不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

日別アーカイブ: 2017年3月16日

大橋流か伊藤流か

先週の将棋フォーカスの特集は、お便りでの質問コーナーでしたが、その中に駒の並べ順に関する質問がありました。

駒の並べ順と言えば、大橋流と伊藤流という二通りが知られていますが、この記事を読んでいるあなたはどちらでしょう。

私は昔から伊藤流の愛用者です。

  • 大橋流は何のひねりもない左右対称の並べ方で、面白味が全くない
  • プロ・アマ問わず、世の中の将棋指しの大部分が大橋流を使うので、他人と同じことをしたくない
  • 走り駒が相手陣を直射しないようにという気遣いが、礼に始まり礼に終わる将棋の精神と符合している気がする

といったあたりが理由です。特に二番目が大きいかな。

オフラインで対局する相手は、例外なく大橋流か、テキトー流なんですよね。私以外に伊藤流を使う人にお目にかかったことがありません。

ちなみに子どもたちはというと長女はやはり大橋流。次女は長女によると、家では伊藤流だけど教室では大橋流とのことらしい。家で伊藤流なのは間違いなく私の影響でしょうね。

広告