不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

カテゴリーアーカイブ: 「私」成長記

久しぶりの更新&今後のこと

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。ほぼ1.5ヶ月ですか。ここまで間隔を開けたことは当ブログが始まって以来のことですね。

年末あたりから仕事がシャレにならないレベルで忙しかったりという理由もありますが、やはりモチベーションの低下も否定できない事実です。

なかなか思うように上がらない棋力に悩み、一昨年より1局30回を基準に棋譜並べを繰り返すという勉強法に賭けて一年間頑張ってみたものの、ほぼ成果ゼロ。この時点で自分の中で将棋熱が一度燃え尽きてしまいました。

このブログの趣旨のひとつは、自分を人柱にして上達法を追求するというものだったわけですが、その目標がもう見えなくなってしまった。

その後、少し将棋への入れ込みを控え(仕事のせいで物理的にそうせざるを得なかったとも言う)、低空飛行で細々とやってましたが、最近はようやくモチベーションが復活してきました。

ただ、もう以前のようにがむしゃらに棋力を伸ばそうというところまでは戻ってません。躍起になったところで成果なんて出ず、疲れるだけなのだと悟ってしまった。

なので、もうこれからはゆるーく取り組んでいくことにします。

棋力を伸ばすという至上命題はもう下ろす。やりたいことだけをやる。もう純粋に趣味として楽しむ以上のことはしない。それで伸びれば儲けものだが、伸びなくても知らない。一応の目標として「将棋クエスト三段」を挙げておくけど、そのためにしたくもない勉強を無理してまでしない。

…と決めてから、ようやく将棋熱が戻ってきました。

このブログの趣旨が揺らぐということもあって、更新停止・閉鎖も考えましたが、このスタンスでもうしばらく続けてみることにしました。

その結果、どうしてもしっくりこないということになれば、やはり閉鎖するかもしれませんが、もうしばらくお付き合いいただければ幸いです。

広告

2018年を振り返る

さて、今年もあと三日を残すのみとなりました。

今年は主に悪い方面にいろいろあって、お世辞にもいい年とはいえない一年でした。

年頭にはいきなり人生初のインフルエンザを罹患しました。体質なのか、タミフルがあまり効かず、なかなか熱が下がらずかなりしんどい思いをしました。胆振東部地震もありましたね。二日程度の停電で済んだとは言え、まさか自分が「被災者」になるとは思いませんでしたね。

ただ、それらもほんの序の口。

7月には妻の祖母が他界したと思ったら、9月には私の祖母が他界。私の方は、これが最後の祖父母の見送りとなりました。

そして今年ももう終わろうかという12月となって、今度はまさかの実父の他界。

さすがに実父についてはショックが大きかったです。病死でしたが、何しろ、半年前にはピンピンしていて、こんなことになる予兆は全くなかったのです。あまりにも病状の進行が急すぎて、心の準備をする間もなく逝ってしまいました。正直、今も完全に吹っ切れたとは言えません。

せめて、来年はいい年になってほしいですね。

さて、前置きが長くなりましたが、今年も一年の将棋を振り返ってみますかね。


<私>

はっきり言えば、棋譜並べを中心に据えて結構がんばったにも関わらず、成果は限りなくゼロに近いという有様。

ことここに至って、もうさすがに心が折れました。

ここまでやってもまったく成果なしということは、頑張り方を間違えているのか、才能の限界か、あるいは努力とは別の何かが必要なのかだと思うのですが。

頑張り方に関してはもういろいろやって成果にならなかったあげくに、最後の手段としての棋譜並べ主体にして一年がんばってきたわけですから、もうこれ以上どうすればいいのか考えるのも疲れました。才能の限界だったとしても、努力以外の何かが必要だったとしても、要するにもう努力ではどうにもならない状態に陥っていると思わざるを得ません。

なので、もう棋力向上を無理に追い求めるのはやめにしました。今後はもう少し肩の力を抜いて、将棋を楽しむことを大事にしようかと。

なので最近は今まで指したことのない戦法を使ってみたりとか、実験的な手を試してみたりとか、いろいろやってます。

上達法を追求するという本ブログの趣旨の一つが揺らぐことになりますので、今後このブログをどうしようかというのも少し考えないといけないかもしれません。

<長女>

相変わらず長い足踏みが続いてますが、最近、駒落ちで相手をしていると、なにやら筋のいい手がちょくちょく出てくるようになりました。

年初の頃は六枚落ちでもほとんど負けることがなかったのですが、最近は四枚落ちでもちょくちょく負かされるようになりました。とくに歩の使い方に目を見張るような向上が見られます。こちらの駒の裏から歩を垂らしてみたり、金銀の頭を叩いて隙を作るという小技を使うようになって来ました。

