不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

2016年を振り返る

本ブログで一年を振り返るのも、3回目になりますね。

ここ数ヶ月は仕事がキツくなってきたのと、とくに我々に目立った向上が無いということでなかなか更新頻度が確保できない状況でしたが、なんとかマイペースに続けて行けたらと思います。

さて、今年一年を振り返ると…

初めてオープン大会に出場したのが2月、道場で3級から初段に飛びつき昇級したのが3月。そんな最近の話でしたか。なんか感覚的にはもっと長かったような気がします。この間、ネット将棋でとくに大きな数字上の成果が出ていないことに若干の焦りを感じています。

10月から勉強法を根本的に変えるという大なたを振るいましたが、成果が出ているかどうかはまだ微妙。最近は将棋倶楽部24や81Dojoではなく将棋ウォーズや将棋クエストが多いのですが、レーティング値はじわじわ上がっているものの昇級圏で足踏みが続くという状況です。

来年こそどこかで一気にブレイクスルーしたい…

長女

今年前半に、突然センスの良い手をビシバシ指し始め、「これは…」と期待させたものの、後半になるとアレは何だったんだってくらいにすっかり元通りになりました。

それでもテーブルマーク子供大会であわや予選突破というところまで健闘したりと、成果だけ見ると去年より確実に上がってはいるのですが、教室では一年以上11級に停滞してますし、私の感覚的には去年からそれほど変わっているようには見えません。

あまりうるさく言って将棋を嫌いになられても困るので、最近は向こうから言ってこない限り基本放置しています。

将棋教室通いはそれなりに楽しんでいるようなので、今はそれでよしとします。

次女

当然と言えば当然ですが、我々三人の中で今年一番伸びたのは次女でしょう(笑)

私との手合いは10枚落ちから8枚落ちに進み、まだ8枚落ちを卒業できてはいませんが、一局指しきるだけの棋力と集中力はなんとか整ったので、先月には将棋教室デビューもさせました。

来年はいつ12級をもらえるか、そして11級になるところまで行けるか、といったあたりが目標になりますかね。

個人的に、今後大きく伸びてくる可能性は次女の方があるかもと思ってます。次女は長女と比較して将棋に対して割と素直です。本で読んだことはすぐに実戦で試そうとしますし、私のアドバイスを素直に聞くのもどちらかというと次女の方です。長女は良くも悪くも自分流に対するこだわりが強く、それが向上の邪魔をしているようにも見えます。

二人揃って教えるときは長女には「うかうかしてると抜かれるぞ?」と危機感を煽り、次女には「お姉ちゃんを抜いてしまえ」と焚きつけてます。冗談ではなく、長女がもう少し意識を変えないと、その日は割と早く訪れるかもしれません。


というわけで、しばらくは更新ペースが落ちるかもしれませんが、来年もマイペースで続けていこうと思いますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年を…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。