不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

将棋勉強法総括-低級脱出編 [指導対局]

指導対局は受けられる環境にあるなら、ぜひ積極的に受けるべきだと思います。

私が実感してきた指導対局のメリットを以下に列挙します。

  • 本ではなかなかわからない、強い人の考え方や局面の捉え方に触れることができる
  • 疑問点は徹底的に質問して解消することができる
  • 自分のレベルに応じた指導を受けることができる

とくに一つ目が大きい。私もオンライン将棋教室を利用して指導対局をしてもらってましたが、本を読んでいただけではなかなかわからなかったであろう考え方を学ぶことができたのは非常に大きい。

具体例をひとつ挙げれば、「将棋は相手より一手早く相手玉を詰めればよい」という考え方ですね。

これを知るまで私は、終盤の局面で受けるか攻めるかという選択を、明確な根拠もなくなんとなくで決めていました。しかし、自玉が詰めろではなく、相手玉に詰めろが続けられる状態ならば、受けは手抜いて攻めていけば勝てる、ということを具体的に学んだのです。

こうして文面にしてみると、なんか当たり前のことを言っているように見えるかもしれません。実際、私も知識としては頭に持ってはいたのです。ただ、低級レベルの私はそれを目の前の局面に照らし合わせて次の手を判断するということが、全然意識できていなかった。

それが、講師に具体的な局面を元に指摘され、「ああ、あれはそういうことだったのね」とストンと腹に落ちたわけです。それ以降、私は拙いながらも最終盤で手数計算を常に意識するようになりました。相手より先に詰めろがかけられるならば、受けは手抜く。これにより、終盤力はかなり強化されたと実感してます。

もうひとつ例を挙げるなら、「相手の攻めに対して、面倒を見るか、手を抜くかの考え方」があります。どういう時に面倒を見るのか、あるいはどういう時に手抜くべきなのか、そういうことを具体的な局面を元に教えていただき、随分と理解が進みました。とはいえ、今もなかなか正確な判断はできないのですが、後で振り返るにあたって基準が持てるようになったのはやはり大きい。

この考え方の基準が明確に示された棋書を、少なくとも私は知りません。

メモ代わりに、ここに残しておきますかね。

  • 手抜くと玉に具体的な危険が迫る場合は原則面倒を見る。ただし、相手に先に詰めろをかけられる場合は手抜きを検討する(速度の問題)
  • 歩による駒当たりは原則手抜き不可(駒損が痛すぎるため)
  • 歩以外による駒当たりは、交換に収められる場合は多少の駒損(たとえば、銀桂交換程度)になっても手抜きが出来ないか(駒損以上に価値の高い手が無いか)考える
  • 有効な受けがない場合は手抜く

つらつらと書いてはみましたが、じゃあこの記事を読んでいる人がこれらの心得を直ちに理解して実践できるかというと多分無理でしょう。私も指導対局で繰り返し繰り返し指摘してもらう中で徐々に理解が進んでいったものですし(そしておそらく、今も発展途上)。

とまあ、指導対局は本だけでは学べない「生きた知識」を得る絶好のチャンスです。受けられる環境ならば積極的に受けるべきでしょう。それも一回ぽっきりではなく、できれば定期的に。習い事と感覚は一緒ですね。プロの棋士が各地の道場になかば常駐していて、お金さえ出せばいつでも指導対局が受けられる東京や大阪の環境は心底うらやましいです。

ただ、すべての勉強法の中で一番お金がかかるものでもあります:p

例えば私がお世話になったオンライン将棋教室は一回の受講料が2,000円。それだけの見返りはあると思いますが、これは棋書が一冊買えてお釣りがくる金額でもあります。

懐具合や自分の勉強方針とも相談が必要になるでしょうね。

もし身近に高段者の人がいて、タダでいつでも教えてもらえる環境があるなら、それはものすごく恵まれた環境だと幸運をかみしめましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。