不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

[自戦譜]知識の抜けを突かれる(居飛車vs四間飛車)

昨日に引き続き、81Dojoの対局から。

相手は四段。ある理由があって私は自分からは対局を申し込まないスタンスなので、この対局も相手の方からの申し込みでした。なぜ四段がわざわざ2級に挑むかなぁ、と疑問に思いつつも受けたのですが、実際に対局が始まってから理由がわかりました。

相手は「降級圏」にいたのです。つまり、次の対局に負けると三段に降級してしまう。

81Dojoのレーティングシステムは将棋倶楽部24とは異なり、上がる場合も下がる場合も、段級の境目でいったんレーティングが止まるようになっています。なので、境目から+1点でもあれば、負けてもすぐには降級せず、少し余裕を持つことができるのです。(逆もしかりで、境目から1点でも離れていれば、どんなに強い相手に勝ってもすぐには昇級しません。)

つまり、相手の四段氏が2級の私にわざわざ挑んできた理由。それは、とりあえず降級圏を脱出するために、簡単にヒネることのできるカモを探していたということでしょうね。

事実、この四段氏の過去の対局を探ってみると、普段の相手はだいたい相手は有段者なのに、この時突然2級の私に挑んでいる。基本的にオンラインでは対戦要求を拒まないポリシーなのでいいのですが、せめて感想戦にはつきあって欲しかった。あまりいい気持ちはしなかったですね。

愚痴半分の前置きが長くなりましたが…

肝心の将棋は先手の四段氏のノーマル四間飛車。後手の私は居飛車急戦で挑むいつもの対抗型。

ノーマル四間飛車の対応には実はちょっとだけ自信があるのですが、振り飛車側が5筋の歩をついてきたときの変化に、まだ不安があったりもします。本局も振り飛車5筋突き型になりました。この場合、だいたい袖飛車にして角頭から攻めるのですが、今回の四段氏は、△7五歩の仕掛けに▲5九角と引いてきました。

初手からの指し手
▲7六歩    △8四歩    ▲6六歩    △3四歩    ▲1六歩    △6二銀
▲6八飛    △1四歩    ▲3八銀    △4二玉    ▲5八金左  △3二玉
▲4八玉    △8五歩    ▲7七角    △5四歩    ▲3九玉    △7四歩
▲7八銀    △5二金右  ▲6七銀    △4二銀    ▲2八玉    △5三銀左
▲9八香    △4二金上  ▲5六歩    △9四歩    ▲4六歩    △7二飛
▲7八飛    △6四銀    ▲4七金    △7五歩    ▲5九角
(第1図)

2015-02-02b

このようにこちらの仕掛けに角を引いてくる手はたまに見かけるのですが、対処法はよくわかってませんでした。次の指し手に困って、思わず△7三銀と上がってしまい、その後一気に捌きを許してしまうのですが、なんのことはない、ここは単に△7六歩と取り込んでしまって良かったんですね。

△7六歩に▲同飛なら、△7五銀▲7八飛△7六歩と押さえ込んでしまえば十分ですし、▲同銀なら△7七歩(変化図)でかなり指しやすくなるはずです。

2015-02-02c

▲同桂または▲同角は△7六飛と銀を素抜けますし、▲同飛なら△6六角でいい感じです。

本譜ではこれが見えなかったためここから収拾のつかない状態に追い込まれ、一方的にフルボッコにされましたとさ。

△9五歩    ▲3六歩    △7三銀上  ▲7五歩    △8四銀    ▲7四歩    
△7五銀右  ▲6五歩    △6六銀    ▲同 銀    △同 角    ▲6四歩    
△同 歩    ▲6一銀    △7七歩    ▲同 角    △同角成    ▲同 飛    
△2二角    ▲7八飛    △6七銀    ▲7二銀成  △7八銀成  ▲7三歩成  
△6九飛    ▲6二と    △同 金    ▲同成銀    △8九飛成  ▲5一銀    
△6六角    ▲4二銀成  △同 玉    ▲5二飛    △3三玉    ▲2二角
まで71手で先手の勝ち

以下、棋譜です。

開始日時:2015/02/02
持ち時間:15分+60秒
場所:81Dojo (ver.2014/9/21)
先手:相手(四段)
後手:私(2級)

▲7六歩    △8四歩    ▲6六歩    △3四歩    ▲1六歩    △6二銀
▲6八飛    △1四歩    ▲3八銀    △4二玉    ▲5八金左  △3二玉
▲4八玉    △8五歩    ▲7七角    △5四歩    ▲3九玉    △7四歩
▲7八銀    △5二金右  ▲6七銀    △4二銀    ▲2八玉    △5三銀左
▲9八香    △4二金上  ▲5六歩    △9四歩    ▲4六歩    △7二飛
▲7八飛    △6四銀    ▲4七金    △7五歩    ▲5九角    △9五歩
▲3六歩    △7三銀上  ▲7五歩    △8四銀    ▲7四歩    △7五銀右
▲6五歩    △6六銀    ▲同 銀    △同 角    ▲6四歩    △同 歩
▲6一銀    △7七歩    ▲同 角    △同角成    ▲同 飛    △2二角
▲7八飛    △6七銀    ▲7二銀成  △7八銀成  ▲7三歩成  △6九飛
▲6二と    △同 金    ▲同成銀    △8九飛成  ▲5一銀    △6六角
▲4二銀成  △同 玉    ▲5二飛    △3三玉    ▲2二角
まで71手で先手の勝ち
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。