不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

王様ゲーム

玉将一枚ずつを持ち合って、相手の玉将を追い回す次女の練習ゲーム。

最近、ようやく次女がこのゲームの法則に気づき始めたようです。すなわち、「相手に隣接すると負ける」という絶対法則に。こちらから迫っていっても、向こうから決して隣接しないように距離を取るようになりました。そしてこちから隣接すると見逃すこと無く捕らえてきます。

これで少なくとも、将棋というゲームの基本的な勝ち負けはおおよそ理解できたはずです。

なので次女は次のステップに進めることにしました。

新たに金の動かし方を教え、今度は玉と金一枚の計二枚ずつの駒で同じようなことをしています。勝ち負けを決するのはあくまで玉の生死であることと(金の生死は勝敗に無関係)、相手の金は捕まえて味方にできること、一回の手番で玉か金どちらかを選んで動かすこと、持駒の使い方…

金一枚が増えるだけで理解すべきことはずいぶんと増えます。次女も最初は混乱するのか、金は放置して玉ばかり動かしてみたり、こちらの玉の利きには飛び込んでこないのに金の利きには平然と飛び込んできたり、持駒の金をいきなりこちらの玉の上に打ち付けて勝利宣言したり(笑)

それでも勝ったり勝たせたりを繰り返して何十局と続けると、なんとなくそれっぽくなってきました。だいたい十分だなと判断したら、今度は銀一枚を追加して、さらに5×5とフィールドを狭め、戦いの緊迫感を高めた状態でやらせてみるつもりです。

それにしても昨日は玉一枚、あるいは玉+金のゲームをせがまれるまま何十局とやってしまいました。このあたりの集中力は長女には無かったものです。もしかすると次女は意外と早く成長するかもしれません。

ところで、私と次女がやっている玉将一枚の将棋を、長女は「王様ゲーム」と呼んでます。いや、その呼び方はまずいでしょ、いろいろな意味で…

ん? すると金と玉が一枚ずつの今将棋はキンタm….(以下放送規制)

その長女は、停滞が続いています。おそらく、今は成長の壁にぶち当たっていて、ここで何かに気づかないと次へは進めないところに来ているはずです。こればかりは本人の覚醒を待つしかないのですが、本人は将棋教室で負けが込むとそれなりの悔しさを見せるものの、家ではあまり自分で勉強しようとしませんし、最近は私にも練習をせがんできません。まあ、ここは見守るしかないですね。

一方、私の方はというとまたスランプに陥ったようです。81Dojoの段級は一時2級まで下がりました。今は持ち直して1級ですが、とにかく将棋の内容が酷すぎる。大ポカで自滅するパターンばかり。同じ負けるのでも力負けだと納得できる負け方がほとんどない。4日くらい対局を絶ってリフレッシュを図ってみたりもしましたが改善が見られず、正直凹んでます。将棋倶楽部24も450前後で足踏み中です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。