不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

棋譜並べへの回帰

最近、詰将棋や次の一手の問題集をひたすら繰り返して覚え込むというやり方に、少し限界を感じ始めています。

正直なところ、いろいろなことをやってもなかなか目に見えた成果がなく、少々クサりかけてもいますが、諦めたらそこでオシマイ。たとえ見苦しくとも、じたばた足掻いて必ず這い上がる。40台だからねぇ、なんて人にも言わせたくないし自分も言いたくない。

なので、またちょっとやり方をマイナーチェンジしました。と言っても、棋譜並べをノルマに加えたというだけなのですが。

古くからのこのブログの読者なら(いるんですかね、そんな方…)、私が将棋倶楽部24初級~中級レベルでの棋譜並べという勉強法に懐疑的であることはご存じだと思います。

ただ、理解できないからと棋譜並べを回避し続けて来て、今の伸び悩んでいる自分がある。だったら、疑問はあれどもやってみるしかなかろうと。

ただ、普通の棋譜並べは、やはりプロの指し手が理解できない今のレベルでは効率が悪すぎるという思いは拭えませんので、ここは高速棋譜並べでやってみようかと。こちらのブログの記事で、ひたすら1局30回並べて覚え込むまでやるというやり方を強く推奨しているのもあって、それに乗ってみようかなと思いました。

思えば、今年の頭くらいにも同じようなことはやっていたのです。その時は、振り飛車対策としての居飛車穴熊を身につけようとしていたため、居飛穴の棋譜を繰り返し並べるということをしていて、それなりの成果はありました。明らかに居飛穴の将棋で手が見えやすくなる実感があった。が、その後また急戦に戻ったこともあって中断していました。

しかし、その時の経験から、この覚え込むまでひたすら回数を並べるというやり方に一定の効果があるということは、すでに自分の中では立証されています。なので、これをもっと力を入れて広範囲に取り組んでいこうかと。

それと、棋譜並べは娘達にも課すことにしました。最低でも毎日一回、指定した棋譜を並べてもらう。これはどちらかというと棋譜から勉強するというよりは、符号に馴染むことが今のところ主眼です。実際並べさせてみると、指で筋を数えながら動かしたりしているので、まだまだ符号に馴染みきっていないのです。

こちらも、一局の棋譜を憶えるまで30回を目安に並べさせる。これで少しは棋力にも反映されることも狙います。

うちには元々盤駒が2セットありました。私の持ち物であるやや上等な盤駒と、娘達が入門者の頃に買った公文のスタディ将棋です。これに加え、最近実家から私が子供の頃に使っていた折れ盤と安物の駒を調達して3セットにしました。

これで3人同時に棋譜並べができます(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。