人は、あまりいないと思います。

思ったような成果が上がっていない今の私の将棋勉強はどういう状況なのだろうと自省していた時に、そんなことをふと思い出しました。

どうも、インプットに極端に偏ってやしないか?

インプットとアウトプットを車の両輪として、これを両方転がすことでスキルが上がっていくのだとしたら、インプットだけに偏った勉強法ではいずれ飽和します。

インプットだけを繰り返してもスキルが伸びない時期が来る。きちんとアウトプットとフィードバックを挟んでスキル自体を上げていかないと、いつものレベルのインプットはもう理解しつくして何も得られない。かといって、そのままインプットのレベルを上げようとしてもスキルが足りてなくて理解できない。

今の自分って、もしかしたらそんな状態に近づいているのかもしれないと思いました。

 

将棋におけるアウトプットと言えば、当然実戦です。そしてフィードバックは感想戦であったり一人感想戦ということになります。

一応、ネット対局では一人感想戦を極力やるように心がけてはいましたが、振り返ってみると、それがきちんとフィードバックとして機能していたかどうか。だいたいその場限りで忘れてしまい、次に同じような場面が来ても活かせてないのではないか…そんな気がしました。

なので、このフィードバックの質をガッツリと上げることにしました。

それが、前回のエントリでも触れた、ノートに残すという作業です。対局の棋譜と、自分が考えるポイントの局面、およびソフトに指摘された悪手・疑問手の局面図を貼りつけ、それに自分の気づきや感想を添える。

そして、ある程度期間を空けて、そのノートを見ながら並べ直す。新たに気づいたことはその都度書き足す。その並べ直しは、期間を空けつつ最低5回はやる。これによってフィードバックしたことの定着を図る。

そしてできれば、時間のある時折に触れてノートを見返す。

…正直言って大変です。最初の、ノートに残すところはとくに。

自分でポイントと考える局面、およびソフトが示すポイント局面を拾い、印刷してノートに貼りつけ、気づきや感想を書き足す。今はだいたい1局に付きポイント局面が10面ほどなので、1時間くらいの作業になります。

さらに、プロの棋譜並べや定跡本の勉強にもこの方法を導入しています。

この方法に切り替えたことで、それまでの詰将棋や手筋問題などのインプットに充てる時間はガッツリ削られてますし、ネット対局自体も週に2,3局程度まで削らざるを得なくなってます。にも関わらず、将棋にかける時間全体はむしろ増えているはず。

学問に王道なし

将棋が学問なのかはおいといて、今までどこかスマートにやろうとして十分な成果が出てないのですから、ここから先は少し泥臭い方法に踏み込んでいくことにしてみます…

勉強の基本はノート

長らく更新さぼってました。

スランプでふて腐れてたわけではない…とはいいません(笑)。

ただ、単純に仕事が立て込んでて帰宅が遅くなってきたというのと、スランプ突入を機にまた少し勉強方法を変えたこともあって、そちらにとられる時間が増えてしまい、なかなかブログに時間をかけられなくなったという理由の方が大きいです。

上記の理由により、今月は対局自体もあまりできていません。6月に入ってからは週に2,3局程度でしょうか(オフラインの将棋センターでの対局は除く)。

スランプ復旧モードなので、将棋ウォーズはお休み中で、将棋倶楽部24で15分の秒読み60設定の対局を1日1局、という感じです。少なくとも6月中はこれで行くつもり。だいぶ、調子は戻ってきていると思います。

勉強方法については、去年暮れに大きく変更したものから骨子は変えていませんが、もう少し一つ一つを骨太にやろうということで、若干のマイナーチェンジをしました。簡単に言ってしまえば、ノートを取るようにしたということですね。

パターン記憶を増やすことが棋力向上への道という信念は変わっていませんが、やはりなかなか記憶を増やすのは難しい。去年暮れの勉強法の大ナタ振るいから、大きくパターンは増えたのは間違いないのですが、想定していたほどには増えていないのも事実。

いや、正確には増えていないというよりは、定着していないという方が正しい。特に実戦や棋譜並べ、定跡などですね。

なので、記憶定着を促す手段としてノートを取るという行為を挟むことにしたのです。やっぱ将棋に限らず、勉強の基本はノートですからね。これにより勉強にかかる時間がガバっと増えてしまいましたが、その分、感触は良いです。

ノートを取るにあたり、Evernoteを活用するか、紙のノートを使うかで迷いましたが、今回は紙を選びました。Evernoteは便利ですが、レイアウトに自由が効かないのと、やはり思い立った時にすぐにメモるという機動性で紙に劣ります。あとから復習がてら読み返すときも、紙の方がパラパラとやりやすい。どちらが続けられるかと言えば、今回は紙の方だと結論付けました。

ノートの取り方ひとつにも工夫を入れてますが、これはまだまだ試行錯誤中なので、またいずれ。

そうそう、将棋ウォーズの先月分の集計は、別途余裕が出来てからやります…

スランプか?

