不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

カテゴリーアーカイブ: 「長女」成長記

長女と中飛車

棒銀、四間飛車と渡り歩いてもなかなか棋力が伸びない娘達。元々そんなにモチベーションが高いわけでもないので、そんな状況に安寧としていたわけですが、少なくとも長女には勝ちたいという願望はあるようなので、それをなんとか喚起しつつ、twitterやこちらのコメントでも薦められた中飛車を覚えさせることにしました。

 

ただ長女は棋書を読みこなせないようなので、これもお勧めしていただいた上の商品を購入。上記の品は、戸部七段による解説動画が収録されたDVDが付いていて、それが目当てですね。動画部分は全部ファイルに落として娘のタブレットに転送し、いつでも視聴できるようにしておきました。

それだけだと積極的にやろうとしないのは目に見えているので、私が家に居るときは1日2局、練習対局をするようにしました。中飛車を身につけるのが目的なので長女はもちろん戦法固定で。あくまで習得が目的なので、明らかにおかしな手を指した場合は、考えさせて指し直しをさせるスタイルですね。

あとこれは、どこかのブログで見かけた指導方法ですが、対局終了後に、本人にその将棋のポイントの振り返りをさせる。学んだことを定着させるのにいい方法だと思ったので採用させてもらっています。

こうしたことを一ヶ月続けてみましたが、長女自身は中飛車に好感触を感じ始めたようです。将棋センターでの娘の対局を見る機会はあまりありませんが、わりと勝利数も増えているとのこと。

今の所属リーグのレベルだと、ある程度基本的な部分が身につけば、ある程度突き抜けることができるはずと思ってます。そこに至ることができればもう少し将棋が楽しくなるのではとおもっているのですが、どうだか。

え?次女ですか?次女は今は長女ほどにもモチベーションが無さそうなので放置してます。中途半端なモチベーションで長女と同じ事をさせて、その無気力っぷりに長女が巻き込まれても困りますし。

長女がある程度先行することで、次女のやる気を引っ張り上げてくれることに期待している状態ですね。

長女とじっくり話し合ってみた

8月31日、札幌コンベンションセンターで行われたテーブルマーク子供大会に娘達が参戦しました。

長女は6年生なので、今年が最後の参加となりますが結果は…

二人とも予選の初戦でいきなり敗退で早々と予選落ち決定。まあ、今の実力では順当でしかないのですが、正直長女に対しては、5年も参加していてここまでアッサリ負けるのもどうなのよ、とちょっとモヤモヤするものもあったりしたり。最後の参加だというのに、少しくらい事前準備するでもなく、いつも通りなんとなく参加してなんとなく負ける。それで別に悔しがるでもない。

大会の情報があれば参加したがる程度の意欲はあるのに、その一方で実力を伸ばすためのアクションは一切起こす気配が無い。上達には関心が無くて、友達と一緒にわいわい指したいだけなら別にそれでも全然構わないのですが、それならわざわざ外部の大会に参加する理由は無いはずなんです。

正直彼女たちは何がしたいのだろう、と不思議でしかたがない。

なので一通りイベントが終わった後、喫茶店で休息を取りつつ、ちょっとヒアリングしてみました。次女とはまだちょっと込み入った話は難しいので、主に長女とですが。糾弾したいわけではないので、そう思われないように慎重に言葉を選びつつ…

私「将棋をしていて楽しいことって何?」
長女「勝てると気持ちがいい」

なるほど、勝ちたいという願望は一応あるわけか。

私「その割には、勝てるようになるために何かをしているようには見えないんだけど?」
長女「詰パラアプリと将棋クエストはたまにやってるよ」

確かに長女は詰みを読む力は同程度の級位の平均よりはあるような気がする。序中盤が酷すぎて実戦でそれが活きる機会に乏しいのだけど。

長女「あと、四間飛車が正直よくわからないから最近は棒銀やることが多い
私「四間飛車がよくわからないと言ったけど、四間飛車は本を持っていたよね?」
長女「読めない漢字や意味のわからない単語が多くて、読み込めてない」

