不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

[愚痴注意]東急将棋祭りに参戦

8月13日、14日に東急将棋祭りが札幌東急百貨店で開催され、13日だけ参戦してきましたが…

正直、もう少し運営面なんとかならんの?とかなりモヤモヤを抱えることになりました。

お目当ては来場者大会で、娘二人と開店30分前から並んでいたわけです。当然ですが、店舗入り口は1階。しかし、会場は9階です。

で、実は来場者大会の申し込みは「先着順」なんですね。しかも定員がある。これがちょっとね…

まず、店舗に入り口は二カ所あり、もう一方の入り口の方がエスカレーターに近い。ここでまず格差が出る。まあ、これは下調べが足りないと言われればそれまでですが、せめて何らかの案内でも掲示してあれば…と思わざるを得ません。

そしていざ開店となると、店員が「走らないでください」と注意しているにもかかわらず、走る奴がいるわけですよ。

そんな状況で、受付が定員ありの先着順ってどうなの? 正直者がバカを見る典型じゃないですか。

実際、娘達はギリギリ滑り込めましたが、私は定員に間に合いませんでした。

入り口のところで整理券を配るとか、やりようはあると思うんですけどね…

それなら指導対局に希望を託すかと思って申し込もうとしたら…「段持ちは申し込めません」とか書いてあるわけですよ。事前の案内に書いておけよっていうのもありますが、地方在住者にとってプロの指導を受ける機会は貴重なのです。段持ちってだけでその貴重な機会を奪われるのは納得がいかないです。実際、この地区では指導対局のイベントはあっても、子供限定とか級位者限定とかが多くて嫌になります。

なんかもう、色々とバカバカしくなって、娘達が指導対局に落選したのを確認して早々に撤収しました。14日は私一人で参戦するつもりだったのですが、とりやめました。夏期休暇中に色々出かけてて、少し体を休めたかったのもありますが。

来年以降も、少なくとも来場者大会を目当てに参加することはないでしょうね。娘達が連れて行けと言うなら別ですが。

余談ですが、小学生部門の来場者大会に参加した娘達の成績は、長女が初戦負け、次女が二回戦負けでした。

広告

[愚痴注意]東急将棋祭りに参戦」への4件のフィードバック

  1. ケムマキ君 2018年8月22日 13:32

    主催者に言ったほうがいいと思います、来年もまた同じようになる可能性があると思います。

    いいね

    • yamakaz 2018年8月22日 19:56

      もう何年も続いているイベントなのでずっとこんな感じなのでしょう。
      何年か前にも一度参戦したことがあり、その時も違和感は感じつつも大会に参加はできていたのであまり意識はしてませんでした。
      まあ、お客様窓口みたいなのが見つかったら軽く意見してみようとは思います。

      いいね

  2. おさけ 2018年8月22日 23:53

    お気の毒でした。こういうイベントって、ガチプレイヤーは対象ではなく、普段将棋に関わらない人達を対象にしたものではないかと思います。そして、そうなってしまう理由も何となく分かります。将棋は不思議なことに、ガチになって上達すればするほど、お金を使わなくなる傾向がある趣味だと思います。私のここ1年の消費金額は半年ほど前に一度団体戦に参加した2,400円と囲碁将棋チャンネルの1日会員の500円の計2,900円だけです。

    普及という面でもガチプレイヤーというのは、棋士の仕事である将棋の普及が完了した人々であります。東急ストアとしても将棋イベントをやりたいのではなく、集客をしてお金を使ってもらいたいだけでしょうから、整理券を配布して入口で帰られてしまうのでは意味が無いのだと思います。その大会の参加費は無料でしょうか?もしそうだとしたら、尚更だと思います。将棋イベントで将棋のプロのサイン本を買った!とかツイッターで写真載せてくれるような方が対象でしょう。

    結局、ガチプレイヤーは将棋イベントに期待しない方が良い、ということになりますが、そうなってしまっているのはお金を使わない私のようなガチプレイヤーのせいでもあります。イベントに期待する/しないの前に、連盟や主催がガチプレイヤーに対して期待をしていない、という証拠でもあろうかと思います。私のような貢献度が低いガチプレイヤーはどうせ放っておいても勝手にどこかで指しています。それよりも入門者を増やす方が将棋教室へ来てくれるかもしれないし、盤や駒を買ってくれるかもしれないし、棋士グッズを買ってくれるかもしれませんし、有料の指導対局を受けてくれるかもしれません。そういう時期を通り過ぎてしまったガチプレイヤーは消費者として魅力が無いのだと思います。

    まあ、ガチプレイヤーがお金を使う気になるコンテンツや商品を出せよ、という言い方も出来ますが、そもそも期待されておりませんので、作り出す気にもならないと思います。それなら棋書や藤井さん関連の本でも出版した方がよほど期待出来ます。

    今、ガチプレイヤーを対象としたイベントって、事実上無いのではないかと思います。初心者を中心に考えられたイベントばかりで、ガチ向けには大会があるからそれで十分、となっている気がします。

    ここまで言っておいて何ですが、凄く羨ましいです。格差をお感じになられたようですが、私の地方はそういう将棋イベントなんて一つもありません。ゼロです。昔、一度だけ新幹線に乗って大阪の大型将棋イベントに行きましたが、とても楽しかったです。移動費だけで往復2万円以上掛かりましたが(笑)。将棋でイベントらしいイベントに参加したのは人生でその一度だけです。こんな格差もあります。

    いいね

    • yamakaz 2018年8月24日 19:50

      > 将棋は不思議なことに、ガチになって上達すればするほど、お金を使わなくなる傾向がある趣味だと思います。

      そうなんですかね。
      強い人ほど最新定跡を追い求めて定跡書の類いを買い込んだりしそうなイメージがありますが、偏見ですかね。
      私なんぞは娘達と合わせて将棋センターに月1万円くらいは落としてるので、割と貢献している方なんでしょうか(笑)

      > その大会の参加費は無料でしょうか?もしそうだとしたら、尚更だと思います。

      無料ですね。
      まあ、そのイベントはどちらかというと席上対局など、ステージ上のイベントがメインで、来場者大会はオマケみたいな感じでしたので、おっしゃるとおりなのかもしれません。
      将棋を餌にライト層を釣りあげ、ガチ勢には来場者大会で申し訳程度に義理を果たすと、そんな感じですか…

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。