不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

日別アーカイブ: 2017年3月10日

重点強化はしているはずなんだが…

最近、将棋ウォーズで「かなり強め」の設定で10分切れ負けを指していて思うことは…

二段や三段相手でも、中盤までは結構いい具合に食い下がれたりするんですよ。終盤の入り口くらいまでは、むしろこちらが良いんじゃないかって形勢で来ることも少なくない。これはソフトに判定させてもそういう結果が出るので、私の形勢判断がおかしいというわけでもないと思う。でも、そこからなかなか勝ちきれないわけですよ。

これは将棋ウォーズばかりではないですね。道場でも、上位者の方と当たると、中盤まではそこそこ良くても終盤で逆転負け、みたいな将棋が多いように感じる。

そうなるとやはり終盤力で劣っていると解釈するしかないわけでして。

おっかしいなぁ…終盤力が課題であることはかなり前から認識はしていて、勉強計画も終盤力強化を軸として組み立てているんですがねぇ…。その終盤よりも中盤力の方が先に伸びてきている…と考えないと辻褄が合わないなぁ。

終盤なんて、序盤は中盤より理詰めで方針を組み立てられるはずで、そういうのはむしろ私の得意分野なんだがなぁ…理屈を立てるところがまだまだ未熟ということか?

広告