一時期、教室の講師には「次女の方が進んでいる」と言われてましたが、最近次女の方がちょっと後退している感があるのも手伝って、今はおそらく長女の方がだいぶ進んでいると思います。リーグ戦の成績も上向きつつあるような。

本人も手応えを感じているのか、最近は対局をねだられることが増えてきました。

娘たちの向上は、自分の向上よりもかなり早い時点で諦めましたが、長女についてはちょっと楽しみが出てきました。

<次女>

一時期は長女を越えたかと思わせた次女ですが…長女とは逆に、最近ちょっとひどい。とにもかくにも、やることが雑です。

ろくに考えもせず適当な手を指しているとしか思えない将棋が増えており、年初と比較すると棋力はむしろ下がったように思います。

私相手には六枚落ちでもぜんぜん勝てない有様です。

実力的には再びひっくり返って、長女とは結構差が開いたように思います。

思えば、長女にも同じようなことがあったような…一時期、ちょっと筋が良くなったと思ったのに、元の木阿弥以下になってしまったということが。


こんなところでしょうかね。

もう棋力向上のために努力することは諦めましたが、将棋をやめるわけではありませんので、来年以降もおつきあいいただければ。

それでは皆様、良いお年をお過ごしくださいませ。

最近の修練状況

ぶっちゃけ、最近の修練は詰将棋と棋譜並べしかしてないです。

詰将棋は一度基本に立ち返り、3手詰ハンドブックから始めてます。ただし、スピードをグンと上げて、10分程度で200問を1周するというやりかたです。今のところ「3手詰ハンドブック」は8分前後、「3手詰ハンドブックII」は14分前後といったところです。

基本的な詰み形は一目で見えるようにしておくための練習ですね。3手詰ハンドブックが両方とも7分を割るくらいになったら、5手詰ハンドブックへと移る予定です。

3手詰ハンドブック
浦野 真彦
4861370329

3手詰ハンドブック〈2〉
浦野 真彦
486137040X

あとはたまーに詰パラアプリのレベル10くらいの問題を暇つぶしに解くくらいですかね。

棋譜並べは、「ピリ将」流の30回並べを実戦するようにしてから半年以上過ぎました。その間に、将棋倶楽部24も将棋クエストも最高レートを更新しているので、おそらく成果は出ているのだと思います。とくに将棋クエストは、この30回並べを実践する前は1500台安定だったのが、今は1600台後半で安定です。1700台の人にも少しずつ勝てるようになってきました。

自分自身でも、なんとなく将棋の質が変わってきたなと感じてます。

並べる棋譜はここ数ヶ月、天野宗歩を集中して並べてましたが、最近はそれだけでは飽きも来るようになったので、今は天野宗歩50%、YouTuberのアユムさん25%、山崎隆之八段25%って感じです。

とくにアユムさんの棋譜を並べるのはもうかなり即効性がありますね。相手もアマチュアですから、自分はよく遭遇する&よく使うけど、プロの棋譜にはまず出てこないような戦型も出てくる。端角中飛車とかね。これを並べるのがまたいい勉強になるんですよ。

この棋譜を30回通ししてから、また対振り急戦を指すようになりましたが、感触は良好です。オフラインで、私に急戦を一度は諦めさせた相手を、急戦で打ち負かすこともできましたし。

プロの将棋には絶対に出てこないような、アマチュア将棋独特の傾向に対処するためにも、ネット将棋の強豪IDを追っかけて並べてみるというのは、かなり有力な訓練法ではないかと思います。

とはいえ、プロの感覚も疎かにしてはいけないだろうということで、最近はプロの棋譜も4分の1ほど織り交ぜてます。個人的に山崎八段が好きなので、山崎八段の勝局譜を選んで並べてますね。

現状の感触はとても良い感じなので、当初の予定通り、11月まで1年間、棋譜並べ30回通しは継続するつもりです。今の時点でもそれなりの成果は出ている感じではありますが、1年経過してどうなっているか。

自分でも楽しみです。

世代ごとの棋風の傾向

最近、いきつけにしている将棋センターでは、成績こそなかなか上向かないものの、それなりに手応えは感じています。

というのも、以前は全然勝てなかった年配の方々から徐々に勝ち星が取れるようになってきたからですね。

…にも関わらず成績がなかなか上向かないのは、若い連中がそれを上回るスピードで成長して私を追い抜いていくからなんですけどね orz

最近、こうして幅広い年齢層に相手をしてもらっててふと感じたことがあります。やっぱ、世代によって将棋の傾向っていうのはあるな、と。

大雑把に言ってしまうと、年配の方々は力将棋になると強い。いわゆる「腕力」があるといえばいいんですかね。とくに終盤には強く、粘りも巧い印象。私が年配の方々に負かされるときは、だいたい逆転負けです。中盤くらいまではむしろこちらが良くなっていることが多い。が、終盤の腕力でねじ伏せられてしまう。有利だと思っていても、勝ち切るのがなかなか難しい。

