不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

激指13に挑む-2(六枚落ち)

激指13に挑むシリーズ2戦目、手合いは六枚落ちです。

△3二金    ▲7六歩    △7二金    ▲6六角    △8二銀    ▲9六歩
△7四歩    ▲9五歩    △6四歩    ▲5六歩    △7三金    ▲9四歩
△同 歩    ▲同 香    △8四金    ▲9八飛    △9五歩    

2016-04-24a.png

今回はほぼ知っている定跡通りの受け方をしてきた激指先生。定跡ではここで▲8四角と切って強引に9筋突破を目指します。粘り腰の強靱な激指先生相手にたとえ定跡といえど角を渡すのは怖いのですが、その程度をいちいち恐れていては話になりません。ここは断固定跡通りの進行を断行。

▲8四角    △同 歩    ▲9五飛    △4二玉    ▲9二香成  △7三銀
▲9三飛成  △6二銀    ▲8二成香  △3四歩    ▲7二成香  △5一銀    
▲6一成香  △5二銀    ▲6二成香  △4一銀    

2016-04-24b.png

飛車を成り込んだ後、成香で銀を追い回しこの局面。本譜は▲8二龍と龍をひとつ入りましたが、やや緩かったもよう。

ここでの激指先生の推奨手は、▲9一龍~▲5一成香、あるいはいきなり▲5一成香。前者はわかりやすいのですが、後者は一見「?」でした。しかしなるほど、タダだからって△同玉と取ろうものなら、▲5三龍でたちまち寄る…というか詰むってことですか。

▲8二龍    △3三玉    ▲5一成香  △4二銀直  ▲5二成香  △7五歩
▲4二成香  △同 金    ▲5五歩

2016-04-24c.png

5筋からと金攻めを狙ったつもりでしたが、よく考えると5筋でうまい歩の垂らし場所などありませんよね。激指先生の推奨手は▲7五歩から7筋でのと金作り。ほう、そんな手で間に合ってしまうものですか。

△7六歩    ▲4八玉    △4五角    

2016-04-24d.png

ついに怖い手が飛んできましたね。上手の馬作りが確定です。私はとりあえず玉を囲う予定の2筋の方を受けましたが、激指先生は6筋の方を受けろとの見解です。理由はよくわかりませんが…

▲3八銀    △6七角成  ▲6八銀

2016-04-24e.png

何をやってるんだか。普通に考えれば▲7八銀でしょうに。桂をタダで取らせることになって局面はややこしくなっていきます。

△8九馬    ▲3九玉    △7七歩成  ▲同 銀    △4五馬    ▲4六銀
△5六馬    ▲5四歩    △同 歩    ▲5八金左  △3二金    

2016-04-24f.png

この手はもしかして激指先生の「ミス」ですかね。5三に歩を垂らす隙ができてしまいましたし、直前の局面を解析してみても、この手は4つの候補手の中に入ってませんでした。当然、こちらは▲5三歩と垂らします。

▲5三歩    △4四香    ▲5七銀    

2016-04-24g

当然と言えば当然の手ではあるのですが、△4四香にこの▲5七銀が我ながら冷静な一着でした。

△7四馬    ▲7二龍    △7三歩    ▲5二歩成  △6五桂    ▲6六銀左
△5七桂不成▲同 銀    △6三銀    ▲8二龍    △5二銀    ▲7五歩    
△8五馬    ▲8六歩    △9六馬    ▲9二龍    △9三歩    ▲4六歩    

2016-04-24h.png

手に困って香車を切り取りに言ったのですが、やはり最後まで方針を貫くべきでしたね。▲9七歩△6三馬▲6二金と平凡に迫って良かったようです。

△2四歩    ▲4五歩    △同 香    ▲4六歩    △4四歩    ▲4五歩    
△同 歩    ▲1六歩    △4三銀    ▲1五歩    △6三馬    ▲1四歩    
△同 歩    ▲同 香    △1八歩    ▲2八玉    △1九歩成  ▲同 玉    
△1七歩    

