不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

ニワカ振り飛車党

最近定跡勉強や棋譜並べをやっていたら思わぬ副作用が…

元々私は居飛車党です。で、最近は石田流対策と対四間飛車の居飛車穴熊を定跡書と棋譜並べで学んでいます。

石田流対策では主にこの本を勉強しているのですが、

石田流破り 左美濃徹底ガイド (マイナビ将棋BOOKS)
八代 弥
4839950598

これを盤に並べて勉強していたら、なんとなく自分でも石田流が指してみたくなり、最近は先手番を持って初手▲7六歩に対して△3四歩と来た場合は、▲7五歩と石田流に持っていくことが多くなりました(笑)。今のところ、勝率も悪くない気がします。たまに相振りになったりもしますが、それもまた楽し。

自分で石田流を持ってみることで、逆に石田流を相手にした場合のポイントも見えやすくなった気がします。

四間飛車でも同様で、主にプロの棋譜で居飛車穴熊を学んでいますが、なんか意外にペラッペラに見える居飛車穴熊を自分で崩す側に回ってみたくて、後手番を持つとたまに四間飛車に振ってみたりしてます。でも、半分以上の方は急戦策で向かってくるんですよね(笑)。

別にオールラウンダーは目指してませんが、ある戦法の対策を学ぶ手段として、自分でその戦法を指してみることで、見えてくるものもあるんじゃないか…そう思ってやってます。まあ、四間飛車はともかく石田流は純粋に指していて面白いですが(笑)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。