不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

将棋勉強法総括-低級脱出編 [必死]

強くなればなるほど、詰みよりも必死を先に考えるようになるようです。それは最近私もひしひしと実感するようになってきました。

低級レベルの将棋だと、こちらが仕掛けた詰めろに相手が気づくことなく頓死するという勝ち方がとても多かった。しかし、中級レベルになってくるとそういう頓死筋はゼロとは言わないにせよかなり減って来たのを感じてます。そうなると、受けなしに追い込んで勝つということを考えざるを得なくなるわけで、必死の練習をする必要性を強く感じました。なので低級脱出が視界に入ったあたりから、必死を勉強に組み込んで取り組んではいます。

とはいえ、正直なところ低級脱出を目指すレベルならば必死訓練は後回しにしても大丈夫じゃないかと私は思います。必要ないとか効果が薄いとか言いたいのではなく、取り組む余力があるならやはり取り組んで損のないものだとは思います。ただ、他に解決すべき課題があるなら優先度を落としてもいいのかなと。理由は二つ。

  • 必死問題に取り組むためには詰将棋の力がある程度ついてないと苦しい。5手詰がスムーズに解けるレベルに達してない場合は詰将棋の訓練を優先すべき
  • そして5手詰がスムーズに解けるレベルにあるなら、低級の場合は前述のとおりこちらが仕掛けた詰めろに相手が気づかず頓死してくれることが多く、わざわざ必死を学ばなくてもなんとかなる

前者はまさしく私の実感です。なんとなくで青野九段の必死本にトライしたものの、最初は全く歯が立たずいったん挫折しました。それが詰将棋を積み重ねて10手を超える詰みも何とか読めるようになった今、改めてトライしてみると以前よりははるかに手が見えるようになっていたのです。

詰めろをかけるにせよ必死をかけるにせよ、そこからの詰みを読み切る力があって初めて可能になります。なので、まずは詰将棋で詰みのセンスを鍛えることを優先すべきと私は考えます。

逆に考えると、必死問題を解くことは詰将棋の要素を内包しているとも言えますから、必死問題を解くことで同時に詰みのセンスも養成する、という考え方もアリかもしれません。しかし、これはかなり挫折しやすい方法だと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。