不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

将棋勉強法総括-低級脱出編 [棋譜並べ]

一般に棋譜並べと言えばプロの将棋を並べることを指すと思いますが、私にとっては低級脱出に役立ったという実感は、正直なところあまりありません。

プロの将棋は高度すぎて低級者には何をやっているのか理解できないのです。これは中級に定着した今になっても、それほど変わってはいないです。

理解できなくても、プロの筋のいい指し手を感覚的に身に着けられる、というのが棋譜並べ推奨派の主張のひとつです。棋譜並べの亜種である「高速棋譜並べ」はそうした面にさらに特化したものであると考えています。

確かに、そういう側面はあるのかもしれません。しかし、それは物事を直感的に判断できる、イメージ力に優れた人に当てはまる話なのだと思います。私のように物事を理詰めで考えるタイプは、やはり意味が理解できないと腹に落ちてこないのです。なので、プロの棋譜が理解できる基盤が身に着くレベルまでは、この棋譜並べというのはかなり人を選ぶ勉強だと思います。

逆に高段のレベルに達して、巷の手筋書などはもうほとんど一目でわかってしまい何も得るものが無いという人は、もうそれ以上自分を向上させる勉強法など限られていて、プロの棋譜を並べるというのがその数少ない勉強法のひとつなのでしょう。

なのでプロや高段者は棋譜並べをやたらプッシュするのかもしれませんが、実際に低級をクリアしてきたばかりの身から言わせてもらうと、低級に棋譜並べは早い。真面目にやると時間のかかる勉強でもありますし、無駄だとは言わないにせよ費用対効果が悪すぎる。その時間を他の勉強に使う方が有意義だと私は思います。

ただ、私も棋譜並べで全く何も得られなかったかというとそうでもない。

やはり、自分にとって理解できる範囲でプロの妙手が炸裂するとそれは鮮明に印象に残りますし、自分が知っている手筋が出てきたりした場合も同様です。ただ、低級時代だと数局に1手そんな手があるかどうか、というところ。投資する時間を考えるとやはり効率は悪いと言わざるを得ない。

むしろ、あまり定跡書に無い戦型の実戦例を並べることで、知識を補完するのに大いに役立ったという面があります。具体例で言えば、私が先手番横歩取りの主力筋としている青野流です。ただ、定跡書にあまりないということはプロの実戦例も少ないということで、棋譜探しに苦労する点でもあるのですが…

というわけで、棋譜並べも使いようなのかもしれませんが、少なくとも私の低級脱出にとっては、労力の割に実りの少ない勉強法だったと言わざるを得ません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。