不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

棋譜並べへの印象が180度変わる

高速棋譜並べをノルマに加ええてからここまで4局、のべ数にして200回近く並べました。

結果、これはかなり有力な勉強法ではないかと思い始めています。

オリジナルの高速棋譜並べは、1局1回でひたすらたくさんの棋譜を並べるという、棋譜の数に重きを置いた方法だったはずですが、私が採用しているのは1局の棋譜を30回以上並べるという回数重視の方法です。

これが実に感触がよい。

正直、今でもプロの棋譜がサッパリ理解できないのは変わりません。

最初の1回目は、文字通りただ並べるだけ。一手一手の意味もイマイチ解らないし、この時点では何の実感も感慨も湧きません。

ところが、これをくり返していると、だいたい6度目あたりから、

「あ、これはなんか良さそうな手だ」「あ、この手はなんかありそう」「へぇ、そう指すものですか(森下九段風)」

といった具合に、棋譜のポイントらしきものが勝手に頭の中に飛び込んでくるようになる(もちろんその間も手は止めない)。

こちらのブログ「棋譜から発せられるエネルギーを吸収しているかのような感じ」と書いてありましたが、実に的確な表現だなと。

とくに自分から能動的に何かをつかみ取ろうとしなくても、何度も並べているうちに「ほら、ここだ、ここだぞ!」と棋譜の方から訴えかけてくるような。それをさらに何度も繰り返しているうちに、自分の中に記憶として定着していく感触。正直、心地よいくらい。

私はそこそこ読書をしますが、巷の読書術では「じっくり1回読むよりも速く何回も読む方が効果的」と教えているものがあり、私も実用書や技術書の類いではそれを実践してます。高速棋譜並べは、それに感覚が近いのかもしれない。

というわけで、棋力が上がるかはともかく、何かが得られてる実感はこれまでのどの勉強法よりも強く得られているので、やっていて楽しいのは間違いない。しばらく続けてみようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。