若い世代はこれとは逆で、序盤戦術をよく勉強している印象。定跡の知識も、我々の棋力には不相応ではってくらいに詳しかったりする。反面、定跡を外れた力戦形になると脆い部分もあるし、ひとたびこちらが優勢を取ると、そこからひっくり返されて負けるというパターンは、年配の方々に比べると少ない印象。負けるときは、序盤にポイントを挙げられてそのままジワジワと差を広げられるような将棋が多い。

序盤研究偏重気味の最近のプロ棋界の様相が、そのまま今時の世代にも現れているようで、なかなか興味深い傾向ではあります。

私の理想はどちらかというと年配の方々の将棋かなぁ。多少悪くなっても中終盤の力でひっくり返してしまうような将棋が理想。負け惜しみに聞こえるかもしれないけど、序盤戦術のこねくり回しは正直あまり好きじゃないんです。戦いの中でねじり合うような将棋が好み。それでも序盤巧者相手に一方的に負けたりしないよう、最低限の勉強はしますけどね…

なので、私がプロ棋士で一番好きなのは山崎隆之八段だったりします。

支部名人戦(団体戦)に参戦

2月25日、支部名人戦に団体戦で参加してきました。

結果、チームは2勝2敗、個人は1勝3敗。うーん、実にモヤモヤする結果です(笑)

2戦目以外はミスらしいミスもなかったので'(*1)、今回は単純に実力で及ばず、というところでしょうね。とくに最後は結構ギリギリの勝負だったんですが、勝負所を誤って際どく負かされてしまった。相手は苫小牧の小学生でしたが、感想戦に丁寧に付き合ってくれました。きっとこの子はすぐに私など置いていくでしょうね。

なお、私の中ではミスについて明確な定義があり、後から自分ですぐ気づけるような悪手をミスと呼んでいます。自力ではわからないような悪手は、ミスではなく実力不足という位置づけです。

それにしても会場の北海道将棋会館、もう出向くのは五度目くらいのはずですが未だに迷わずに着けません。地下鉄の最寄り駅からも結構離れている上、裏路地みたいなところにあるのでなかなか見つけにくい…次もきっと迷うのでしょう(笑)。

で、その「次」は、どうやら3月11日、新井田基信杯全道将棋大会ということになりそうです。級位者クラスもあり、娘達も出るというので、3人での参戦となりそうです(今日は私1人の参戦)。級位者クラスは優勝と準優勝に初段免状という大盤振る舞いらしいので(私も出たい(笑))、級位者クラスといえどきっと隠れ有段者レベルも来るでしょう。予選2回戦で1勝で本戦進出というレギュレーションですが、まあ予選通過できれば御の字ですね。

さすがに私は段位者のBクラスにしておきます…

P.S.
行きつけの将棋センターの一部の常連さんに、ここのブログがバレているようです(笑)
まあとくに所在地を隠してない上に、登場人物構成が将棋ブログとしてはかなり特異なので、知人が見たら一発でバレるだろうなとは思ってましたが。

1月の修練まとめ

昨年11月に棋譜並べを修練のメインに据えて以降、遅ればせながらノートを付けるようになりました。

日々、どんな修練をしたか、対局の結果は、そんな情報を書き留めています。で、1月分から月ごとの集計を出すようにしたので、まずは1月分の結果を、振り返りがてら公開します。

  • 必死問題:400問
  • 次の一手問題:729問
  • 棋譜並べ:4局のべ191回
  • 詰将棋:134手
  • 実戦:60勝90敗

詰将棋の単位が「問」ではなく「手」ですが、これは3手詰めなら3、11手詰めなら11を足していくという数え方をしています。そういう意味では1月は詰将棋に関してはやや控えめだったと言えます。

今後は終盤手筋にやや重きを置くので、詰将棋に関してはしばらくは0にならない程度の低空飛行になるでしょう。

実戦は将棋ウォーズ10切れ、将棋クエスト10切れ、および将棋センターなどオフラインでの対局を集計対象としています。

大きく負け越してますが、これは主戦場である将棋ウォーズの対戦相手設定を「かなり強め」にしていることによるもので、このくらいは想定内です。むしろそれまでの戦績から考えると、1月はかなり健闘したとすら言えます。

