不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

[自戦譜]詰将棋効果を実感した2局

昨日は将棋倶楽部24と81Dojoで1局ずつ指しましたが、どちらも「詰将棋やっててよかったぁ」と実感した将棋となりました。せっかくなのでご紹介。

1局目は24での対局。横歩取りっぽい出だしから、先手が角頭を守らないまま先に突っかけるというちょっと変化球の出だしになりましたが、結局は横歩取りに合流し、後手の私が相横歩取りへ持っていきました。

2016-01-07a.png

先手は▲7七桂型を選び、その後はお互い慎重な駒組み合戦が続きます。お互い付け入る隙を与えまいと終盤に入る前に持ち時間をほぼ使い切る神経戦。しかし、私が見せた一瞬の隙から、瞬く間に窮地に追い込まれます。

2016-01-07b.png

▲7二歩成となったこの局面はほぼ有効な受けはないでしょう。

この後、△7八成桂入りました。自玉はもう受からないので勝負…というより最後のお願いに近い感じでした。おそらくここで先手が玉を逃げていけば、こちらの負け確定だったと思いますが…先手は成桂を取ってきました。

心の中でガッツポーズした瞬間です(笑)

2016-01-07d.png

もう一度慎重に読みを入れ直してから、△6六桂と跳ねて、これで即詰みです。一見桂のタダ捨てですが…玉を逃げるのは駒をべたべた打っていくだけで簡単なので、本譜は▲同歩。その後、△7七金▲6九玉△7八銀と進んで1-4図。

2016-01-07e.png

ここまで進めば桂捨ての意味が見えます。そう、6七の地点に角打ちのスキマを作るためだったんですね。これのおかげで△5八玉と逃げられても▲6七角が打てて詰むというわけです。本譜もここで投了。まさに劇的な逆転勝ちでした。

もう一局は81Dojoから。こちらの先手番で、これも横歩取りに。私は青野流で受けて立ちました。こちらは先ほどとは一転、青野流にふさわしい乱戦模様に。

2016-01-07f.png

▲2一飛と打ち込んだ時点から、二枚替えと引き換えにどちらかの飛車を龍にするという構想はずっと持ってました。問題は、実際にどちらの龍を残すか。読みを重ねた結果、下の龍を残すことに決めました。

で、二枚替えを決行して下の飛車が龍になったこの局面。

2016-01-07g.png

実はこれで詰めろになってます。それを見越して、下の龍を残すことに決めたのですが、ちょっと見えにくい詰めろなので頓死もあるかなと思ってたら案の定…後手には詰めろが見えてませんでした。△4八成香▲同金△3九馬の時点で、不意の桂打ちカウンター一発。

2016-01-07h.png

ここも一見歩頭にタダ捨てのこの▲6四桂で即詰みです。△同歩は▲4一角が決め手で、これに△6二玉なら▲6三銀△5一玉▲5二角成まで。ここでも桂捨てで6三に銀を打つスキマができているのがポイントです。途中、▲4一角に△5一玉なら、▲6三角成まで合い効かずの詰み。

本譜は桂を取らずに△6二玉と逃げましたが、これには▲6一龍と切るのが決め手で、ここで投了。

2016-01-07i.png

ここからは△同玉の一手に▲5二金で詰みです。

この2局目は後手が飛車と桂香の交換からやや攻めが細り、逆転勝ちというよりは順当勝ちという感じではありましたが、狙いの一発で鮮やかに勝つことができて非常に気分が良かった(笑)

1局目も2局目も駒を捨てて打ち込みのスキマを作るという手筋でしたが、どちらも詰将棋には頻出する手筋ですからね。詰将棋をやりこんで来たからこそ放てた1手だったと思います。

それにしても、その日に指した2局がともに歩頭の桂捨てで決着するとは、偶然とは言え将棋は面白い。

というわけで、やはり詰将棋は実戦にも役立つということを改めて痛感した一日でした。

以下、棋譜です。

先手: 相手
後手: 私

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △3二金    ▲7八金    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲3四飛    △8八角成  ▲同 銀    △7六飛
▲7七桂    △3三金    ▲3五飛    △8六飛    ▲8七歩    △8二飛
▲2五飛    △2三歩    ▲4八銀    △5二玉    ▲6九玉    △2二銀
▲2六飛    △7二金    ▲5九金    △6二銀    ▲3六歩    △3二金
▲3五歩    △3三銀    ▲3七桂    △6四歩    ▲8六歩    △6三銀
▲8五歩    △7四歩    ▲8七銀    △7三桂    ▲3四歩    △4四銀
▲2五桂    △8五桂    ▲同 桂    △同 飛    ▲3三歩成  △同 桂
▲同桂成    △同 銀    ▲8六歩    △8一飛    ▲7七角    △4四歩
▲2五桂    △2二銀    ▲4四角    △3三歩    ▲7七角    △4三歩
▲3四歩    △2一桂    ▲3三歩成  △同 桂    ▲同桂成    △同 銀
▲2五桂    △4四銀    ▲3三歩    △3一金    ▲1三桂成  △同 香
▲2三飛成  △2二歩    ▲1三龍    △3五角    ▲1五龍    △6五桂
▲6六角    △5四桂    ▲3五龍    △同 銀    ▲5五角    △4四銀
▲同 角    △同 歩    ▲3四角    △6二玉    ▲5五桂    △5二銀
▲6三香    △7三玉    ▲5二角成  △7五桂    ▲6二銀    △8三玉
▲7三歩    △8七桂成  ▲7二歩成  △7八成桂  ▲同 玉    △6六桂
▲同 歩    △7七金    ▲6九玉    △7八銀
まで112手で後手の勝ち
開始日時:2016/01/06
持ち時間:15分+60秒
場所:81Dojo (ver.2016/01/04)
先手:私
後手:相手

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲3四飛    △3三角    ▲5八玉    △5二玉
▲3六歩    △7六飛    ▲3三角成  △同 桂    ▲8四飛    △8二歩
▲2四飛    △2三歩    ▲3四飛    △5五角    ▲7七歩    △1九角成
▲7六歩    △2九馬    ▲2一飛    △3七香    ▲4八銀    △3八香成
▲3三飛成  △同 金    ▲3一飛成  △4八成香  ▲同 金    △3九馬
▲6四桂    △6二玉    ▲6一龍
まで45手で先手の勝ち
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。