不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

日別アーカイブ: 2017年3月17日

すこし重点領域を見直す

自分の課題は終盤力にあると認識していますが、ではもうちょっと具体的に、終盤のどのあたりにあるのかという話になると、ちょっとズレていたかもしれないと最近思い始めてます。

最終盤の詰むや詰まざるやのあたりなのか、あるいはそこから少し前の、どうやって囲いを崩して敵玉を追い詰めていくかといった終盤の入り口あたりなのか。

私は最近まで、自分の課題は後者だと思っていたのです。

なのて、手数計算とか中終盤にかけての形勢判断と方針立案、といったあたりにややウェイトを置いて勉強していたのですが…最近、どうも「それ以前の問題」だと気づきました。まだまだ、「詰むや詰まざるや」の領域の研鑽が全然足りていなかった、と感じています。

これまで、「羽生善治の終盤術」の1巻と2巻を主に勉強していました。

羽生善治の終盤術(1) 攻めをつなぐ本 (最強将棋21)
羽生 善治
4861370116

羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る (最強将棋21)
羽生 善治
4861370124

これらは、詰むや詰まざるやの少し前の場面からの流れを学ぶ教材としてはうってつけだったのですが….

「これで詰めろになり先手の勝ち」「先手玉はまだ詰めろではない」と書かれていても、その事実が読み取れないのです。「これで詰めろ」という解答図を突きつけられても、それが詰めろだとわからないことが多い。実戦でも、あとでソフトに解析させてみると、どれだけ即詰みや必死を見逃していることか。

私が課題のひとつと認識していた「手数計算」。おわかりの通り、これは「詰めろ」がある程度正確に判別できないと、そもそも意味が無いのですよ。詰めろが判別できないと手数計算を誤る。誤った手数計算による方針は致命的な結果しか生みません。

終盤の入り口の訓練を続けていて、それを痛感しました。私にはまだ先に克服すべき課題があったようです。

詰み、寄りの感度をさらに上げる。

そのために、詰将棋はずっと続けていますが、必死問題や、以下のような本にもっと取り組むべきなのでしょう(どちらも持っていますが、終盤の入り口を重視していたこともあり、積ん読状態です)。

逃れ将棋
森 信雄
4408333069

凌ぎの手筋200 (最強将棋レクチャーブックス)
金子 タカシ
4861370396

結局のところ、詰みの感度が上がれば手数計算も自然にできるようになるはずで、それがあって初めて終盤へ向けての方針がまともに立てられるようになるのでしょう。

私の「詰むや詰まざるや」の感覚はまだそこまで達してないということだと思います。

今取り組んでいる本が片付いたら、重点領域をシフトしていこうと思います。