不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

大会デビューします

いつかは大会デビューしようと機会をうかがってたのですが、今回、初めて将棋の大会に参加することにしました(道場内大会は除く)。

2/7、札幌将棋名人戦です。

4つのグレードがあるのですが、今回は「初段獲得戦」を選びました。

別に免状が欲しいわけじゃないんですが、やはり何らかの実力の証明があるといいな、と思ったわけです。あまり今通っている将棋センターでの昇級にこだわっているわけではないのですが(諦めてるとも言う)、センター内での大会やイベントは初段以上が条件になっているのが大部分で、やはりそういうものにも参加してみたいなという欲が少しはあるわけです。

とはいえ、あのセンターの手合い制度の都合上、正攻法では昇級はまずおぼつかない。

前からちらちらと書いてますが、練習将棋ならともかく、手合い対局(練習対局ではない、昇級・昇段判定の対象局)で3級相手に三段や四段を平手でぶつけるとか、正直めちゃくちゃです。先日はとうとう五段をぶつけられました。もちろん、格下が相手になることもあるのですが、格下対格上の割合は1:4かそれ以下でしょう。これで6連勝とか9勝3敗とかできるなら、その実力は2級どころか有段者、それも中段レベルはあるでしょう。

なので、初段免状を示せばもしかしたら初段扱いにしてくれないかな、とか淡い期待を抱いていたりするわけです。

しかし、初段認定問題集とかで免状獲得していわゆる「ペーパー初段」とか思われてもシャクだし、ならば初段獲得戦の結果ならば文句は無いだろうと。あんな紙切れに3万円も出したくないですしね。

とはいえ、正直厳しいかなとは思います。初段獲得戦とはいっても実際には町道場四段、24なら上級~初段レベルの実力が必要という話もあるので(10年くらい前まではさらに激戦区だったもよう)、私の場合予選突破できれば上出来かもしれません。

まずは大会の雰囲気って奴を味わってみようと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。