久々に重いスランプに突入したっぽい。

将棋ウォーズで全く勝てなくなった。ここ一週間ほどの戦績は間違いなく勝率2割を割ってる。集中力が出ていないのが自覚できるレベルで解るし、その証左としてポカが多すぎる。

昨日はとうとう1級相手に4連敗するに至ってベコベコに凹む。

だいたいスランプに突入するきっかけって明確に自覚ができないことが多いのですが、今回はわりとハッキリしている。

ある日、日課の通り仕事の昼休みにウォーズ指そうとしたら、なぜか全然やる気が出なかったんですよ。それでも日課だからと惰性でやったら、そんなメンタルで結果が出るはずもなく、惨敗。

その後もそんなメンタル状態をズルズル引きずって戦績は下がる一方。勝てたのは接続切れとか相手の大ポカとかそんなのばっかり。初段の達成率はとうとう10%を割り込みました。

なんというか、五月病みたいになって実戦を指す気力が失せてしまった感じ。なぜ失せたのかまでははっきりわからないけど。

今は気力はやや回復したものの、集中力は戻らないし、戦績も全く戻らないまま。ゆうべは全然勝てずにヒートアップして思わず夜更かし…寝ぼけ眼で仕事する羽目になってます(涙)

スランプに突入したときは、持ち時間長めの将棋を指すようにするのが自分のセオリーです。しばらく将棋ウォーズから離れて24か81Dojoで指すかな…

伊藤看寿「煙詰」を並べてみた

ある日長女が唐突に、「詰将棋って何手詰くらいまであるの?」と訊いてきたものですから、「長いものなら千数百手詰とかもあるぞ」と答えたら「嘘ぉ~」と信じられない様子。

(実際、「ミクロコスモス」という1525手詰の作品が世の中にはあります)

なので、長手数ものでは有名な伊藤看寿の『将棋図巧』第九十九番「煙詰」の初期配置図と詰め上がり図を一例として見せてやりました。

初期配置図では盤上に39枚もあった駒が、詰め上がり図ではたった3枚というギャップに何やら興味を示したようなので、実際に次女も含めて3人で並べてみることにしました。

攻め方を次女、玉方を長女に持たせ、私が読み上げた棋譜の通りに動かす。まあ、棋譜に慣れる練習も兼ねてますね。

実際、煙詰を並べてみたのは私も初めてなのですが、並べてみるとこれが意外と面白い。そこかしこに趣向が凝らしてあって、実戦にはまず出てこないような手筋なのですが、「こんなのよく思いつくなぁ」と感心されらることしきりでした。

詰将棋には大別すると2つあって、1つは指し将棋のための練習問題を意図したもの。もう1つは、形や手順の面白さといった、アート的なものを追求したものです。市販されている詰将棋本はほとんどが前者で、看寿の煙詰は後者の代表的作品と言えますね。

私は今まで後者の作品なんて作者の自己満足であり何の意味もないと、正直言って見下してました。が、その認識は改めたほうが良さそうですね。機会があったら、別の長手数ものを並べてみますか…

ひとり感想戦のコツ?

ネット将棋でのひとり感想戦のコツのようなものを掴んだので、備忘録代わりに残しておきます。

…といってもそれほど複雑なことではありません。ポイントは2つだけ。

  • 一日寝かせる
  • 盤駒を使う

これだけです。

やっぱ、とくに敗けてしまった直後は多かれ少なかれヒートアップしているので、振り返ったところでミスのポイントに気付けなかったりとか、早く次の対局に行きたくて早々にきりあげてしまったりとかしがち。

なので、対局直後の感想戦はごくごく簡単に流して、一日程度寝かせてから改めてやるのが良いっぽい。

寝かせておくことで頭もクールダウンされているので、対局直後よりもはるかに冷静に振り返ることができることに気づきました。また、一日寝かせることで無意識の情報整理が働いているためか、ポイントとなる局面も見えやすい。

一日程度ならば、並べているうちに対局の内容をすぐに思い出せますしね。

まあ、一日というのはあくまで目安で、要はヒートアップした頭をクールダウンするための時間を取ろうとってことですね。あまり寝かせすぎても指した将棋を忘れてしまうのでダメでしょうけど。

それと、盤駒。

私の中ではやはり「将棋は本来盤と駒で指すもの」という無意識のビリーフがあるようです。まだネット将棋どころかインターネットすら影も形も無かったような小学生時代に将棋を始めているので、どうしてもそういう意識になってしまうのでしょうね。

なので、同じことなようでも、タブレットやPCの画面でポチポチするよりは盤と駒に並べて動かす方が、ずっとスムーズに頭に入るようです。これは定跡勉強なんかでも同じ。

まあ最近は、「将棋はネットでしかやったことがない」という層もいるので、そういう人たちにとってはまた違うのかもしれません。

そういえば、最近自戦譜ブログ、またサボり気味だなぁ(汗