不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

大局観が歪んでる

最近、解説付きの棋譜を並べてみたり、ブログにアップした自戦譜や棋譜並べにいただいているコメントなどを拝見して思うのは、「大局観が歪んでる」ということですね。いや、最近と言うよりかなり以前から感じていたことではありますが。

自分の局面判断は大抵強い人たちや棋譜の解説と一致しない。大局観の根幹をなすのは形勢判断なワケですが、形勢判断の基準となる四要素(損得、効率、堅さ、手番)の評価のしかたがどうにもズレている。損得や手番についてはほぼ機械的に出るので、うっかりしない限り間違えようがないのですが、効率や堅さについては主観的なところもあり、自分と強い人たちの間に乖離が目立つのです。

かといって、大局観を学ぶ方法って、極めて限定されるんですよね。

大局観を学ぶ棋書、というのはそもそも非常に少ない。羽生先生の「上達するヒント」という本が大局観について書かれた名著との評判ですが、私の求めているモノとは微妙に違っています。

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))
羽生 善治
4861370086

むしろ、最近買ったこの本が私が求めているモノに近い。

勝てる将棋の考え方 新・イメージと読みの将棋観
渡辺 明、 郷田 真隆 森内 俊之 加藤 一二三 三浦 弘行 鈴木 大介 豊島 将之 中村 太地 永瀬 拓矢
4839961107

羽生本は大局観についての基本的な考え方について述べたものと理解しており、それはそれで大切なのは間違いないのですが、じゃあそれを実際の局面にどう当てはめて考えるのかというと、羽生本だけではなかなか難しい。やはり実例を交えて学びたい。

しばらく両者を交互に読みながら自分の中の大局観を少しずつでも是正して行こうかなと。

あとはやはり棋譜並べですね。大局観を是正するためには、やはりプロの解説付き棋譜を並べるべき。というわけで、かなり前に買ったはいいもののあまり活用できていなかった以下の本に再登板してもらおうかと。

羽生VS森内百番指し
羽生 善治 森内 俊之
4839937613

現在棋譜並べは、天野宗歩2、アマチュア強豪1、プロ1の比率で並べてますが、このプロ1に上記の本を入れることにしてみます。

本当は、師事できるような強い人が身近に居れば、実際に教わりながら対局するのが一番早いんだと思いますが、あいにくと私にはそのような人はいませんので…

広告

大局観が歪んでる」への4件のフィードバック

  1. rajendra (@rajendra_ap) 2018年8月5日 19:29

    私も大局観の無さには自信があります!
    ただたとえ正しい大局観があって、今の局面が良いということがわかっても、実際にそこから勝ち切るだけの中・終盤力がなかったら意味がないのかなと思います。
    逆にそういう力がついてくれば、大局観というのは勝手に形成されてくるんじゃないかと。
    そんなわけで私はあまり大局観のことは気にせず、毎日終盤だけやってます^-^b

    いいね

    • yamakaz 2018年8月6日 23:39

      もそう信じて、ひたすら問題集系の訓練に打ち込んだ時期がありましたが、思うような成果が無く…
      結局、いくら部分的な手筋を身につけても、正しい大局観がないと、間違った使い方をしてしまったりで、効果が薄いなと思うようになりました。
      なので、今は棋譜並べ中心で、大局観も含めて序盤中盤終盤、バランス良く鍛えようとしてます。

      いいね

  2. おさけ 2018年8月7日 10:59

    何でもそうだと思うのですが、頭の中である程度のパターン化という名の整理が行われないと上手くなりにくいと思います。強い人は、「ここで歩をあやまるパターンは大抵こちらが負ける」、「ここで角を追うのはぶった切られて防戦一方になって負けるパターン」、「あえて位を取らずに低く構えた方が相手に手を作られにくいパターン」、などなど色んなパターンが染み付いていると思います。そしてこれの蓄積が大局観になっていくと思います(他にも要素はあると思いますが)。

    自戦譜の内容を言葉で端的に表すようにしてみてはいかがでしょうか?例えば私によくあるパターンは「薄い自玉に構えて序盤に右銀を素早く前進してリードを奪うもののいつもの5六歩からの反撃で受け間違えて敗北」。戦型名を加えてもいいかもしれません。5六歩以下は負けるパターンでありながら、勝つパターンでもあります。受け間違いが原因ゆえ、同じパターンの自戦譜を集めて5六歩以下を自分に対する問題集のように使っています。「ゴキ中(相手)vs居合抜き(自分)」です。私が具体的に問題集化してまでやっているのはこのパターンのみですが、改善している実感はあります。

    どういう時に自分が負けるのか?どういう時に自分が勝つのか?ということを俯瞰して整理してパターン化するのは結構大変ですが、苦手意識や発想の癖の改善に繋がると思います。いつも似たような悪手を指していることに気付きますし、いつも似たような勝ち筋があることに気付きます。3筋の歩を交換した直後に5五歩と突かれた将棋は勝率悪いな、と思ったらその局面をソフト解析し、評価値を見てみますと、たいてい全部が全部悪いわけじゃないんですよね。で、さらに突っ込んで評価値がプラスの局面とマイナスの局面の違いは何だろう?と思って共通点を探してみたら、2筋が伸びていないのはだいたい悪いな、端を付き合っていないと端からの攻め筋が無くて悪いんだな、この玉形は活きないんだな、とにかく右桂は3七に早めに跳ねておくべきなんだな、相手玉を攻めるにはこんな筋が有効なのか、この歩は放置した方がいいのか、みたいなことが分かって来ます。

    よく出会う戦型でこれをやるとすぐに対策を試せて楽しいです。

    いいね

    • yamakaz 2018年8月8日 08:29

      なるほど…
      ちょっと大変そうではありますけど、取り組んでみる価値はありそうですね。
      最近、自戦譜を残すことを怠ってたんですが'(以前は全てEvernoteに残していた)、ちょっと再開してみますか。残すこと自体はたいした手間ではないですし(辞めていたのは、面倒と言うよりは意味が感じられなくなったから)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。