それまでは1回勝っては大型連敗してまた勝って、という繰り返しでして、連勝でもしようものなら奇跡でした。それが1月後半になってから突然調子が良くなり、2連勝、3連勝も続出。戦績もかなり5割に近づいていたと思います。

おかげで1月開始時点で15%程度だった達成率は、現在70%台です。

ま、すぐに元に戻るでしょうけど…

2月も棋譜並べ中心という方針は変えませんが、次の一手系は終盤手筋に重点を置いた計画にしようと思ってます。とにかく、今の自分は終盤力の強化が急務みたいなので…

2017年をふりかえる

12月に入って更新をちょっとさぼっていたら、家族全員インフルエンザにやられたり、仕事が突然修羅場と化したりで全然時間が取れなくなり、結局こんなに久々の更新になってしまいました。

思えば今月は将棋センターも1回しか行ってないですし、将棋修練のノルマも若干サボり気味…。まあ、状況が状況なのでしょうがないのですが。

さて、時期も時期ですし、毎年恒例の一年の振り返りをしてみようかと思います。

将棋ウォーズで初段、将棋クエストで1級になったということで、客観的には上達はあったのかもしれませんが、正直、強くなったという実感はほとんど無かったりします。

できれば年内にはウォーズ二段くらいまで行きたかったのですが、それも叶わず。

将棋の修練は問題集系の棋書を頭に叩き込むことが中心でしたが、結構長いこと続けてもまったく成果が上がる様子がないので、叩き込む棋書は必要最低限に絞ったうえで、今まで軽視していた棋譜並べ中心の修練にシフトしたのが11月。

これが吉と出るか、凶と出るかはひとまず一年を待って判断しようと思います。

正直、将棋センターでも級位者だった子供たちに追い抜かれていくことが多くなりました。伸びる子はほんと、一気に伸びていくので羨ましい。

ああいう急速な伸びが自分にも欲しいですよね。努力の量は負けてないと思うんだけど、やっぱ努力の方向を間違えているんだろうなぁ…

努力に結果がついてこない現状に、若干クサりかけているのも正直なところですね。

長女

相変わらず長いトンネルの中にいる感じです。

センターではいまだに11級安定。修練は、前半期はずっと詰将棋を中心にさせてました。早々に5手詰めがまともに解けるレベルになってもらって、その後は次の一手で中盤感覚を磨いていこうという目論見だったのですが、これがさっぱり思惑通りに伸びてこない。

半年続けても3手詰めがやっとという感じで、当初の育成計画は破棄せざるを得なくなりました。

そして相変わらず、中盤感覚のひどさは目を覆うばかり。

今の方針のまま続けてもどうにもならなそうだったので、結局私自身と同じタイミングで育成方針に大ナタをふるい、棋譜並べ中心へとシフトさせました。

「級位者に棋譜並べなど無意味」を持論としていた私にとっては大きな宗旨替えでしたが、今までの育成方針が全く機能しなかった以上、今まで自分が否定してきた領域にも踏み込まざるを得なくなったという感じです。

もしかしたら、私には合わなかったものが実は長女にはベストチョイスだったなんてことが、無いともいえませんしね。

玉を囲う大切さをわからせるため、主戦法も棒銀から四間飛車へジョブチェンジさせ、並べさせる棋譜も、四間飛車の名手である大山名人のものを中心にチョイスしています。

来年こそは、11級の壁を突破してほしいのですが…

次女

伸び悩みにあえぐ私や長女を尻目に、次女は今年一年で大きく伸びました。

とりあえず棋力は完全に長女に肩を並べるところまで来ました。それどころか、一歩進んでいるかもしれない。

次女は夏ごろから急速に伸び始め、年明け頃には8枚落ちでも怪しいレベルで、ほとんど将棋になってなかったのに、いまや私相手に6枚落ちで勝てるところまで来ました。

将棋センターでの級位は9月付けで11級に。ここで停滞して長女の二の轍を踏まないようにしてほしいところですが、さてどうなることか。

今は長女同様、主戦法を四間飛車に切り替えさせ、修練も棋譜並べ中心にしています。

 

スランプか?

