不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

将棋勉強法総括-低級脱出編 [感想戦]

上達のための必須手段として盛んに推奨される感想戦ですが、こと低級の領域に関して言えば、私はこれに疑問を持っています。

誤解を恐れず敢えて言ってしまえば、「低級者同士では感想戦などむしろやるべきではない」というのが実体験も加味した私の考えです。

何故かというと、基礎となる技術が身についていないへぼ将棋指し同士で検討したところで、間違った結論しか得られない可能性が高いからです。私も経験ありました。低級者なりに真剣に検討して、「これが正しい」と結論を出した手を後でソフトにかけてみたら本譜を上回る敗着級の悪手だったという…。例としてはやや極端ですが、低級者同士で感想戦をやってもこれと同じようなことが起こりがちで、むしろ有害である可能性すらあると思ってます。

やるとしても、対局の場では明らかに敗着となった手を特定し、代わりの手を検討してみるくらいに留めるべきかと思います。真剣に感想戦をやるなら、後からひとりでじっくり時間を取って検討した方が良いでしょう。今の時代、強い将棋ソフトが寄付を解析してくれる時代ですし、低級同士で頭を捻るより精度の高い感想戦ができると思います。

「下手の考え休むに似たり」と言います。当事者からすれば腹の立つことわざではありますが、真理でもあると思います。正解を導き出せる基礎力の無い者同士で感想戦をやったところで、間違った結論が得られるだけの可能性が非常に高いと思います。

感想戦を自身の血肉とするにも相応の実力が要ると思ってます。そのレベルに達してない人同士で感想戦をやっても、正直時間の無駄かなと思います。私としてはその時間を別の勉強に充てて、そのレベルに早く達することに使いたい。

しかし、ギャラリーに強い人がいて助言を求められる環境だったり、強い人相手の対局だったりした場合は当然話が変わります。

その場合は感想戦をみっちりやって、どこがまずかったのか、できれば徹底的に教えてもらうべきです。強い人はたいてい我々低級者とは異なる将棋の捉え方をしていますから、その一端に触れるだけでも非常に得るものは多いです。

私も道場で高段者に相手をしてもらったり、あるいはオンライン将棋教室で講師相手にみっちり教えてもらったりで、かなり得るものがありました。なので、強い人に教えてもらえる環境があるなら、積極的に利用するべきだと思います。このいわゆる「指導対局」については別途稿を改めます。

というわけで、多分異論しかないと思いますが、低級同士での感想戦はあまり上達に寄与しないというのが私の今のところの考えです。しかし、感想戦というのは対局者同士のコミュニケーションでもありますから、効率効率とせせこましいこと言わずに感想戦を大事にしたいなという思いもありますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。