2016-04-24i.png

玉頭に歩を垂らされました。しかし上手には歩しか持駒がないので詰めろでもなければ、次に詰めろがかかりそうな感じでもない。とはいえ、寄せる手順の中で何かを渡すと大変危ないので、ここは一応受けに回ることに。

▲2八玉    △1八歩成  ▲同 玉    △1六歩    ▲1二香成  △5三馬    
▲2六歩    

2016-04-24j.png

「大駒は近づけて受けよ」を実践したつもりでしたが、これは危険だったもよう。△同馬▲2七銀△4四馬と引かれてみると、1七の地点に利きが増えているわけでもなく、たいして安全になってない。▲2六歩で馬筋を止めても△2五歩があります。

受け切るなら▲2六金とがっちり打って、香成の後に歩を払い行くべきだったかも。しかし、本譜は△2六同馬ではなく、△2五歩でした。

△2五歩    ▲同 歩    △1七歩成  ▲同 桂    △1六歩    

2016-04-24k.png

玉頭に殺到されましたが、この瞬間、2五に歩を伸ばせていたことから、▲2四金から寄るだろうと読んでました。▲2四金△4四玉の瞬間に馬筋が止まりますし、3二には金も落ちてます。

▲2四金    △4四玉    ▲5六桂    △5五玉    ▲3二龍    

2016-04-24l.png

しかしてこちらの読み通りに局面は進み、質駒の金を取ってほぼ受けなしです。次は▲6六金の一手詰なので、受けるなら△6五歩として直接▲6六金を防ぐか、あるいは△4六歩として逃げ道を開くくらいですが…

△6五歩ならば▲4三龍があります。△同馬なら▲6四銀まで。かといって放っておいても▲4五龍△同玉▲3六金△5五玉▲4六金までです。

△4六歩なら▲6六金△4五玉▲4三龍△同馬▲3六銀までです。

本譜は2手後に上手の投了となりました。

△1七歩成  ▲2九玉
118手で下手の勝ち

2016-04-24m.png

直近の7局の結果:○○-----

以下、棋譜です。

手合割:六枚落ち
下手:私
上手:激指五段

△3二金    ▲7六歩    △7二金    ▲6六角    △8二銀    ▲9六歩
△7四歩    ▲9五歩    △6四歩    ▲5六歩    △7三金    ▲9四歩
△同 歩    ▲同 香    △8四金    ▲9八飛    △9五歩    ▲8四角
△同 歩    ▲9五飛    △4二玉    ▲9二香成  △7三銀    ▲9三飛成
△6二銀    ▲8二成香  △3四歩    ▲7二成香  △5一銀    ▲6一成香
△5二銀    ▲6二成香  △4一銀    ▲8二龍    △3三玉    ▲5一成香
△4二銀直  ▲5二成香  △7五歩    ▲4二成香  △同 金    ▲5五歩
△7六歩    ▲4八玉    △4五角    ▲3八銀    △6七角成  ▲6八銀
△8九馬    ▲3九玉    △7七歩成  ▲同 銀    △4五馬    ▲4六銀
△5六馬    ▲5四歩    △同 歩    ▲5八金左  △3二金    ▲5三歩
△4四香    ▲5七銀    △7四馬    ▲7二龍    △7三歩    ▲5二歩成
△6五桂    ▲6六銀左  △5七桂不成▲同 銀    △6三銀    ▲8二龍
△5二銀    ▲7五歩    △8五馬    ▲8六歩    △9六馬    ▲9二龍
△9三歩    ▲4六歩    △2四歩    ▲4五歩    △同 香    ▲4六歩
△4四歩    ▲4五歩    △同 歩    ▲1六歩    △4三銀    ▲1五歩
△6三馬    ▲1四歩    △同 歩    ▲同 香    △1八歩    ▲2八玉
△1九歩成  ▲同 玉    △1七歩    ▲2八玉    △1八歩成  ▲同 玉
△1六歩    ▲1二香成  △5三馬    ▲2六歩    △2五歩    ▲同 歩
△1七歩成  ▲同 桂    △1六歩    ▲2四金    △4四玉    ▲5六桂
△5五玉    ▲3二龍    △1七歩成  ▲2九玉
118手で下手の勝ち
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。