不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

ぼちぼち駒の動かし方を教えてます

次女はようやく駒の識別がほぼ完璧になりました。まだ成駒が若干怪しいですが、まあこれはおいおいでもいいでしょう。

なので、ぼちぼち駒の動かし方を教え始めてます。今は、私と次女で玉一枚ずつのみを持って、先に相手の玉を捕まえたほうが勝ち、というミニゲームをしています。

当然こんなミニゲーム、ガチでやればいくら続けても永遠に決着はつかないので、そこは私が適度にチャンスを与えてあげることになります。

実際、次女は私の玉が隣接してきても捕まえに来ないことがしょっちゅうです。捕まえるという要領がよくわかっていない。たまにとんでもないところへ飛んで行こうとしますし。

このゲームは、自分から相手の玉に隣接させるようなことをしなければ基本的に負けることのないゲームなのですが、少なくとも次女がそれに気づくまでは、このゲームでの練習を続けるつもりです。この感覚がわかると、戦いの感覚がつかみやすくなると思うので。

このあたりの感覚がつかめてきたら、次はお互いに金一枚を追加して同様のゲームを、その次は、銀、角、飛車、歩と増やし、まずは5五将棋ができるところまでたどり着くのを一つの目標にしようかと思ってます。

あ、あと遊んでいる最中にごろんと寝転んだりするのでその際はカミナリを落としてます。将棋に限らず、礼儀は基本ですからね。これは長女に教えた時と変わってません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。