不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

八枚落ちに昇格

私と娘の手合いを十枚落ちから八枚落ちに進めることにしました。最近は玉の追い詰め方も様になってきており、十枚落ちでは結構一方的に負けることが多くなり、決断しました。

八枚落ちは玉に金が二枚くっついただけですが、これだけでも十枚落ちよりだいぶ将棋らしくなります。王様で攻めるという無茶をする必要無いですし(笑)、なにより、下手にとって取る駒ができたというだけで、かなり様相が変わってきます。八枚落ちになると飛車と角だけでは簡単に突破できませんので、娘は棒銀で攻めてくるのですが、その指し回しもなかなかのものです。玉+金一枚だけではなかなか支えきれません。一度突破されてしまうとその後は十枚落ちとあまり変わらないので、勝負ありです。事実、昨日は八枚落ちでも一度負かされました。

こちらも金が増えただけで色々小技も利くようになったので、十枚落ちの時よりは楽しく娘の相手ができそうです。

広告

八枚落ちに昇格」への1件のフィードバック

  1. ピンバック:これまでの記事から娘の成長をたどってみる | 不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。