不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

いい加減、力任せは限界か

週末の将棋教室でたまたま、長女(11級)と別の女の子(12級 – 以下「Sちゃん」とします)の将棋を観戦する機会がありましたが、結果は長女の2連敗。

この2局を見た限り、Sちゃんの方が棋力では既に逆転してるなという印象でした。

Sちゃんの主力戦法は四間飛車。がっちり美濃囲いに囲ってから戦いを開始するなかなか本格的な指し回し。それに対して長女はいつもの棒銀で立ち向かうわけですが、玉を囲わないので互角の捌き合いにはなっても固さと遠さで負ける。2局ともそんな将棋でした。あれだけきちんと指せるなら、Sちゃんの昇級は近そうだなぁ…そして、すぐに長女を抜き去りそうな気がする。

いい加減、力任せの原始棒銀だけではさすがに限界が来たのか…。将棋教室でも玉を囲わないことを繰り返し指摘されているようですし、少ししっかりした形を覚えるべき時が来たのかもしれない。

というわけで、現在長女には短期集中で、矢倉棒銀と、私自身も愛用している対振り飛車用の急戦ナナメ棒銀の定跡を仕込んでます。

定跡とは言っても長女のレベルでは1手1手の手順を正確に覚えることにあまり意味は無いと思ってます。1手1手カッチリ覚えさせたところで、変化されると対応できなくなるのは容易に想像ができる。ましてや、長女レベルの将棋なら定跡通りに進むこと自体、ほとんどないだろうから。なので、大まかな流れと狙いのイメージくらいを掴んでもらえば、まずは十分かなと思ってます。

あとは相手の変化に応じて長女自身が臨機応変に対応する力を付けてもらいたい。ま、そこが難しいのですけどね…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。