確かに、いわゆる子供向けに書かれた本では無いのは確かだけど、6年生ならそんなに難しくない本を選んでやったつもりだったが…まだ甘かったか。

私「ぶっちゃけ、強くなりたいという意志はあるの? ただ友達と楽しく指したいだけというならそれもアリだとは思うけど」
長女「強くなりたいは思ってるよ」

向上意欲は一応あると。

私「実感として、以前より多少でも強くなっているという感触はある?」
長女「今まで勝てなかった級位の相手に勝てるようになってきたりもするし、少しだけど感触はあるよ」

あまりにも亀の歩みな気がしなくもないが、本人なりに進歩はしていると。

私「上達に必要なものがあるとしたら?」
長女「棒銀でもいいから読める戦法書が欲しい」
私「子供が読めるようなもので、そのあたりのレベルの本って正直乏しいんだよな…。ぶっちゃけ、今通っている将棋教室はどう?」
長女「指してるばかりで、あまり先生に教わってるわけじゃないからなぁ…」

確かにあそこは教わるというよりは勉強したことを試す場になっている感はあった。教室と言いつつ、実際は子供同士の対局をひたすらにマッチングしている感じ。子供の数に比して指導者の数が圧倒的に不足気味なので仕方なくはあるのだけど。

私「最近行けてないけど、前に行っていたヤマダ電機将棋教室となら上達にはどっちがいいと思う?」
長女「ヤマダかな。あそこは確実に先生に教えてもらえるから」
私「時間が1時間と短いけど、それでも?」
長女「うん」

というわけで相談の上、今後当面はヤマダ電機将棋教室を優先し、それがない日はいつものセンターへ、という形にすることにしました。

私も上達の壁にぶち当たってしまい、しばらくはリーグ戦を休んだ方がいいかもと思っていたので、ちょうど良いのかもしれない。

私「ひとつだけ言っとくよ。教室を変えても、自分で何かを掴もうという姿勢で受けないと、上達なんてしないよ。教室で教えてもらえるから、それだけで強くなれると思っちゃ駄目」
長女「うん」

さて、この決断、吉と出るか凶と出るか。

第13回小学生 女子将棋名人戦北海道地区大会に参戦

先日申し込んだ「第1回イオンモール札幌平岡 小学生将棋王将戦」に娘達が参加しました。

(正確には、「第1回イオンモール札幌平岡 小学生将棋王将戦」(道支部連合主催)「第13回小学生・第11回中学生 女子将棋名人戦北海道地区大会」(LPSA主催)の同時開催でした)

女子小学生の部は17人とそこそこの人数でしたが、女子中学生の部は4人と寂しい状況でしたね。

女子小学生の部は予選2回戦を戦い1勝で本戦進出。女子中学生は人数不足のためか、先後2戦の総当たりになってました。

娘達はというと、二人とも予選は突破したものの、ともに本戦は初戦負け。まあ、こんなところですかねぇ…

予選は長女は初戦勝利であっさり通過。次女は初戦敗退で2回戦ですが、その相手は先ほど長女が勝利した相手…。これに勝利して無事予選通過。

で、本戦。長女は1回戦シード。次女は1回戦に勝ち上がると2回戦は姉妹対決…になるはずだったんですが、予選で負かされた相手との再戦となったこともあって、残念ながら敗退。続いて、長女もその子に負かされ、大会は終戦となりました。

さて、ここまで読んで、お気づきになられたでしょうか。今回の大会、二人して「一人の相手から全ての白星を挙げ、一人の相手に全ての黒星を食らわされている」という珍現象が起こっているのです(笑)

ちなみに娘達を負かした子は準優勝してました。最初から手合い違いでしたね。予選の次女の将棋観てましたけど、一方的にボコられてましたし。ざっと見た限りですが、娘達の実力は参加者の中ではちょうど真ん中くらいかなぁ。

本戦敗退後は自由対局を何局か、主に将棋センターの顔見知りと指してました。なんか観てると凄く楽しそうに指してるんだよなぁ。なかなか棋力が伸びない&伸ばす意欲の見えない二人ですが、これはこれでありなのかなぁという気も最近してます。

