不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

「成り駒将棋」の感触

長女相手にようやく「成り将棋」を試す機会に恵まれたのですが、感触としてはなかなか良さげです。

ルールを改めて整理しておくと、

  • 成り駒を作り、それが相手の次の手番着手後も盤上に生き残れば勝ち。
  • 王手放置および自殺手の禁止、詰みのルールも生きており、成り駒作成に優先する(よって、王手を放置して成り駒を作るのはNG)。

この変速将棋、私がどこで知ったのかいまいち覚えていないのですが、確かどこかの将棋教室のブログで拝見したものだったと思います。当サイトに何か所か将棋教室へのリンクを貼らせてもらってますが、その中にあったかもしれません。「成り将棋」という呼び方が正しいかどうかも怪しいです。google先生に訊いてもまったくヒットしなかったので…

で、この「成り将棋」、決着が早いのと、攻守の目標が明確であるためか、長女の反応も上々です。

相手に侵入を許すと即座に負けになるので、普段は守りが雑な長女もさすがに慎重になります。少なくともこうして簡単には自陣への侵入を許さない感覚が身についてくれれば、将棋教室の12級~10級くらいならば負けることはなくなると思うのですが、どうだか。

ただ、今は私の侵入を食い止めることに意識が向かい過ぎて、時々意図的に隙を作ってやってもスルーしてしまうことが多いのが気にはなります。相手が作った隙を見逃さない、そういう感覚もこの「成り将棋」で養ってくれればと思うのですが。

(追記)

どうやら「成り駒将棋」が正しい名称のようです。google検索で結構引っかかりました。ってわけで、タイトルも訂正させていただきました。

で、私が「成り駒将棋」を知った記事も見つけました。All aboutの記事でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。