不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

勉強の基本はノート

長らく更新さぼってました。

スランプでふて腐れてたわけではない…とはいいません(笑)。

ただ、単純に仕事が立て込んでて帰宅が遅くなってきたというのと、スランプ突入を機にまた少し勉強方法を変えたこともあって、そちらにとられる時間が増えてしまい、なかなかブログに時間をかけられなくなったという理由の方が大きいです。

上記の理由により、今月は対局自体もあまりできていません。6月に入ってからは週に2,3局程度でしょうか(オフラインの将棋センターでの対局は除く)。

スランプ復旧モードなので、将棋ウォーズはお休み中で、将棋倶楽部24で15分の秒読み60設定の対局を1日1局、という感じです。少なくとも6月中はこれで行くつもり。だいぶ、調子は戻ってきていると思います。

勉強方法については、去年暮れに大きく変更したものから骨子は変えていませんが、もう少し一つ一つを骨太にやろうということで、若干のマイナーチェンジをしました。簡単に言ってしまえば、ノートを取るようにしたということですね。

パターン記憶を増やすことが棋力向上への道という信念は変わっていませんが、やはりなかなか記憶を増やすのは難しい。去年暮れの勉強法の大ナタ振るいから、大きくパターンは増えたのは間違いないのですが、想定していたほどには増えていないのも事実。

いや、正確には増えていないというよりは、定着していないという方が正しい。特に実戦や棋譜並べ、定跡などですね。

なので、記憶定着を促す手段としてノートを取るという行為を挟むことにしたのです。やっぱ将棋に限らず、勉強の基本はノートですからね。これにより勉強にかかる時間がガバっと増えてしまいましたが、その分、感触は良いです。

ノートを取るにあたり、Evernoteを活用するか、紙のノートを使うかで迷いましたが、今回は紙を選びました。Evernoteは便利ですが、レイアウトに自由が効かないのと、やはり思い立った時にすぐにメモるという機動性で紙に劣ります。あとから復習がてら読み返すときも、紙の方がパラパラとやりやすい。どちらが続けられるかと言えば、今回は紙の方だと結論付けました。

ノートの取り方ひとつにも工夫を入れてますが、これはまだまだ試行錯誤中なので、またいずれ。

そうそう、将棋ウォーズの先月分の集計は、別途余裕が出来てからやります…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。