自由対局の後は、久津女流二段の指導対局へ。二人とも六枚落ちで挑みました。次女は惜敗、長女は勝利でした。久津先生、まさかの12面指しでさすがに緩めている余裕は無かったのか、かなりガチ気味な指し回しに見えましたね(^^;。長女は、最後久津先生すら気づいていなかったという飛車切りからの即詰みを鮮やかに決めて勝利。先生に絶賛されてご満悦でした。私もビックリした。

後で「あの即詰み読み切ってたのか?」と訊くと、そういうわけでもないと。なんとなく感覚で行ったら詰んだと。正直危うい感覚な気がしなくもないですが、そういう嗅覚は評価してもいいかなぁ。一時期詰将棋をかなり頑張っていたのでその成果が出たのかもしれません。実際、娘達と指していると長女の方が明らかに詰み筋の見え方が良いですしね。

なんか一日中楽しそうに将棋指してる二人を見て、ちょっと羨ましい気にもなりましたね。勝った負けた、レート上がった下がったと苦しみながら将棋指してた自分と比べて。

強くなるだけが将棋の目指すところじゃないんだなぁと。

こうして、我が家の10連休は幕を閉じたのでした。

娘達は未知の生き物

連休最後の5月6日に第1回イオンモール札幌平岡 小学生将棋王将戦なる大会が開催されるらしいです。

LPSAが主催に名を連ねているからなのか、女子小学生の部、女子中学生の部という珍しいレギュレーションが設定されています(参加者集まるのか?)。

娘達に教えてみると、出たいというので申し込んではいるのですが…

娘達ときたら大会に備えて少し将棋に力入れようかとか、そういうのが全く無いんですよね。相変わらず週に一度の教室通いだけで、それ以外の将棋活動は何もしてない。親としてはもう娘達の将棋は基本放置すると決めたので別にいいんですけど、こいつらいったい何がしたいんだろうと思うことはありますね…。

大会の情報があれば、出たがるくらいの意欲はある。そのために強くなろうと思えばそれなりに環境は整っている。でも何もしない。大会で負けても別に悔しがるでもない。

私には彼女たちが何を考えているのかサッパリ理解できませぬ…

余談ですが私の方はと言うと、札幌地区の1~3月は結構大会が集中する時期なのですが、仕事が忙しすぎてそもそも出ようなんて気にもなれない状態でしたね。最近はようやく落ち着いてきたので適切なレギュレーションの大会があればエントリしたいとは思っているのですが。

2018年を振り返る

さて、今年もあと三日を残すのみとなりました。

今年は主に悪い方面にいろいろあって、お世辞にもいい年とはいえない一年でした。

年頭にはいきなり人生初のインフルエンザを罹患しました。体質なのか、タミフルがあまり効かず、なかなか熱が下がらずかなりしんどい思いをしました。胆振東部地震もありましたね。二日程度の停電で済んだとは言え、まさか自分が「被災者」になるとは思いませんでしたね。

ただ、それらもほんの序の口。

7月には妻の祖母が他界したと思ったら、9月には私の祖母が他界。私の方は、これが最後の祖父母の見送りとなりました。

そして今年ももう終わろうかという12月となって、今度はまさかの実父の他界。

さすがに実父についてはショックが大きかったです。病死でしたが、何しろ、半年前にはピンピンしていて、こんなことになる予兆は全くなかったのです。あまりにも病状の進行が急すぎて、心の準備をする間もなく逝ってしまいました。正直、今も完全に吹っ切れたとは言えません。

せめて、来年はいい年になってほしいですね。

さて、前置きが長くなりましたが、今年も一年の将棋を振り返ってみますかね。


<私>

はっきり言えば、棋譜並べを中心に据えて結構がんばったにも関わらず、成果は限りなくゼロに近いという有様。

ことここに至って、もうさすがに心が折れました。

ここまでやってもまったく成果なしということは、頑張り方を間違えているのか、才能の限界か、あるいは努力とは別の何かが必要なのかだと思うのですが。

頑張り方に関してはもういろいろやって成果にならなかったあげくに、最後の手段としての棋譜並べ主体にして一年がんばってきたわけですから、もうこれ以上どうすればいいのか考えるのも疲れました。才能の限界だったとしても、努力以外の何かが必要だったとしても、要するにもう努力ではどうにもならない状態に陥っていると思わざるを得ません。

