不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

現在の一日の勉強の流れ

現状の、日々の将棋鍛錬の流れを記載しておきます。なるべく毎日少しでも触れるよう心がけています。

[平日の場合]

<朝>通勤時の電車待ちの間に5手詰め12問を消化。その後、電車の中で何かしらの棋書を読む(棋書じゃない場合も多々あります(笑))

<昼>昼食を取った後、15分ほど棋書読んで(棋書じゃない場合も以下略)昼寝。朝の5手詰め12問のノルマがこなせなかった場合はここで残りを消化することもある。

<帰宅時>余力があれば電車内で詰パラか棋書読み。詰パラはLV6-10(手数にして7~11手程度)の問題をじっくり解く。

<帰宅後>帰宅が遅い場合はそのまま寝るか、将棋倶楽部24で1~2局の実戦。帰宅が比較的早い場合は、81Dojoでの実戦数局か、高速棋譜並べ。時間次第では棋書を読んだり詰パラをやることもありますね。娘側に時間があれば、娘と練習。

[休日の場合]

休日の予定は様々なので、定形化した勉強スケジュールはありません。5手詰め12問のノルマも、休日はこなせないことも多いです。

休日の日中は詰めパラを空き時間でこなすか、娘と練習、棋書読み、あるいは高速棋譜並べですね。81Dojoや将棋倶楽部24での実戦は主に子供達が寝静まった後です。集中できませんからね(笑)

とまあ、こんな具合でなるべく少しでもいいから将棋に触れる時間を毎日取るようにしています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。