不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

相横歩取りに幸せは無い?

後手番で横歩取りになったときの主力戦法として、もっぱら相横歩取りを使っていたのですが、最近実践と感想戦を重ねる中で、そろそろ限界が見えてきたかも…と感じています。

2018-03-11a

上の図は、相横歩取りで飛車角総交換になる激しいパターンですが、この▲4六角に対して何をどうやっても後手が幸せになるパターンが見えないんですよ。

一番ありがちな応手は△8二角ですが、定跡通りに進んだとして、多分こんな局面になります。

2018-03-11b

ここで△2九飛と打てないと、何のためにここまでやってきたのかって感じなのですが、実際に打つと▲6三馬(詰めろ)から▲1八馬と引かれてしまい、どうにもうまくありません。

一時期、▲4六角に△8六歩と垂らす手を連採してましたが、これも冷静に▲8八歩と受けられてしまうと、どうしても流れが穏やかになってしまう。流れが緩やかになると、左銀が立ち遅れている分どうしても後手が良くはなりにくいと思うんですよね…

ちなみにソフトは▲4六角には△8二歩が最善であるとおっしゃいます。相横歩の北島本では、△8二歩には▲8三歩で先手が指しやすいとありますが、▲8三歩には△8四飛▲8八銀△8三飛と歩を抜いて後手やや有利、という判断のようです。

2018-03-11g

しかし…後手有利ですか?コレ…飛車を手放している上に、歩越し飛車がどうにも扱いづらくて今後の駒組みにも苦労しそうです。私なら後手を持ちたいとは正直思いません。

今のところ深掘りする価値がありそうなのは▲4六角に△2七角と打ち込む手。

2018-03-11c

しかし、これも高段の人に言わせると、▲3八銀△2八飛▲3九飛で先手優勢、ということらしい。確かに、ここまでガチガチにされると△5四角成と引き成るしかなく、そうなると▲9一角成から桂香を回収されてやや苦しそう。

ソフトによれば△2七角には▲8六飛も有力らしい。

2018-03-11d

これは、△4九角成▲同玉△6九飛と打ち込まれたら、▲5九角と合駒しておけば8九の桂に紐がついている分、打ち込んだ飛車が危ないでしょ、ということらしい。

2018-03-11e

しかも攻めては飛角が8、9筋を睨んでおり、攻めが組み立てやすそう。後手は△6九飛を我慢して駒組みを進めるしかないですが、そうなるとやはり左銀の立ち後れが響きそうです。先手は▲5八角の自陣角でガチガチに飛車の打ち込みを消す手などもありそうですし。

そんなわけで、激しい変化になっても、最善を指されるとどうにも後手が駄目そうな気がしてしかたがありません。かといって、穏やかな流れになると右銀の出遅れが響きそうでこれも良くなる気がしない。しかも、穏やかな流れにするか、激しい流れにするかは、基本的に先手が選択権を持っているのです。

例えば▲7七銀△7四飛に対して、飛車を交換するのではなく▲3六飛と引けば、それだけで激しい展開を拒否できてしまいます。

2018-03-11f

そんなわけで、相横歩取りで後手に幸せは無いのではないかと最近思い始めています。

変化が多岐にわたる上に、常に細心の注意が必要な△3三角型が嫌で相横歩を選んでいた側面がありますが、いよいよ腹をくくって△3三角型に踏み込む時が来たのかもしれません…