なので、もう棋力向上を無理に追い求めるのはやめにしました。今後はもう少し肩の力を抜いて、将棋を楽しむことを大事にしようかと。

なので最近は今まで指したことのない戦法を使ってみたりとか、実験的な手を試してみたりとか、いろいろやってます。

上達法を追求するという本ブログの趣旨の一つが揺らぐことになりますので、今後このブログをどうしようかというのも少し考えないといけないかもしれません。

<長女>

相変わらず長い足踏みが続いてますが、最近、駒落ちで相手をしていると、なにやら筋のいい手がちょくちょく出てくるようになりました。

年初の頃は六枚落ちでもほとんど負けることがなかったのですが、最近は四枚落ちでもちょくちょく負かされるようになりました。とくに歩の使い方に目を見張るような向上が見られます。こちらの駒の裏から歩を垂らしてみたり、金銀の頭を叩いて隙を作るという小技を使うようになって来ました。

一時期、教室の講師には「次女の方が進んでいる」と言われてましたが、最近次女の方がちょっと後退している感があるのも手伝って、今はおそらく長女の方がだいぶ進んでいると思います。リーグ戦の成績も上向きつつあるような。

本人も手応えを感じているのか、最近は対局をねだられることが増えてきました。

娘たちの向上は、自分の向上よりもかなり早い時点で諦めましたが、長女についてはちょっと楽しみが出てきました。

<次女>

一時期は長女を越えたかと思わせた次女ですが…長女とは逆に、最近ちょっとひどい。とにもかくにも、やることが雑です。

ろくに考えもせず適当な手を指しているとしか思えない将棋が増えており、年初と比較すると棋力はむしろ下がったように思います。

私相手には六枚落ちでもぜんぜん勝てない有様です。

実力的には再びひっくり返って、長女とは結構差が開いたように思います。

思えば、長女にも同じようなことがあったような…一時期、ちょっと筋が良くなったと思ったのに、元の木阿弥以下になってしまったということが。


こんなところでしょうかね。

もう棋力向上のために努力することは諦めましたが、将棋をやめるわけではありませんので、来年以降もおつきあいいただければ。

それでは皆様、良いお年をお過ごしくださいませ。

多面指し2.5時間はキツい…

地震で延期になっていた将棋センターのイベント「プロ棋士による子ども将棋教室」が14日に開催されました。

娘達は参加者として参加、私はスタッフとして(と言ってもお手伝い程度ですが)の参加でした。

講師として来られていたプロは佐々木慎六段。

佐々木六段による30分ほどの座学の後は、イベント終了までの150分間、ひたすら指導対局のお時間。佐々木六段が三面指しでひたすら子供たちを捌いていくのですが、当然順番待ちの子が発生するわけです。私を含む臨時スタッフたちのお仕事は、そんな順番待ちの子供たちの指導対局というわけ。

私は当初三面指しの予定が、スペースの都合で二面指しとなったものの、やはり150分間、二面指しで集中力を維持するのは大変で、結構バカなポカを色々やらかしてしまいました。メインターゲットが初級者レベルの子で、六枚落ちや二枚落ちがほとんどでした。多面指しで意図的に緩められるほど余裕は持てないので、こういうとき駒落ちの存在はありがたいですね。遠慮なくガチで指せるので。

残念ながら佐々木六段の指導対局は、時間的制約で全ての子供たちが受けられたわけではないようです。受けられた子も、順番待ちの子供たちがいる関係で、長考しちゃダメ的な空気もあって、あれはいろいろな意味でかわいそうでしたね。可能ならば、イベント自体を二回か三回に分けるなりして参加者数をもう少し絞ったほうがいい気がしますが、実際は難しいのでしょうね。連盟の方も一人ではなく複数人の派遣を検討してはくれないものだろうか。

