不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

将棋勉強法総括-低級脱出編 [その他]

「その他」としていますが、主要に知られている以外の私なりの勉強方法という意味であり、実際にここでは「脳内将棋盤」について取り上げていきます。

「脳内将棋盤」とは、何かというと、わかりやすい説明は「目隠し将棋」でしょう。盤と駒を使わず、棋譜読み上げだけで頭の中で将棋を指すというアレです。あれが出来る人たちは脳内に仮想的な将棋盤を持っていて、そこで局面を動かしているわけです。

実戦での読みを深く、早くするという目的で脳内将棋盤を追及する人もいますが、私はどちらかというと、「脳内将棋盤を持つとあらゆる勉強の効率が飛躍的に上がる」といううたい文句にひかれ、脳内将棋盤構築に挑むようになりました。

例えば定跡勉強する際にも、頭の中で棋譜が並べられるなら、盤駒を用意する必要が無くなる。これはつまり、本一冊さえあればいつでもどこでも勉強ができる、ということです。しかも脳内将棋盤の処理速度は実際の盤駒を手で動かすよりはるかに高速。

実際に脳内将棋盤を自在に駆使できるようになれば、時と場所を選ばなくなるし、スピードも上がるはずなので確かに勉強の効率は上がるでしょう。

で、それなりに訓練を続けていたわけですが、現状はどうか。

まだ中途半端感はありますが、そこそこ使いこなせているような気はします。知っている定跡を頭の中で並べ直すことくらいはまず問題なくできます。そこから独自の変化をあれこれ検討するという芸当もとりあえずできる。

ただ、たとえばポッと棋譜を一つ渡されてそれを頭の中で再生できるかと言われるとまだちょっと苦しい。未知の棋譜を脳内で再生できるレベルにはまだ足りないようです。したがって、棋書を頭の中だけで勉強するというレベルには、まだ到達できていないですね。

とはいえ、既知の定跡を脳内再生できるようになったのはかなり大きい。覚えた定跡を繰り返し脳内再生することによって、定着が早くなりました。

脳内将棋盤が使いこなせるようになると、他にも色々と応用ができそうです。

では、私の脳内将棋盤訓練法を紹介して、本稿の結びとしておきます。と言っても、過去の記事の焼き直しですがね。

まずは脳内に初期配置図を作る

ご自身が所有している盤駒でもいいですし、棋書に載っている初期配置図でもいいと思います。初期配置の盤面を目の前に用意し、これをまずは頭に叩き込む。

目の前の初期配置図を一瞬だけ(コンマ5秒くらい?)見て、すぐに目を閉じる。これを何度も繰り返すと、不思議と目を閉じてもある程度鮮明に脳内にイメージできてくるようになると思います。

イメージできるようになったら、そこから頭の中で数手ほど動かしてみる。

まずは、ここまでできるようにします。

定跡を利用する

適当な棋書から面白そうな定跡を選びます。そして、その定跡を盤駒を使って並べる。何度も何度も、本を見なくても並べられるようになるまで、これを繰り返します。とりあえず手の意味などの理解は今は後回し。手順を記憶に叩き込むことに専念してください。

そして、本を見なくても並べられるようになったら、先ほど構築した脳内の初期図から、頭の中で覚えた定跡をトレースします。なるべく鮮明なイメージを維持したまま、なんども繰り返します。持ち駒にも気を配りましょう。

頭の中で変化筋まで検討できるようになれば、上々です。

この方法は定跡の勉強にもなり、一石二鳥です。

詰将棋を利用する

詰将棋を脳内盤を使って解きます。脳内将棋盤を鍛えるという目的に照らすと、やや長めの手数のものが良いです。最低でも7手詰でしょうか。私は9手詰以上でやってます。

で、解く場合は問題図面を暗記するところから始めます。問題図の暗記には上述した一瞬だけ見ることを繰り返す方法が良いでしょう。で、問題図を暗記して、本を閉じて脳内将棋盤であれこれ動かしながら解く。盤駒に並べるなどもってのほかです!

私は最近は9手詰くらいのものなら脳内で考える方がむしろ楽に感じられるようになりました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。