不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

終盤力に手ごたえ

気のせいかもしれませんが、最近終盤力に手ごたえを感じています。

以前よりも、終盤の手がよく見えるようになってきた気がするのです。詰み筋、詰み筋が見つからなければ縛り筋、そういった手が以前よりも見えるようになり、終盤で相手を追い詰める精度が上がってきたような…

そのせいかどうかはわかりませんが、ネット将棋のレーティングなども、じわじわと伸びてきています。

まあ、一時的なものかもしれませんがね…

とはいえ、リアル対局でも半年くらい前までは一方的につぶされることが多かった某小学生相手に、最近はかなりいい勝負ができているので、何かしらの向上はあったのかもしれない。そう思いたい。

勉強方法を変えた成果…というには、まだ早すぎでしょうね。新しい勉強方法は成果が出始めるとしても、早くて二か月後くらいという想定ですし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。