娘たちは幸いにして二人とも指導対局を受けられたようで、ともに六枚落ちで勝たせてもらえたもよう。六枚落ちで指した子はかなりいたらしいですが、定跡どおりの端攻めで端を食い破って勝ったのは娘達だけだったと、傍で見ていたこども教室の講師が言ってました。

確かに、私が指していた六枚落ちでも、端攻めしてきた子は皆無だったなぁ…。うちみたいに親も将棋をたしなんでいるという子は意外と少ないっぽいので、定跡とか教わる機会が無いのでしょうね。

9月29日のテーブルマーク子供大会

そういえば、9月29日のテーブルマーク子供大会のレポートをしてませんでした。

テーブルマーク大会は予選3戦を行い、3戦全勝者が決勝トーナメントへ進出というレギュレーション。

今年も姉妹揃って参加しました。高学年の部の長女は、まあ予選突破は不可能だろうと思ってましたが、次女は相手のめぐりあわせによってはチャンスありと思ってました。

結果は、長女1-2、次女2-1で残念ながらともに予選敗退。

ただテーブルマーク大会は、予選敗退後も自由対局という形で、将棋道場で手合いをつけてくれるように予選落ち者同士で対局を組んでくれるのがうれしいんですよね。

二人とも、学校の知り合いと出くわしたりしながら、心行くまで指しつくして満足した様子でした。

私が直前に風邪で体調を崩してしまい、この日はまだ病み上がりだったということもあって、自由対局の時間が終わった時点で会場を後にしました。なので、こども大会の決勝戦も、JT杯の席上対局も見ていません。

佐藤天名人vs丸山九段という、なかなか興味深いカードだったんですけどね…

次女が先へ進んでいるか

最近娘達と家で指すことが増えてるんですが、指している感じだと、次女の方が筋のいい将棋を指してます。

うまく言語化するのが難しいのですが、長女の将棋が極めて直線的なのに対して、次女は曲線的とでも言うのでしょうか。意識的にか無意識的にかわかりませんが「力をためる」「包むように寄せる」みたいな指し方ができているのが次女です。もちろん、まだまだ未熟なのですが…

実際、最近の将棋教室でのリーグ戦成績を見ても、次女は長女より成績が良いことが多くなってきました。

ただ、将棋に対しての熱量があるのはどちらかというと長女の方なんですよね。例の詰将棋トライも細々続けてますし、練習対局しようかと言えば長女はだいたい乗ってくる。長女の方から求めてくることもあります。手持ち無沙汰なときはだいたいタブレットでソフト相手に指してるか、詰将棋を睨んでる。一方で、次女は家ではあまり将棋に関わりたがらない。

うーん、歯がゆい。いろいろな意味で。

ちなみに、私と娘達が指すときの手合いは今は六枚落ちです。以前、長女とは四枚落ちまで進んでいましたが、これは娘達の棋力が落ちたというよりは、私の「上手力」が上がったのだと思ってます。

以前は数の攻めに対して頑強に受け切ろうとしては決壊してましたが、最近は決壊することを前提に、金銀をのらりくらりかわし続けて手数稼ぐ指し方に切り替えると、また勝てるようになりました。

いずれにせよ、早く一桁級にはなって欲しいなと…

継続しやすい詰将棋の取り組み方?

詰将棋に関しては「x手詰ハンドブック」を10分で解ききる練習をしてますが(と言っても、まだ3手詰だけですが…)、最近長女も同じ事を始めました。

本人が「よく終盤で逆転される」という話をしてたので、やっぱそれを改善するなら詰将棋ちゃんとやらんと駄目だろうと。実際、長女の将棋を脇で見てると、簡単な詰みを見逃して逆転負けしているのがあまりに多い。(長女だけでなく、相手についても一緒ですが)

そこで、今自分がやってるタイムトライアル方式のやり方を紹介して、やってみる? と聞いたらやってみると言うので、同じように10分で3手詰本をどこまで解けるか、という練習を始めました。

ただし、長女が使う本はこれです。

羽生の三手詰 (SUN MAGAZINE MOOK)
羽生善治
4896447646

ハンドブックの方が良いのでしょうが、↑は長女が以前自分で選んで買った本ですし、今回も長女の方からこの本を使いたいと言ってきたので、本人の意思に任せました。中身を見る限り、ハンドブックよりも易しめの問題構成なので、今の長女にはかえって良いのかもしれません。

