不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

[自戦譜]シリーズ:角交換四間飛車対策検証

角交換四間飛車対策としては、私はこちらのサイトの対処法を主力として採用させてもらってます。

そこに記載してあるとおり、角交換四間飛車使いはだいたい向かい飛車に振り直して逆棒銀で向かってくるので、その対策さえがっちり押さえておけば、序盤で優位に立てることが多いですね。

今回からしばらく、上記サイトの逆棒銀対策を私が実際に使った対局を振り返り、角交換四間飛車対策の振り返り検証みたいなことをしてみようと思います。

まずは、先月年明け早々の対局から。私が先手です。

初手からの指し手

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4二飛    ▲4八銀    △6二玉
▲5八金右  △7二玉    ▲6八玉    △8二玉    ▲7八玉    △7二銀
▲9六歩    △9四歩    ▲2五歩    △8八角成  ▲同 銀    △2二銀
▲7七銀    △3三銀    ▲4六歩    △5二金左  ▲1六歩    △1四歩
▲6八金上  △2二飛    ▲4七銀    
(第1図)

2015-02-19a

このように、2筋を突き越して4六歩-4七銀に構えるのがこの逆棒銀対策の骨子になります。ここで後手が△2四歩から仕掛けてきたら、▲同歩△同銀▲3六銀で逆棒銀を止めるのが基本的な流れですが、本譜は△2四歩▲同歩に△同飛といきなり飛車交換を挑んできました。

第1図から

△2四歩 ▲同 歩 △同 飛
(第2図)

2015-02-19b

もちろん、玉形の都合上ここで飛車交換はできないので、▲2五歩で交換を拒否。

第2図から

▲2五歩    △2二飛    
(第3図)

2015-02-19c

この後私は玉形の整備に行ったのですが、今思えばここは▲3六歩から▲3七桂を急ぐべきだったかもしれません。というのも、本譜はこのあと後手が△1三桂と跳ね、しつこく飛車交換を狙ってきたのです。▲3六歩を突いていなかったので、▲1七桂と苦しい形で受けるしかなく、結果端からアヤを付けられ、駒損の紛れ筋に持ち込まれて面白くない展開でした。結局飛車交換になっちゃいましたしね。

▲3七桂と跳ねることができていれば、この飛車交換の狙いを受けると同時に、場合によっては2二の飛車を狙った自陣角からの▲4五桂などもあってその後の作戦も楽になったのですが。

第3図から

▲6六歩    △6四歩    ▲6七金右  △6三金    ▲8八玉    △1三桂    
▲1七桂    △1五歩    ▲同 歩    △1六歩    ▲1四歩    △1七歩成  
▲同 香    △2五桂    ▲2三歩    △1七桂成  ▲2二歩成  △2八成桂  
(第4図)

2015-02-19d

見ての通り、すでに桂香損なうえ、玉形も整備途中で仕掛けられたため中途半端で、これはもう後手にうまくやられてしまった格好でしょう。序中盤は完全な作戦負けです。

この後は、相手の緩手などもあって、最終的には逆転勝利しました。

以下、棋譜です。

開始日時:2015/01/04
持ち時間:15分+60秒
場所:81Dojo (ver.2014/9/21)
先手:私
後手:相手

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4二飛    ▲4八銀    △6二玉
▲5八金右  △7二玉    ▲6八玉    △8二玉    ▲7八玉    △7二銀
▲9六歩    △9四歩    ▲2五歩    △8八角成  ▲同 銀    △2二銀
▲7七銀    △3三銀    ▲4六歩    △5二金左  ▲1六歩    △1四歩
▲6八金上  △2二飛    ▲4七銀    △2四歩    ▲同 歩    △同 飛
▲2五歩    △2二飛    ▲6六歩    △6四歩    ▲6七金右  △6三金
▲8八玉    △1三桂    ▲1七桂    △1五歩    ▲同 歩    △1六歩
▲1四歩    △1七歩成  ▲同 香    △2五桂    ▲2三歩    △1七桂成
▲2二歩成  △2八成桂  ▲2三と    △4二銀    ▲3二と    △5一銀
▲2一飛    △5五桂    ▲2八飛成  △2七歩    ▲3八龍    △6七桂成
▲同 金    △2八飛    ▲同 龍    △同歩成    ▲5八銀    △3九飛
▲6八金    △7九角    ▲7八玉    △6八角成  ▲同 玉    △8九飛成
▲4五角    △9九龍    ▲5五桂    △6二金引  ▲4一と    △5四金
▲5一と    △同 金    ▲6三桂打  △6一金寄  ▲3六角    △3五歩
▲5四角    △同 歩    ▲7一銀    △同 金    ▲同桂成    △同 玉
▲2一飛    △6一金打  ▲6三金    △5九角    ▲6七玉    △6三銀
▲同桂不成  △同 金    ▲5二銀    △6二金引  ▲6一銀成  △同 金
▲6三金    △7八銀    ▲同 玉    △7九金    ▲6七玉    △7七角成
▲同 玉    △8八銀    ▲6七玉    △5五桂    ▲5六玉
まで113手で先手の勝ち
広告

[自戦譜]シリーズ:角交換四間飛車対策検証」への2件のフィードバック

  1. ピンバック:[自戦譜]シリーズ:角交換四間飛車対策検証3 飛車交換打診型2 | 不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

  2. ピンバック:[検証]シリーズ:角交換四間飛車対策検証3 飛車交換打診型2 | 不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。