不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

点と線

自分が今まで主にやってきた訓練法と言えば、詰将棋であり、次の一手であり、必死問題であり…なわけです。

これらの訓練法の有効性を否定するつもりは毛頭ありませんが、最近、これらの訓練法だけでは致命的な欠陥があるのではと思うようになりました。

なぜなら、これらの訓練法は全て「点」であるからです。

将棋のある瞬間をスナップのように切り出して、その局面だけを捕らえて最善手を探すものなわけです。

しかし、一局の将棋には「流れ」というものがあって、そんな問題集に登場するような絶妙手が決まる局面など、実戦でそんなに遭遇するわけではありません。むしろ、そんな絶妙手など潜んでいない地味な瞬間の方が間違いなく多いはずなんです。

そういう一局の大部分を占める「普通の局面」で、間違った手を選ばない能力というものが必要なはずなんです。

今までやってきた問題集系中心の訓練は、そのあたりにアプローチできているとは思えない。点の数は問題集系でいくらでも増やすことができる。しかし、それらの点をつなぐ「線」がないので、実戦で有効に使いこなせてない、またはそんな場面が訪れる前に将棋が終わっているのではないか。

昨年末から棋譜並べ中心の訓練に変えましたが、一局の中の絶妙手を味わうような見方であり、結局は点の訓練になっていたように思います(当ブログの過去の棋譜並べ記事を読み返してもそれは明らかですね)。

その点と点をつなぐ線の正体は何かと言えば、やはり「大局観」なのでしょう。

これまでも、大局観の意識が無かったわけではありません。しかし、普通の局面をどう判断して、どう方針を立てるのか。この肝心な部分を、きちんと系統立てて解説できている棋書や情報に、正直今までお目にかかったことがありませんでした。なので、一局の将棋を、大局観を意識しながら鑑賞・検討するということが、なかなかできなかった。

が、ようやく見つけました。こちらのブログ記事

形勢判断のしかたから、それに基づく方針の立て方まで、かなり具体的に書かれています。私が求めていた情報の多くが詰まっていて、とても参考になります。

どうしてこういう情報がきちんとまとめられた棋書が無いのでしょうかね(もし私が知らないだけなら、教えて欲しいです)。

今後の訓練としては、棋譜並べ中心なのはそのままで、棋譜や自戦を吟味する際に、上記サイトなどを参考にして、「流れ」を徹底的に意識してやってみようと思ってます。

広告

点と線」への3件のフィードバック

  1. おさけ 2018年8月22日 23:08

    >どうしてこういう情報がきちんとまとめられた棋書が無いのでしょうかね
    例外が多かったり、解釈が時代によって遷移したり、まとめればまとめるほど、まとまっている気がしなくなるという感じではないかと思います。私個人としてはどこで知ったのかは覚えがありませんが、そのブログ記事の内容に目新しい情報はありませんでしたので、どこかで知ったのかな、と思いますが、思い出せないということはyamakazさんが仰るようにまとめられているものはなく、散在しているのかもしれません。

    その記事の中で、yamakazさんにとって新しい情報や役立った部分はどの部分でしょうか?既知の情報もあったかと思います。ぜひ、それを具体的にして頂いた方が、将棋を教える側の立場になることが多い人には参考になるのではないかと思います。今回のyamakazさんの記事には少し驚きました。こういう部分だったのか、と。なので、より具体的にして頂けることで、私としましてもyamakazさんとの乖離している部分が明確になってくるのではないかと思っております。あるいは、yamakazさんにとっても全て既知の情報ではあったけれども、まとめて書かれていることがなかったので今回情報整理に繋がり、点が線になったということなのでしょうか?だとしたら教科書やカリキュラムの土台として各自の体系論に組み込むことで教える側の質が上がるように思います。

    もしかしたらなのですが、本では「将棋新理論」「本筋の見極め方」に書かれているかもしれません。いずれも谷川浩司著、です。あるいは米長邦雄著「将棋中級入門」だったかもしれません。谷川さんには、昔から形勢判断や大局観を具体的にしようという感じの著書が多いように思います。散在している情報のうち、堅い+攻めみたいなパターンの組み合わせによる言い方については渡辺明さんの穴熊が猛威を振るっていた2005年過ぎ(ノーマル四間飛車側も手順が洗練され、どうしても良くする手順が無さそうだという結論が見えてきた頃)によく見聞きした気がします。その記事も2010年のものですので、余計にそういう書かれ方をしているのかもしれません。

    ちなみに「本筋の見極め方」はNHKの講座内容をまとめたものです。講座自体はここで見られます。

    矢倉や一昔前の角換わり腰掛銀など、先後同型っぽい将棋では俯瞰による先手と後手に違いを見出すのが難しい為、具体的な手順によって結論を導き出すことになり、いわゆる例外になってしまいやすく、コンピュータ将棋が人を超える前の時期にはそういう将棋が多かったために、この手法でまとめる人が現れにくかったのではないかと思われます。この手法は先手と後手に違いがあるからこそ可能で、そのブログの著者が振り飛車党だったために、そのようなまとめ方をしているのではないかと思います。居飛車と振り飛車の対抗形には広く通用する手法だと思います。もし私が大局感論を書くとすれば、きっと全然違った書き方になると思います。

    現代では雁木という古くて新しい戦法が中心となっており、プロ間でこの戦型の棋譜や経験が積み重ねられることで大局観やその語られ方がアップデートされていくと思います。何となくですが、多くの人にとって「将棋を本格的に始めた時期の5~10年前くらいの情報(常識)」こそが求めていたもの、という気がします。定跡はあっても線が5~10年で常識化してしまって語られなくなるのではないかと思います。yamakazさんが将棋を再開なさったのが2010年頃だとしたら、現在求めている情報の多くは2000~2005年の頃によく語られた内容ではないかな、と思うのです。そしてそれは私が将棋を始めて3年後くらいのことであって、最も吸収した情報という気がします。逆に私に欠如していたのは右玉やツノ銀囲いに繋がっていくはずの「線」の情報で、当時は右玉などが完全に廃れた後で、全く目にしませんでした。戦型によって、付随する(学べる)線が異なるのかなと感じます。コンピュータ将棋によって戦型の地図が塗り替えられたおかげで右玉や対右玉の指し方を今になってようやく理解して来ました。

    いいね

  2. ピンバック:Re: 点と線 | 不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。