相横歩取りに幸せは無い?」への5件のフィードバック

  1. yamakaz 2018年3月12日 10:16

    ▲6三馬→▲1八馬の筋には、一度△2六飛成と銀に当てて引き成り、銀取りを受けたら△2七銀と馬にかぶせるのかなぁ。これでダメなら相横歩は完全に捨てるしかない。

    いいね

  2. おさけ 2018年3月13日 08:55

    相横歩の後手番って、居飛車党なら誰しも通る道ですよね。46角に対しては、私は一時期64歩と指しておりました。同角なら28歩、27飛(同銀だったら24飛)、29歩成、同飛、23歩、91角成と進み、そこでA.73角とB.36歩の2つから選ぶことになります。A.73角は同馬なら同桂で後手も若干悪いながら戦えますが、81馬と桂を取られると戦力不足に陥ります。B.36歩は一見意味が分かりにくいですが、15角が王手になるのと37桂が打てるように工夫したもので、36同歩なら73角と打ち、今度81馬には37桂がありますので同馬ですが、同桂にもし歩切れを突いて35香車なら33桂、同香成となって先手は55角を狙って来ますが、手拍子で同金とは取らず、15角、48銀、33角と角で成香を取り返した局面はかなり戦えます(33香成ではなく先に55角と打たれた場合も普通に72銀として、33香成、15角、48銀、33角、同角成、同金で後手も戦える)。ちなみに64歩には同角とせず冷静に28飛と打たれると23歩と受けるしかなく、それから64角と出られて先手優勢です。当時は結構勝てましたが、今は横歩の棋書が充実しており、もう通用しないかも知れませんね。
    ちなみに私のソフトで検討させると、46角には86歩と打ち、88歩に87歩成と成り捨ててから82歩と打てと言っていますが、なんていうか82歩とあやまった局面はあまりにも元気が無いし、評価値も先手良しのままなので、やる気が起きません。46角に27角と打つなら、ソフトの手をミックスして86歩88歩の交換を入れてから27角と打った方が若干得だと思います。
    結局、相横歩はプロが指さない=後手振り、ということでしょう。それどころか、横歩全体が先手良しという認識が広まりつつあります。強豪ソフト同士ですと横歩の勝率は他戦型に比べて先手勝率がかなり高く、将棋の先手の方がほんの少し勝率が高いという常識を生み出している最大の原因かもしれません。プロ棋士の千田さんがソフトの先後勝率を調べている人のツイートに、横歩を除くとどうですか?と質問していたほどですので、横歩は先手有利なのでしょう。先日の電王戦でも横歩は出てきましたが、棋力差がある場合を除いて、ほとんど先手が勝っていたように思います。

    いいね

  3. yamakaz 2018年3月14日 12:18

    ▲4六角に△6四歩は、北島本にも書かれている変化ですがあまり深堀はしてませんでしたね。
    自分では指したことないのですが、先手番をもって相手に指されたことはあり、その時は▲8二歩△同銀▲6四角としました。勝敗は…忘れたなぁ。(←こういうところがダメなのか…)
    △6四歩に対して▲2八飛は北島本にも言及されてました。それによると、▲2八飛には△3三桂とかわし、▲2一飛成に△2八歩として、以下詳細は省きますが、後手がやや指せると結論付けてますね。
    ▲4六角に△6四歩は、やったこともやられたこともほとんど無いので、まだ何か金脈が眠っているかもしれませんね…今度使ってみるかな。

    > 46角には86歩と打ち、88歩に87歩成と成り捨ててから82歩と打てと言っていますが、なんていうか82歩とあやまった局面はあまりにも元気が無いし、評価値も先手良しのままなので、やる気が起きません。

    そうそう、まさにこの展開がつまらなくて私は▲4六角に△8六歩をやめたんですよね…

    いいね

  4. おさけ 2018年3月14日 18:00

    64歩以下の変化を教えて頂いてありがとうございました。28歩で後手も指せるのですね。
    横歩の後手は相横歩に限らず、常に苦労し続けることになるかと思いますので、勝ちを目指すのであれば、横歩は先手番のみ指すというのが正しいのだと思います。
    私は時々、後手番でノーマル四間を指しています。藤井システム混じりでやっていますが、大半が力戦調になりますので、ノーチャンスという感じはしません。むしろ勝率は悪くないですし、何よりも相手が穴熊なら先攻出来ることもあるので、単純に楽しいです。

    いいね

  5. yamakaz 2018年3月15日 12:03

    相横歩はねじり合いになると楽しいんですけど、穏やかになってしまうとつまらないんですよね…
    近いうち、見切りをつけることになりそうですが、相横歩を突き詰めてみたことにより得られた経験は大きいと思っていて、無駄な寄り道をしたとは思ってないです。
    どちらかというと勝ち負けにこだわって戦法を選ぶというよりは、自分が指したい戦法を選ぶ派です。なので横歩も行き詰りを感じるまでは先後問わず指し続けようと思ってます。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。