不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

日別アーカイブ: 2017年8月7日

長女に火がついた?

棋力的に次女が長女をまくりつつあるんじゃないかという話を先日のエントリでしましたが、どうやらそれが第三者の目からも確かであることが示されたようです。

将棋センターに毎週娘たちと通っているわけですが、その前日にやった週一の練習対局では再び次女が快勝。戦績を3連勝としていました。やはり見ていると、次女は長女と比べて盤面全体が見えている感があります。長女陣の隙を捕えて咎めるのが、なかなかうまいのです。長女は常に戦場となっている1点しか見ていない。

で、昨日の将棋センターの帰り、たまたま講師の方とエレベーターで一緒になったので娘達交えて何気なく会話。

(講師)「次女ちゃん、最近強くなったかな?」
(次女)「お姉ちゃんにいっつも勝ってる!」
(私) 「たまに直接対局させてますけど、次女が勝つ方が多くなってますね」
(講師)「あー、やっぱりそうか。そんな気がしてたんだよね」

どうやら講師の目にも、次女が長女よりも一歩先んじた風に見えていたようです。

今月も次女の昇級は見送られてましたが、講師の方にも認識されましたし、もしかすると来月こそは…とひそかに期待してみます。

なお、上の会話は長女の目の前でされてます(笑)。長女はあまり感情を表に出すタイプではないのですが、その時ばかりは何か触れるものがあったようで、「帰ったらやろう!」と息巻いてました。結局その日は色々用があって帰宅が遅くなり、いつの間にか忘れ去られてしまいましたが…

それでも電車の中で詰将棋解いてたりとか、今までにない姿勢が出てきましたので、次女に追い越されたという事実が、多少なりとも長女に火をつけたようです。

お互いライバルとなって切磋琢磨する関係になってくれれば、上達も早くなると思うのですが。

広告