不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

雑な態度へのいら立ちと伝わらないもどかしさ

年長児の次女はとにかく駒の置き方が雑です。

初期配置の雑さ加減はもとより、動かした駒すら、どっちのマス目に置いたのかわからないような置き方を平然としますし、動かす際に袖に別の駒が触れてずれてしまうこともしょっちゅうあるのに、それを直そうともしない。

幼稚園児なんてそういうものなのかもしれませんが、私の性格的にそういうのが許せないタチなので、次女に教えているとついイライラしてキツく言ってしまいがちです。

昨日もついイラっとして、十枚落ちの対局で本気モードになって容赦なく叩きのめすような指し方をしてしまいました…

なかなか進歩がみられないのもイライラを加速させているのかもしれません。やはり、こちらが教えていることが全然伝わっている気がしない。その場ではわかった風な顔をするんですが、次の対局で平然と同じ過ちを繰り返します。その進歩の無さ加減は年長後半から教え始めた長女を上回るので、もうモチベーションの維持が大変です。

うーん、ちょっと教え方を再考しないとだめかなぁ…

今現在、長女が大きな進歩の兆しを見せていることもあり、つい長女に労力を割きがちになってしまっています。それも気を付けないといけないとは思っているんですが…

難しいです。とても難しい…

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。