不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

読みの鍛錬の現状

勉強の効率を上げることを目的に読みの力を鍛え上げることをめざし、その具体的な目標として、

  • 15手詰めを5分以内に解けるようになる
  • 脳内将棋盤を構築し、ところどころに図面の入ったレベルの棋譜(ターゲットとしては、「将棋講座」テキストのNHK杯の棋譜)を脳内再生できるようにする

といったものを定めてましたが、状況はどうかというと…

15手詰め…に関しては微妙。

実際のところ、主に脳内将棋盤の鍛錬のおかげで、15手くらいならば先を読むのが苦にならなくなってはいます。ただ、15手先を読めることと15手詰が解けることは別の話なわけでして…。15手先を読むことはできるので、読み筋がぴたりハマれば瞬殺できることもありますが、5分で解けるかどうかは、今は読みの力よりは単純に詰み筋を見つけるセンスにかかっている感じ。正直、5分では間に合わないケースの方がまだまだ多い。

15手先を読む力を養う、という意味では目標達成とも言えなくもないですね。

もうひとつ、脳内将棋盤の構築に関しても、かなり成果はあがっていると言える気がします。

記憶した定跡手順は脳内で再生できるようになりましたし、そこから変化も検討できる。自分が指した将棋で印象強いものは、数日は暗記してこれも脳内で再生できるようになりました。

まだ持ち駒が若干怪しい感はありますが…

で、NHK杯の棋譜を脳内で再生できるかどうか。試してみたところ、ある程度なんとかなってはいるようです。ただ、定跡を脳内でなぞるのと比べると、やや苦労します。というのも、棋譜を再生する場合は「棋譜を読む」という作業が入り、やってみるとこの負荷が結構高いのです。

棋譜が記された紙を見て「▲7六歩」を読み取って、脳内で駒を動かす。この棋譜から指し手を読み取る瞬間、脳内盤から意識が離れてしまうのです。棋譜→脳内盤→棋譜→脳内盤 と細切れに意識を切り替える状態になっていて、これが地味にキツイ。単なる定跡なぞりだと、暗記した定跡をずっと脳内盤でぐりぐり動かすだけでよく、こうした意識の切り替えが発生しないぶん楽です。

これはもう、こうした切り替えが無意識にできるようになるか、あるいは脳内盤への意識を繋いだまま棋譜を読み取るといったことができるようになるまで訓練を積むしかなさそうですね…

次はこのあたりが目標になりそうです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。