不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

無防備すぎる長女

最近ブログの更新ペースが鈍り気味です…。

将棋熱が冷めたとかそういう話ではなく、むしろ逆で、よりどっぷり浸かり込んでしまって、ブログ書いている時間もネット対局に充てたい、というのが正直な気分だったり(笑)

最近は娘達にも目立った進歩は無いですし、私の上達も停滞期に入っているっぽくて、特にブログネタにするようなことが無くて困っているというのもあります。

そういえば、先日将棋教室で、長女の対局を一局最後まで横から眺める機会がありました。普段は、教室で対局する娘を尻目に、私は大人相手にやっているのが普通で、娘の対局を眺める機会はなかなかありません。(まあ、最近は教室の子供の相手をさせられることも増えましたが…)

その対局と、それまで断片的に見ていた長女の将棋を見ていると、とりあえずすぐに克服した方がいいある課題が見えてきました。

とにかく、長女は大駒の侵入を簡単に許しすぎなんです。大駒が自陣を直射しているのに、気づかないのか、気づいて無視しているのかはわかりませんが、とにかく簡単に竜や馬を作られて、当たり前ですがたちまち形勢を損ねるのです。

簡単に大駒を入れたらだめだよ、とは前から言っているのですがね…

その課題を克服するために、今度長女と練習するときは「成り将棋」を試してみようかなと。

「成り将棋」とは将棋の変則ルールのひとつで、「とにかく、成駒を作った時点で勝ち」というものです。ただし、作った成駒が直後に取られないことが条件ですが。

たとえば、極端な例ですが▲2四歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲2四歩△8六歩▲2三歩成、とくれば先手の勝ちです。2三のと金を後手が次の一手で取ることはできません。逆に、▲7六歩△8六歩▲3三角成、ではまだ先手の勝ちではありません。後手は直後に△同角や△同桂と馬を外すことができるからです。王手を放置してはいけないのは通常の将棋と一緒なので、王手がかかっているのを放置して成駒を作る、というのもダメです。

このルールであれば、無防備な状態で駒を成られた瞬間に負けとなるので、ある程度受けを意識しなければなりませんし、逆にどうすれば相手陣に侵入して成駒を作れるか、ということも考えなければなりませんので、序中盤の考え方を養うにはちょうどいいかな、と。

…とはいえ、最近長女は私が練習を持ちかけてもなかなか首を縦に振らないので、まだ一度も試せてないのですが…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。