不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

振り飛車党に俺はなる!

将棋を覚えて以来、私は一貫して居飛車党でした。たまに気まぐれで飛車を振ることはあっても、それはあくまでお遊びであったり、気分転換であったり、その程度のものでした。

しかし、このブログでは特に触れてなかった気がしますが、最近twitter界隈では「対抗型党」を自称していました。要するに、居飛車対振り飛車の対抗型を指すために、相手によって居飛車振り飛車を使い分けるってことですね。対抗型を自分の主戦場としようとしていたわけです。

これは、学ぶ戦型を絞り込むという意味もありました。やはり社会人であり、将棋にかけられる時間が限られている以上、基礎固めのために定跡をちゃんと学ぼうと思ったら、どうしても戦型は絞り込まないと難しい。そうなると、居飛車党を続けるのはどう考えても合理的ではありません。

矢倉、雁木、横歩取り、角換わり、(相掛かり)、対四間飛車、対中飛車、対三間飛車、対向かい飛車…

目が回ります。何の罰ゲームかと。

そこで、居飛車党から「対抗型党」となって、上記の中から相居飛車系の戦型を排除しようとしたわけですが、最序盤次第では相振りになったり、相振りを警戒して様子見していたら相居飛車になってしまったりということも少なくない。それに対抗型と言っても中飛車、四間飛車、三間飛車ではそれぞれまったく形が違うわけです。

それならばと、もうここはスパッと振り飛車党へ転向することにしました。

主力戦法を四間飛車としておけば、対抗型にならなかったとすれば相振りになるくらいなので、定跡の学習範囲は四間飛車と相振りに絞り込むことができるはずです。

というわけで、早速以下の本を購入して勉強中です。

四間飛車を指しこなす本〈1〉 (最強将棋塾)

相振り飛車で勝つための18の心得

必修!相振り戦の絶対手筋105

せめて積ん読にはしないよう頑張ります…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。