不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

下の娘にも教え始めました

実は私には娘が二人いて、このブログで主に登場しているのは現在小学一年生の姉の方です。妹は現在幼稚園年少。このブログでも時折ですが存在に触れています。

で、この妹の方にも将棋を少しずつですが教え始めました。元々私とお姉ちゃんがやっているせいか、自然と興味だけは持っていたようなので、そろそろかなと。

とはいえ、まずは駒の動かし方…以前に駒の種類と名前を教えるところからです(笑)。

駒を見せながら、「これは歩、これは金、これは角…」などと教えつつ、不意に一個無作為に取り出して、「さあ、これなーんだ?」という駒当てゲームや、40枚の駒の中から、例えば桂馬1枚を取り出して見せて、残り3枚を探させるゲームとか、そんなことをしながら種類と名前を憶えさせるところから始めてます。

上の娘に教える時は、既にひらがなの読みが完璧だったので、いきなり「Newスタディ将棋」を使って、駒の動きから教えることができました。あれは駒の名前にひらがなのルビが降ってあるので、ひらがなが読めれば駒の区別ができたのです。また、駒自体に動き方が書いてあるので、実際に遊びながら駒の動かし方を自然に覚えることもできたのです。

NEWスタディ将棋 子どもを伸ばすくもんの知育玩具 ([教育用品])
日本将棋連盟
4774316369

しかし、下の娘はまだひらがなの読みが完ぺきではありません。なので上の娘と同じアプローチを使うのはまだ難しいと判断。そこで、最初から普通の将棋の駒を使って、駒を区別できること、その名前を覚えること、まずはここから始めようかなと。動かし方とかはその後ですね。

今のところ、下の娘は「ふ」と「おうさま」だけは覚えたようです。「きん」も覚えつつあるようですが、他はまだサッパリです。

年長の頃に教え始めた姉とはそもそも前提条件が違いますから、ゆっくりとやっていこうと思ってます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。