不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

初手を誤った気もする

さて、久しぶりに次女の登場です。

もちろん、今も継続して教えてますが、やはり年中児ですから、なかなかこちらの意図が伝わらないんですよね。なのでやはり教えるのは苦戦しています。

とはいえ、年中児でも強い子はやはり強かったりします。先日、長女が年中の男の子に負かされてました。その将棋を横で見てましたが、その年中児は実に指し回しがしっかりしている。ちゃんと将棋になってるんですよね。7~8級くらいはあるんじゃないかと思いました。もちろん、長女でも全く相手になりません。

この子とうちの次女との差は何でしょうね。やっぱ教える人の違いかしら…(^^;

話が少しそれましたが、最近次女とは5五将棋で指してます。5五将棋がどういうものかはGoogle先生あたりに訊いた方が早いと思いますが、簡単に説明すると、5×5の盤面で、玉、金、銀、飛、角、歩を一枚ずつ使って指す、ミニ将棋の一種です。

実際にはここから私がさらに飛角銀を落とす「駒落ち」でやっています。これでも、次女に負けることは手をゆるめた時をのぞいてありません。

こちらの玉を取りに来ようとするのはいいのですが、駒一枚で突っ込んでくるので当然ながら次々に駒を取られ、押しつぶされるというのが次女の負けパターン。ああ、なんか昔の長女を見ているようだ…

なので、最近は「一人で来ても負けちゃうから、必ずお友達二人か三人で来るようにしよう」と言いながら、駒の連携の大切さを根気よく教えています。その甲斐あってか、最近は少しずつ駒の連携が意識できているような気がします。

思うに、「将棋は相手の王様をとるゲーム」と最初に教えてしまったのが、良くなかったかなあ、と思ってたりもします。そう教えた方が説明もしやすいので、ついついそう言ってしまうのですが、王様相手に単騎特攻をかましてくるのはこの教え方のせいかも、と最近思い始めています。

きちんと正しく、「相手の王様を動けなくするゲーム」と教えておけば、単騎で突っ込んでも勝てない、と言うことを理解しやすかったんじゃないかなあ、と思ってみたり。まあ、今更後の祭りなんですが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。