不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

将棋勉強法総括-低級脱出編 [定跡]

正直なところ、定跡勉強というものについて、私は結構最近まで侮っていました。

「定跡を学んだところで定跡通りに進むわけでもなし、何の意味があるの?」と。ありがちな理由ですね。

なので、最低限のカタチを抑えておく程度で、定跡については勉強らしい勉強はほとんどしてなかったのが実情です。当ブログの過去の記事を見てもそんな意識がありありと出ています。

「定跡は進行を暗記するものではない」とはよく聞かれる言葉ですし私も認識してましたが、やはりどこかで私はこの言葉の真意を理解していなかった。

それでは、「定跡は進行を暗記するものではない」のだとしたら、定跡を学ぶ意味って何なのでしょうか。

この問いに、どれだけの人が答を持っているのか。おそらく、この答を持っているかどうかが、定跡勉強を有益にできるかどうかの分水嶺であるように思います。これが絶対の正解というものはないと思いますが、自分なりの答は何かしら持っている必要があるでしょう。

私の答は「定跡は序中盤の手筋・構想を学ぶもの」です。

それに気づいたのは、「せめてひとつだけでも、この『戦型になったら負けない』というものを持ちたい」と思い、その戦型として後手番相横歩取りを選んで、それまで好きじゃなかった定跡の勉強に本腰を入れたのがきっかけでした。

定跡とはお互い最善を尽くした結果の流れなわけですが、当然それぞれの手にはひとつひとつに意味があるわけです。ですから、うかつに定跡を外すと咎められて不利に陥るリスクを冒すことになります。その咎め方も含めて定跡なわけですが、それこそが序中盤の手筋に他ならないわけです。中盤手筋問題などで、「この形ではここが急所」などとやっているのと、本質的にあまり変わらない。

相横歩取りは一見派手な戦型ですが、派手だからこそ細かい手筋が随所に出てきて非常に興味深かった。そのことが、上述の答にたどり着くきっかけとなりました。

また、ゴキゲン中飛車対策として、私は流行りの「超速」ではなく▲7八金型を主に勉強しましたが、この形には「角を安定させることで、5筋位取りと2筋の歩交換拒否の両方は許さない」という構想があるわけです。このような構想の考え方と、その構想を背景に、具体的にどのように指し回すのかが▲7八金型の定跡となるわけです。そしてそこには構想を実現するための様々な「手筋」が登場します。

そしてこういう手筋や構想レベルで定跡きちんと身に着けていれば、多少定跡手順から外れたとしても応用が利くものです。

こういう捉え方をするようになってから、定跡に対する認識が180度変わりました。今は、遭遇率の高い戦型についてはなるべく定跡を理解しようと奮闘している最中です。

さて、では具体的に定跡をどう学ぶかですが、それについては私なりに結構工夫していて、それなりにうまく機能しているので、参考までにご紹介します。(過去の記事の焼き直しですけどね:p)

「定跡は進行を暗記するものではない」という冒頭の発言と一見矛盾するようですが、私の定跡勉強は、基本的に進行の丸暗記から入ります。そして丸暗記した手順に、後から反復再生や実戦反復などで肉付けして、強化していきます。

一度暗記した定跡をあとから反復再生していると、必ず「あれ?この手はどういう意味なんだ?」「ここでこう指されたらどうなるんだ?」という疑問が出てきます。そこを定跡書の解説を読み返すなり、ソフトでの検討にかけたりして解消するわけです。

実戦では定跡と辿っているうちに思わぬタイミングで定跡を外されたり、自分が定跡を忘れておかしな手を指したりすることもあります。それは後から必ず定跡書の解説を引きながら、咎め方や正しい手筋を復習しておく。

これらを繰り返すことで、最初は単なる手順の記憶でしなかった定跡の背景にある手筋や構想が徐々に身についてきます。

定跡書の内容をまるまる理解しようとしたって無理ですし、すべてが自分にとって必要とも限らないわけです。並べていて疑問に思ったことや、実際に実戦で引っかかったところこそが自分にとって突っ込んで理解する必要がある個所なんだと思ってます。そうでもない箇所を無理に覚えようとしたってなかなか難しいでしょう。

まあ、横歩取り△4五角とか、早石田とか、定跡知らないと瞬殺されるような戦型もありますから、そういうのは四の五の言わず覚えるしかないんでしょうけどね:p

そしてもう一つ。覚える定跡筋はなるべく絞ることですね。

ある戦法の定跡を覚えるなら、自分に選択権がある個所で、一つの選択肢をとりあげてそこを徹底的に深堀するわけです。

後手番の相横歩取りを例にとると、後手が横歩を取った直後の先手の応手が▲7七銀なら、一番多い展開は飛車引きから大駒総交換し、先手が▲4六角と打つ展開だと思いますが、この時点で後手に応手の選択権があります。一番メジャーなのは△8二角でしょうが、私は△8六歩を採用し、これをひたすら深堀しています。今のところはこれでまずまず戦えていますが、ある程度限界が見えたら、△8二角など他の選択肢に移ってみるのもいいでしょう。

また、先手番での対ゴキゲン中飛車対策なら、「超速▲3七銀」「丸山ワクチン」「二枚銀」「▲5八金右超急戦」「▲7八金」など先手の対策にも結構種類があります。世間では「超速▲3七銀」が主流ですが、あまり世間と同じことやってもつまらんなぁと思って私は「▲7八金」を選んで深堀してます。もちろん、「超速▲3七銀」が世間の主流になったということは、「▲7八金」はもうすでに限界が見えているということなのかもしれませんが、私程度のレベルであればまだまだ通用するでしょう。実際、▲7八金とした瞬間に相手が戸惑った様子を見せると、してやったりという感じで思わず心の中でニヤニヤしてしまいます(笑)。「超速▲3七銀」を覚えるとしても、「▲7八金」に限界を感じてからでいいかなぁ、と。

以上、私流の定跡勉強法をご紹介しました。何かのご参考になれば幸いでございます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。