不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

久々のオープン大会

北海道将棋グランプリ大会に出場してきました。

初段から二段クラスの「ゴールドカップ」に出場(いや、三段で指している人が混じってたような気もしますが……(^^;)。

結果は…スイス式トーナメント4回戦制で1勝3敗。まあなんとも中途半端でモヤモヤします。成績もさることながら内容も…

初戦は相横歩取りで必勝の将棋を1手のミスで落とす。逆に2戦目は対四間飛車の対抗型で、うまいこと押さえ込まれて中盤でかなり苦しい状態に追い込まれたところを、粘りに粘って逆転勝ち。あとの2戦は完全な力負けでした。

ちなみに娘達に冗談半分で出てみるか聞いてみたら、意外にも出てみたいと言うので「シルバーカップ」の枠で出場させました。

結果は長女が1勝3敗、次女が2勝2敗でした。正直、将棋会館に出入りするような人たちは、級位者といえども一桁級の人たちだろうと想定してました。姉妹対決にならない限りは全敗だろうなと覚悟してましたので、望外の結果と言えるでしょう。シルバーはほとんどが子供たちでしたが、少ないながら大人の方もいたようです。

なお、女の子は娘達だけでした。フリークラスに女性はいたようですけど、女の「子」では無かった(^^;

なお、会場では三寸足付き盤が使われてましたが、娘達によると「盤面が高くて指しづらい」とのこと。まあ娘達の体格だとそうなるか…

来週に小樽でも大会があるようですし、そっちも出てみるかな…

広告

久々のオープン大会」への2件のフィードバック

  1. おさけ 2018年1月9日 02:19

    大会お疲れ様でした。楽しかったですか?学ぶものありました?それと頭がチンチンになるくらい考えること出来ました?三つ目は特に(私がそうなのですが)加齢とともになかなか深く考え続けるスタミナや集中力が続かず、いい加減な思考で指してしまうことが多くなりがちです。
    大会に出ると出会った事が無い戦法に出会えたりして面白いですよね。是非来週の大会も参加なさって、また結果を教えて下さい。

    いいね

  2. yamakaz 2018年1月9日 18:13

    >頭がチンチンになるくらい考えること出来ました?
    正直、どのくらい考えることがこういう状態なのかがわからないので、何ともですね…
    持ち時間の許す範囲内で考えられることは考えて指せたとは思うのですが。
    若いころと比較しようにも、将棋からいったん離れてしまった高校時代は大した棋力でもなかったので、参考にもならんでしょうし。

    >大会に出ると出会った事が無い戦法に出会えたりして面白いですよね。
    そういえば初戦の相手の方はこちらが相横歩取りに持って行ったことに明らかに戸惑ってましたね。感想戦でも、この形は経験がない、4五角戦法で来るとばかり思ってたとおっしゃってました。
    このクラスで相横歩の経験がない人がいるというのが逆に新鮮でした。まあ、最後の最後で決め手を逃して負けてしまったのですが orz

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。