不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

相変わらず棋譜並べで迷走中…だが

棋譜並べという勉強法との向き合い方は未だにふらふらとしていて、試行錯誤しながら効果的なやり方というものを模索している最中です。

昨年末に勉強方法の大幅な転換を図った時点で、棋譜並べの取り組み方も大きく切り替えました。

あれこれ解説を読んで手の意味を理解するというのはひとまず後回しにし、まずは棋譜を丸暗記するところから始めるようにしたのです。

将棋に関する様々なパターンを頭に蓄積していくことが棋力向上への道と信じる中で、棋譜も「パターンのひとつ」と見做して頭に叩き込むことを優先するという方針にしたわけですが、どうもパターンを蓄積するという点では、今のところ次の一手や詰将棋のような問題集より即効性があるんじゃないかという気がしてきました。

最近は、四間飛車対策として、従来の急戦策に加えて居飛車穴熊も使いこなせるようになろうと勉強中ですが、居飛車穴熊の定跡本は持っていないので、主たる教科書はやはりプロの棋譜にならざるを得ません。

そこで、四間飛車対居飛車穴熊の棋譜を将棋年鑑あたりからかき集めて、それを一つ一つ、棋譜を見なくても並べられるようになるまで繰り返し並べるということをやってました。一回成功したくらいでは数日後に忘れてしまうので、何日か間を置いてまたこれを繰り返す。

こうすることで、なんとなくそれっぽい居飛車穴熊が指せるようになってきました。指し手に迷いやすい局面で、ひたすら繰り返して棋譜を並べまくったことにより、何を指せば良いのかが明らかに以前よりも見えやすくなったのです。

居飛車穴熊をやろうとすると、大抵上部と端からの急襲を食らって形を大きく乱されることが多く、以前はそうなるともう心が折れて、粘れなくなって負けるというパターンでした。が、プロの棋譜を覚え込むようにしてからは、「居飛車穴熊とはそういう戦法」という理解というか開き直りがあるので、崩されても動揺しなくなりましたし、相手がどう崩しに来るかもおおよそ予想できるので、うまくいなして逆襲して勝つという将棋が指せるようになってきました。

これは以前試した「高速棋譜並べ」と考え方は近いのかもしれない。手の意味を理解するよりも、感覚で良い手を覚えるという。

ただ、高速棋譜並べは一つの棋譜にこだわるようなことはせずに、とにかくいろいろな棋譜をひたすら数多く並べることをよしとしていましたが、私はひとつひとつの棋譜を丹念に覚え込むというアプローチを取りました。

同じ戦型の棋譜をいくつか覚え込むことで、「ここではこう指す」といった共通点みたいなものがが、だんだんと見えるようになりました。さらに、棋譜を記憶するために何度も何度も並べていると、だんだん余裕が出てきて、並べながら手の意味を自然と追求するようになり、そういう時は解説読んだり自分自身で検討してみたりします。これが、高速棋譜並べではできない、プラスアルファではないかと思います。

ただ、今のところは棋譜の暗記と疑問点の検討の割合は、9:1かあるいはそれ以上に偏ってますね。一つの棋譜は、最初はだいたい見ずに並べられるようになるまで10回くらいかかり、数日後に復習する場合は4, 5回並べるといったところでしょうか。

まあ、それでも私はやはり四間飛車対策は急戦の方が好きなんですけどね。現状は、相手が露骨な藤井システムを見せて来たら急戦、比較的穴熊に無警戒な場合は居飛車穴熊、って感じで使い分けてます。

広告

相変わらず棋譜並べで迷走中…だが」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:棋譜並べへの回帰 | 不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。