不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

1手詰めと3手詰めの壁

世間的には詰将棋の難易度を上げていく際に、3手詰めと5手詰めの間に高い壁があるなんて言われているようですが、私としてはむしろ1手詰めと3手詰めの壁の方が高いと思う。

ちょうど次女が、1手詰めから3手詰めに進もうかというところなのですが、やはり1手とはいえ玉方の応手を読むという新しい要素が急に入ってくるのがネックになります。次女はまだ未就学児という幼さも手伝って、まずここを理解させるのに一苦労。

1手詰めと3手詰めはもはや全く次元の違うものといっていい差があるということが、子供に教えていての実感ですね。

最初のうちは、私が玉方をもって、次女の指し手に応手を返すという形で、少しずつ理解させて行ければという感じです。

ちなみに既に3手詰めに取り組んでいる長女の場合は、基本は自分で詰将棋本を読みますが、私から問題を出す場合は、一通り頭の中で読ませてから盤上に手順を玉方も含めて本人に再現させるようにしています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。