不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

少しずつ狡さを見せ始めた

長女の強化計画、あまり進捗はよろしくありません。

というか、見かけの勉強量に結果が全然ついてきていないなぁ…と不審に思って、最近の長女の挙動を観察してみると、本人は明確には認めてないものの、どうやらインチキをしていたようです…

3手詰めハンドブックの1周目が終わり、2周目は少しは慣れてくるだろうと思って、本人と相談のうえ1日のノルマを30問から50問に増やしました。

とはいえ内心、このノルマは少々厳しいのではないかなと思っていたのです。

でも、長女は別に難なくこなしているように見える。

この分量のノルマがこなせるならば、かなり上達しているはず…そう思って、2周目の「卒業試験」で10問ほどピックアップして解かせてみると、これが1日50問をこなせる「事実」から期待されるほどには解けてない。

で、半分カマかけの意味で、次は1日100問でやってみるか? と言ったら長女はとくに反対もせずそれを受け入れるんですよ。ここらで「マトモに取り組んでないんじゃないか?」疑惑が私の中で持ちあがってました。

で、2日後にまた「卒業試験」をやるとやっぱり解けない。

本人申告を信じるなら、3手詰めハンドブックを1問1分の制限でだいたい30分で100問を解き、うち間違いは7問程度とのこと。このレベルの「実力」があるのに、10問をランダムにピックアップして、同じ条件で解かせたら半分も解けないというのは、明らかにおかしい。

ここで「不審」はほぼ「確信」に変わりました。

そこで、次の周も1日100問のノルマを課しました。で、ある日、どう見ても寝る前にノルマをこなしてないように見えたので、「詰将棋解いたのか?」と尋ねたら、「あ、50問しかやってなかった」と言うのです。

その日の長女の行動を見てましたが、その日、詰将棋に使ったかもしれない時間は、おそらく30分程度もなかったはずなのです。

「だったら寝る前にやっておけ」と、実質、私の監視下でやらせてみたら、残り50問解ききるのに何分かかったと思います?

なんと、90分ですよ!!

1問1分めいっぱい使って、解説読んだとしても90分はかかり過ぎなのですが、そこは集中力不足の長女のことなので驚きはしません。しかし、前半の50問を30分でこなし、間違いも「100問中7問」というレベルの人間が、残りの50問を90分とか、どう考えてもおかしいわけですよ。

当然、「卒業試験」もまるで進歩なし。

多分、前フリの「あ、50問しかやってなかった」も嘘でしょう。全くやってなかったのだと思います。

はい、当然説教モードのスイッチが入りました。

本人は明確にはインチキを認めませんし(問い詰めてもダンマリ)、状況証拠しかないので、かなり遠まわしな言い方にはなりましたが。

別に設定したノルマをこなせないのも、成果が出てこないのも別にいいんですよ。やることやってその結果なら、それはしかたないことだし、それをとやかく言うつもりは無いんです。

しかし、やってもいないことをやったと誤魔化し、しかもその場しのぎの嘘をつくその態度だけは、どうしても見過ごすわけにはいかなかった。

長女はたまにこういうところがあるんですよね…。

今までの3手詰めの履歴はいったんすべてリセットして、仕切り直しとしました。ノルマも再び1日30問に戻してます。

するとやはり30問の中でも5問とか6問とかミスってるんですよ。まあ、これが今の長女の本来の力なのでしょう。それならそれで良いのです。これから伸ばしていくだけです。

悪いのは実力が無いことじゃなく、嘘を並べて誤魔化すこと。それをきちんと理解してくれると良いのですが。

ゴマカシやインチキを覚えるのも、ある意味成長なのでしょうが、それはいずれ露見するし、後々自分に跳ね返ってくるんだよ、ということはちゃんと覚えておいてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。