と言っても、長女は私が言わないとやるのを忘れるので、基本的には私の方から声がけすることになります。もう将棋に関して干渉はしないと決めたのですが、このトレーニングは毎日やらないとあまり意味が無い。

押しつけはしたくないですし、そう受け取られるのも嫌なので、色々気を遣います。

  • 「やるぞ」「やれ」ではなく「やるか?」と本人に決めさせる言葉を使う(仮にそこで「やらない」と言っても受け容れる)
  • やる場合は私も同じタイミングで一緒に取り組む

って感じですね。

このやり方のいいところは、成果がわかりやすいってことと、1日10分と明確に時間を切って取り組めることですね。

事実、長女が10分で解ける問題は日を追うごとに増えてます。本人もそれが楽しいのか、最近はちょっとだけ意欲的です。最近は少し停滞期に入り始めてるかなという感じですが、これもいずれ突破するでしょう。10分で1周できるようになったら、今度はどれだけ時間を縮められるかという方向へシフトすればいい。

また、所要時間も最大10分なので、これなら長女でも無理なくこなせます。

ところで次女はと言うと…。

だいたい、長女が何かを始めると、自分もやるー、と主張し始めるのですが、今回に関しては次女はまったく興味無さそうです。なので、放っておいてます(笑)。

考えるということ

長女は11級で停滞して既に2年半が経過してます。次女はまだ1年たってませんが、最近の成績や指し回しを見るに、長女の二の舞を演じそうな気配がプンプンします。

二人の傾向には共通点があって、一時期とても光る指し回しを見せる時期があったのに、あるときそれがすっかりと影を潜めて元の木阿弥になってしまったということ。次女も11級上がった直後くらいはもっといい将棋を指していたように思います。

リーグ戦は二人とも1ヶ月で白星がせいぜい2つか3つで、あとは十数個の黒星が並ぶとかそんな状態。

ただ、一時期この白星が6~7個くらいに増える時期もあったんですよね。なのに今は元通り。

その時との違いは何かと考えてみたら、思い当たることが一つありました。

二人とも、考えないんですよ。ほとんどの手をノータイムの手拍子で指してる。それは一時成績が上向いた以前もそうで、見かねた私が、「せめて1手6秒は考えて指せ」と強く言い聞かせてた。成績が上向いていたのはちょうどその時期に重なります。

その後、もう棋力向上へ指導することは放棄すると決めて放っておいたら、しばらく経ってまた元の超早指しに戻ってる。成績の下降もちょうど同じ時期に重なってます。

 

基本、今の娘達の時期は、実戦を繰り返すだけで強くなれるといわれている時期のはずです。それなのにいくら指してもサッパリ昇級が見えないのは、考えて指さないから、指した将棋のことを全く覚えてないせいじゃないのか。なので負けた将棋の敗着は何なのか、勝った将棋のどこが良かったのか、次にフィードバックする情報が全く残ってない。

金沢将棋をやっていて、負けると「意地悪~」なんてぼやいてますが、それもそんなメンタルの表れな気がします。考えてないものだから、自分が負けた原因を作っている(悪手を指している)という自覚が持てない。だから、相手が意地悪なんだという発想になる。

というわけで、先週、センターへ行く前に昼食を摂りながら、改めて言い含めました。考えることで、次の将棋への反省が生まれて強くなれるんだと。持ち時間10分のリーグ戦なら、持ち時間を使い切るくらいでないと駄目だと。

すると、なんと長女はその日だけで4連勝を含む6勝をマーク。6月からの2年半ぶりの10級昇級を決めてしまいました。本人にはまだ伝えてません。今日、現場で驚いてもらいましょう。

次女も昇級ラインにこそ達しなかったものの、いつもより成績はよかったもよう。

これで二人とも、考えることが大切だということをきちんと認識してくれればいいんですがね。それさえ徹底できれば、まだ実戦を指すだけでも上がれるはずだと思ってます。