不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

「成り駒将棋」のメリットと長女の意欲と

最近は長女との練習は成り駒将棋のみをやってます。

これのいいところは、決着が早くて数をこなせるというのもありますが、それよりも「敗因が明白である」いうメリットの方が大きいようです。

普通の将棋を最初から最後までやると、そりゃ初心者ですから悪手・疑問手など終局までの間に山のように出るわけです。終局後にそれを振り返ろうと思っても、さて、どれを振り返ればいいのやら、と困ってしまう。全部を振り返ろうとしても、長女も吸収しきれないでしょうし、集中力ももたない。

その点成り駒将棋は直接の敗着となった手がかなり明白になるので、そこに絞って振り返ればいい。

たとえば、実際の長女との成り駒将棋で出てきた棋譜ですが、「▲7六歩△1四歩▲2六歩△1三角▲2五歩△5七角成まで」という対局がありました。これはもう△1三角が直接5七を狙っているのを見逃していたのが敗因とハッキリわかるので、▲5八金右などと受けることをきちんと教えてあげればいいわけです。

1局につき、反省1箇所。これなら、長女も無理なく吸収できるはずです。

成り駒将棋については長女の反応もまずまずなのですが、その長女の取り組み意欲に関しては相変わらず強くなる気があるのかないのか、微妙な状況が続いています。「誕生日(11月)までには11級になりたい」とか言ってるので、強くなりたいという思いはあるのでしょうが、そのための練習にはあまり意欲的になってはくれないんですよね。

所詮は趣味ですし、そのへんは本人に任せることにしてますが、親としては(別に将棋でもなくてもいいので)もう少し熱中して打ち込む姿が見たいんですよね…なかなか歯がゆい。

(追記)

本記事、なぜかわかりませんが、一度公開した後に非公開状態になってました…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。