不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

日別アーカイブ: 2017年4月17日

また説教

また長女に説教することになりました…

詰将棋トレーニング、どうしてもインチキをしているとしか思えないので…

長女は現在「3手詰ハンドブックII」を解かせています。本人も同意の上で1日50問ペースで解き日々間違えた問題数を申告させています(解けなかった問題を翌日も解かせるため)。

本人申告を信じるなら、200問中だいたい間違える問題はだいたい10問以下。

「3手詰ハンドブックII」を卒業する条件は、1周完了のタイミングで、10問ランダムで出題して8問以上正解としているのですが、これがなかなか突破できないのです。

…数字がわかる方ならこの時点でおかしいと思うはずです。

200問中間違えるのが10問以下であるなら、正答率は9割5分を超えていることになるのです。つまり、10問の出題なら、期待値は9問正解ないしは全問正解です。数字上は8問正解など楽々クリアできるはずなのです。

もちろん、あくまで期待値ですから、必ずしもその通りになるわけではありません。しかし、1度や2度ならたまたまだろうで済ませられますが、それが3度も4度も続くとなると…

誰が言ったか忘れましたが、「偶然も三度続けは必然」という言葉もあります。

さすがに昨日のテストで1問目から3問連続で間違えて失敗するに至って、説教モードのスイッチが入りました。

  • 普段の自己申告から期待できるテスト結果と、実際のテスト結果に毎回差がありすぎる。
  • 自己申告で嘘をついているか、普段いい加減にやっているとしか思えない。
  • 将棋は所詮ゲームで趣味だから、無理に強くなろうとしなくても自分は構わない(強くなってほしいと思ってはいるが)。
  • それでも「強くなってみたい」と言うから、自分は手助けしているに過ぎない。
  • 人に手伝わせておいて、取り組みがここまでいい加減なのはいったいどういうつもりなのか。
  • 間違えるのも解けないのも全然かまわない。そんなことで怒っているのではない。
  • 嘘をついたり、いい加減に取り組んでいるようにしか見えないのが一番許せない。

ということを繰り返し伝えましたが、わかってくれたのかどうか…。

問題数が多くてキツいなら相談してほしいし、無理強いするつもりもないから、やめたいならそう言って欲しいとも言いました。

それでも「やる」と言ったので…今はその負けん気を信じたい…