不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

ナニコレセンサーと棋譜並べ

どちらかというと棋譜並べがいまだに苦手です。自分なりに考えることが大事とわかってはいますが、やはり「理解できない」棋譜を並べても全く楽しくないのです。やっててあくびが出ます。

ただ、そんな私でも「コレは楽しい!」と感じられる棋譜がたまにあります。じゃあそれってどんな棋譜かというと、棋譜にたくさんの「ナニコレ?」があることなんですね。

特に解説を読まなくても、並べていくうちに「え?なにこの手!?」と、頭の中のナニコレセンサーがピコーンと反応するような手が時々あります。

このナニコレセンサーが反応するような手がたくさん出てくる棋譜は、並べるのが楽しくなるようです(たくさん出過ぎても焦点がぼやけてダメですが)。その意味を理解しようと、自分なりに読みを入れてみたり、解説を読んだり、ソフト解析にかけてみたりといろいろやるわけです。

ところがこのナニコレセンサー、盤上この一手と言えるような当たり前の手には当然反応しませんが、あまりに難解すぎる深遠な手にも反応しないのが困りものです。

「何かありそう、でもなんだろう?わからない!」というのがナニコレセンサーですが、自分の棋力を超越したような難解すぎる手には「何かありそう」という反応すら出ず、そのまま興味をスルーしてしまう。

つまり私の場合、プロの棋譜を並べていてつまらないケースには2種類あるようです。

  • 普通の手を普通に指し続けて決着がついてしまうような棋譜
  • 難解な手が多すぎて興味に引っかかりにくい棋譜

もちろん、これらは「私から見て」なので、平凡でつまらない棋譜だと思っても、他人から見たら平凡に見える手の裏側の駆け引きが見えたりして面白いのかもしれませんし、棋力によってセンサーの感度や指向も変わるはずです。

ただ、興味を抱くというのは、今の自分の課題の裏返しでもあると思うのです。今、自分が課題と感じているポイント。そこにニアミスするような手が、きっと無意識のセンサーに反応しているはずです。なので、ここは直感を信じるようにしています。

ナニコレセンサーの反応が鈍い棋譜は、きっと「今の」自分にはさほど必要では無いものなのです。いったん、忘れてもいいものなのだとみなして、深追いしないようにしました。

最近だと、並べて楽しかったのは羽生王座対佐藤(天)八段の王座戦第1戦ですかね。あれはナニコレセンサー反応しまくりで並べていて実に楽しかったです。

というわけで、近頃棋譜並べするときは、だいたいこんな感じでやってます。

  1. まずは解説を読むことなく、最初から最後まで一通りならべる。ナニコレセンサーが反応したら、その時点で自分なりに少し考えてみる。
  2. 一通り並べ終わった後で、ナニコレセンサーの反応が鈍いようだったら、ここで棋譜並べを打ち切る。時間があるなら、センサーが反応した箇所の解説だけ読む。ある程度ナニコレセンサーの感度が良いようなら、3へ。
  3. もう一度、最初から並べる。今度はナニコレセンサーが反応した手については解説を読んで理解する。
  4. 最後に、リアルの盤駒ではなくKifu for Windowsを使って並べ直す。ナニコレセンサーが反応した手や、他にポイントだと感じたような手はコメントとして記録しておく。センサーに反応しても解説されていないような手は、ソフト(私の場合は「激指13」)の力を借りる。
  5. Evernoteに棋譜を保存する。コメント付きのkifファイル、重要ポイントの局面図を載せ、Kifu for Windowsで出力した棋譜用紙のPDFも添付する。

手順2を突破して手順3に進む棋譜は半分どころか1/3あるだろうかって感じです。手順5までまじめにやると、1局に2~3時間くらいかかったりするので注意が必要です。時間の余裕が無い場合は3と4を合併して、Kifu for Windowsで並べながら解説を読んだりすることもあります。

重要ポイントの局面図やコメントついては、あまり欲張らないように注意しています。欲張りすぎて大量のコメントや局面図を載せても焦点がぼやけて、あとから見返しても印象に残りにくい。重要ポイントのなかからさらに絞り込み、多くても、1局十数局面くらいが目安、できれば1桁が理想でしょうか。

ちなみに手順5で棋譜用紙を添付するのは、後で脳内再生の訓練に使うためのものなので、それをやらない人は必要ないと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。