久々に重いスランプに突入したっぽい。

将棋ウォーズで全く勝てなくなった。ここ一週間ほどの戦績は間違いなく勝率2割を割ってる。集中力が出ていないのが自覚できるレベルで解るし、その証左としてポカが多すぎる。

昨日はとうとう1級相手に4連敗するに至ってベコベコに凹む。

だいたいスランプに突入するきっかけって明確に自覚ができないことが多いのですが、今回はわりとハッキリしている。

ある日、日課の通り仕事の昼休みにウォーズ指そうとしたら、なぜか全然やる気が出なかったんですよ。それでも日課だからと惰性でやったら、そんなメンタルで結果が出るはずもなく、惨敗。

その後もそんなメンタル状態をズルズル引きずって戦績は下がる一方。勝てたのは接続切れとか相手の大ポカとかそんなのばっかり。初段の達成率はとうとう10%を割り込みました。

なんというか、五月病みたいになって実戦を指す気力が失せてしまった感じ。なぜ失せたのかまでははっきりわからないけど。

今は気力はやや回復したものの、集中力は戻らないし、戦績も全く戻らないまま。ゆうべは全然勝てずにヒートアップして思わず夜更かし…寝ぼけ眼で仕事する羽目になってます(涙)

スランプに突入したときは、持ち時間長めの将棋を指すようにするのが自分のセオリーです。しばらく将棋ウォーズから離れて24か81Dojoで指すかな…

将棋ウォーズ4月の成績集計

4月の将棋ウォーズの成績集計。

括弧内の数字は比較用に載せた3月の勝率です。

全体成績 : 17勝42敗 勝率28%(32%)

対2級       1-0  100%(50%)
対1級       2-1  66% (69%)
対初段      9-10 47% (37%)
対二段      6-11 35% (26%)
対三段      1-12  7% ( 9%)
対四段      0-4   0% ( 0%)
対五段以上  0-2   0% ( 0%)

全体勝率が散々な数字ですが、途中で初段に昇段し、1級以下との対戦が極端に少なかったせいでしょうね。

今月は感覚的に初段相手にもサッパリ勝ててない印象があったのですで、ほぼ五分の成績だったのは意外。対二段の成績も先月より向上してますね。

もっとも、対局数自体が先月の半分程度なので、これで棋力が上がったと早合点するのは危険ですが。

ちなみに今月は他の観点でもデータを色々そろえてみました。

まずは、先後別の勝率。

先手番  11-24   31%
後手番   8-18   30%

まあ、ほぼ先後による偏りは無いと言ってよさげですね。

次は戦型別

横歩取り         5-9  35%
角換わり         1-8  11%
対角交換四間飛車 0-3   0%
対三間飛車対抗型 1-4  25%
対四間飛車対抗型 3-5  37%
対石田流対抗型   0-1   0%
対中飛車対抗型   4-8  33%
矢倉(左美濃急戦) 2-0 100%
力戦形           3-4  42%

こうしてみると角換わりの戦績が酷すぎますね。確かに角換わりには苦手意識があって、最近はプロの棋譜を並べるようにはしているんですが、あまり成果は出てない感じかな…定跡書の一冊でも用意した方がいいのかしら。

比較的成績がいいのが横歩取りと対四間飛車、対中飛車。

横歩取りでは最近△4五角戦法を個人的なテーマとしてますが、自分で後手番を持ったときの成績は1勝4敗。オフラインの道場でも最近は連採していて、そちらではまずまずの成績なんですが、ウォーズではイマイチですね。先手番を持ったときに使う青野流は2勝3敗とこちらはまずまず。

対四間飛車では急戦策を採用した将棋が3勝2敗と好成績なのに対して居飛車穴熊持久戦を採用すると0勝2敗。まあ、これは慣れもあるのでしょうが…。最近は先手番なら急戦、後手番なら穴熊という使い分けをしています。

対中飛車は、一直線穴熊に持ち込めた将棋が3勝4敗と好成績で、勉強の成果はそこそこ出ていると言えそうですが、勝った相手はいずれも初段。ただ、この戦法は指してて楽しいので今後も採用し続けるでしょう。

現時点で、初段の達成率15.1%。初段昇段直後から若干下がってます。まあ、強い相手と戦って勉強するための将棋ウォーズなので、また1級に落ちてもいいやくらいの緩い心構えで指していこうと思ってます。

石の上にも3年とは言うが…

ふと、当ブログの昔のエントリを読み返していると…

私が将棋ウォーズで2級から1級に昇級したのが、2014年6月であると…

するてぇと何ですか? 私は1級に3年近くとどまっていたと、そういうことですかい?

うーん…成長遅すぎじゃないか?俺…

しかもその時のレーダーチャートを見ると、終盤力が2.0。現在は2.1。あれだけ終盤重視の勉強をつづけたのにほとんど成果無しだ…と? まあ所詮機械的な判断だとはいえ…

ちょっとヘコんじゃったよ(汗