不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

次女の将棋に変化の兆し

とにもかくにも、次女の将棋は将棋というより単なる駒遊びの域を出ないものでした。上手玉に迫るでもなく、ひたすら大駒を振り回して遊んでいるだけ。駒を連携させるということがわかっておらず、時々無意味にタダ捨てして逆転負けを食らう。とまあ、そんな将棋にもなってない将棋を指していました。

これは長女の時も同じでしたし、今さら飲み込みの悪い次女、と心をもんだりはしませんが、それでももう少しなんとかならんものかと思案し、試しに1手詰を解かせてみることにしました。

ごく一部の例外を除き、玉を詰めるには二枚以上の駒の連携が必須です。なので、1手詰を解かせることで、駒の連携というものが少しはわかるのではという期待を込めていました。

で、これの効果なのかどうかはわかりませんが、次女の将棋が少しずつ変化し始めました。

駒の連携も無いまま無闇に突っ込んできて餌食になるような手が減りました。そして、しっかり龍と馬を連携させて上手玉を追い詰めて来るようになったのです。

もちろん、追い詰め方自体はまだまだ甘いので、こちらもそれなりに緩めないと次女は勝てませんが、駒の連携がわかっていない子供に駒の連携を意識させる手段として、1手詰は有望そうです。

今後しばらく、10枚落ちを指した後は1手詰をセットにして解くことを続けてみます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。