不惑オヤジ(と娘)の将棋な日々

アラフォー親父と小学生娘の悪戦苦闘の記録

「二歩を打ったら成り捨てろ!」

先月は公私とも忙しく、結局道場も行けずじまい。それはとりもなおさず、娘を将棋教室に連れて行ってやれなかったということでもあります。

というわけで、およそ一ヶ月半ぶりに道場&教室にお邪魔してきました。

やっぱり道場で人と向き合って指すのは、ネット対局とは違った緊張感があっていいものです。娘も、棋力の近い相手と思う存分戦えるせいか、「お父さんと指してるより楽しいだろう?」と尋ねてみたら力強く「うん!」と返されてしまいました。…なんか複雑ですが(笑)、これでいいんでしょう。

最近私の調子はやや下降線で、この日も勝負所でマズい手が出まくって、勝ち将棋を落としたり、一方的にフルボッコにされたりで…それでも得るものはたくさんありましたし、最後の1局は会心の指し回しで勝利できたので、まあ終わりよければすべてよし、ということで。ちなみにその最後の1局は、以前81Dojoでフルボッコにされた筋違い角向かい飛車でした。あのときの苦い経験が存分に活きた形です。

今回、将棋教室の方では小6の男の子が体験で参加していて、娘と対戦しているのを横から眺める機会があったのですが、今の娘の棋力とほぼ互角レベルだったように見えました。なにしろ、娘が二歩を打ったのに気づかない(笑)。第三者が反則を指摘するのはいけない行為らしいので、もやっとしつつも私は黙ってました。すると娘は打った歩をすぐに成り捨てた。「二歩を打ったらすぐに成り捨てろ!」と先崎学九段が何かの著書で言ってた気がしますが(もちろん、本気で言ってるわけではないと思いますが)、娘の披露した「高等技術」に思わず吹き出しそうになりました(笑)。その対局は結局娘の負けに終わり、少しホッとしました。

それはともかく…

一時期、こまおの10枚落ちにも勝てず、果たして将棋というゲームが理解できているのか、何か思考力に欠陥でも抱えているんではないかと心配になったりもしましたが、小6の男の子であろうとも、やはり入門者というのはうちの娘のように、将棋慣れした人から見ると信じられないようなダメダメレベルを必ず通るものなんだなと、彼には申し訳ないけども少し安心しました。

娘とは年齢離れすぎているのでライバルとはならないでしょうが、一緒に切磋琢磨してくれればいいな、と思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。